Ragnarok online 萌え専用板
関連リンク
萌え本スレ
 ♀萌えスレ:【萌】RO萌えスレ 22センチのミニスカート【萌】
 ♂萌えスレ:◆RAGNAROK ONLINE ♂萌えLv7◆

Ragnarok online 萌え専用板 過去ログ倉庫
萌え庫
えROだ
(停止されないように、優しく扱いましょう。)
(txtをそのまま上げると改行がdじゃう、dじゃう〜。圧縮しましょう。)
萌えスレ絵板
みんなで作る小説ラグナロク Complement Site:ttp://sscomplement.tripod.co.jp/
RAGNAROK Online Short Stories Archive:ttp://www2u.biglobe.ne.jp/~mkw/ross/
Ragnarok Online小説投稿所(あぷろだ):ttp://moetaro.virtualave.net/ragnarok/
Ragnarok Online小説投稿所@避難所: ttp://tfc55.hp.infoseek.co.jp/

日本公式サイト
2chネトゲ実況板2(本スレ等)  大規模MMO  ネトゲサロン(隔離スレ・その他)  ネトゲ質問(質問スレ)
MMOBBS(旧にゅ缶)Ragnarok板  LiveRO板
RO恋愛板
各鯖:
WG1WG2WG3海外・他
Lif(Norn + Verdandi)板(行方不明)
Mimir(Lydia + Ses)板
Olrun(Forsety + Iris)板(行方不明)
Sigrun(Baldur + Tiamet)板(行方不明)
Alvitr(Bijou + Tyr)板
Hervor(Idun + Odin)板
Idavoll(Lisa + Sara)板(行方不明)
Trudr(Eir + Freya)板
Frigg(Loki + Surt)板(行方不明)
Gimle(Heimdal + Thor)板
Radgrid(Fenrir + Garm)板(元Fenrir板)
Radgrid板
Vali(Chaos + Magni)板(行方不明)
iRO板
oRO板
Urdr板

RagnarokFAN info

萌え板Wiki
萌え板あぷろだ

萌え板から派生したもの
ときらぐ:ときらぐポータル
RO-TRPG:RO-TRPG
バトルROワイアル:バトルROワイアル@Wiki

板共通ルール
・マターリ厳守。
・荒らしは完全放置。
・ROと関連のないネタで盛り上がるのはダメ。
・コテハン叩きも、スレの雰囲気が荒れるからダメ。
・18禁レートに引っかかる書き込みや下ネタは、禁止しませんがほどほどに。
 (ただし、スレのローカルルールにより18禁禁止スレでは禁止です)
・ここは萌え板であってエロ板ではありません、エロが嫌いな人もくる事も忘れずに。
・絵、文を上げてくれる人は自分のプレイ時間を削って上げてくれてます。
 催促はやめませう。
 また、上がった内容に関してアドバイスは良いですが、文句は言ってはいけません。
 各神の成長を手伝いましょう。
・ラグ・バグ・ゲームバランス等の論争・愚痴はここじゃなくて、2chMMO板本スレ・隔離・教えて君へ。
・でもRO絵・文で元ネタアリは、元ネタに触れない方向で(*´Д`*)は(・∀・)イイ!
・スレ住民ハァハァネタは収拾がつかなくなるのでできるだけ押える方向で。
・コテハンの人も、荒れる元になるので暴走したりしないように慎重に発言しましょう。
・18禁レートのスレッドはsage進行でおながいします。
 (ageてしまった場合にはメール欄にdameと入力して書き込みましょう。一番下に下がります)

同じものが【まず】板のルール、お約束、各スレのテンプレ【読め】の>>2にあります。
各スレにもローカルルールがあります。
1を読みましょう。

板が重いと感じたら・・・

Monazillaツールを使ってみましょう。
詳しくは【まず】板のルール、お約束、各スレのテンプレ【読め】の>>3を。

この板の1スレッドの制限は最大1000レス、または最大512KBになっています。

前のページ 最初のページ 過去ログ i-mode FAQ リロード

101 : ◆【18歳未満進入禁止】みんなで創る小説Ragnarok ♂萌エロ 第2巻◆ (114)  102 : 【18歳未満進入禁止】聖職者命令スレ Part18 (30)  103 : 【18歳未満進入禁止】みんなで作るRagnarok萌えるエロ小説スレ 十七冊目 (326)  104 : 短期お相手募集&イベント告知スレ 第40夜 (609)  105 : ここから言いたいことを言って逃げてもいいスレ in 萌え板 02 (36)  106 : 【18歳未満禁止】チャット内秘事スレその四夜【絶対dame】 (966)  107 : 【18歳未満進入禁止】総合命令スレ33【inハァハァ鯖】 (84) 
過去ログはこちら

[101:114]◆【18歳未満進入禁止】みんなで創る小説Ragnarok ♂萌エロ 第2巻◆
1 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2005/07/04(月) 21:56:16 ID:Z/eevBAM
このスレは、萌えスレの書き込みから『電波キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!』ではない、
萌えでなおかつえちぃ描写の含まれる自作小説の発表の場です。
・ リレー小説でも、万事OK。
・ 萌えだけでなく燃えも期待してまつ。
・ このスレでの『えちぃ』基準は、「手淫」(オナーニ)だとか「目合い」(セクース)だとかのレベルでつ。
・ 非18禁小説は『◆みんなで創る小説Ragnarok ♂萌え1冊目◆』へどうぞ。
・ ♂萌えは多民族国家です。苦手なジャンルに萎える暇があったら自分が萌えるジャンルのネタを提供しましょう。

▼リレールール
--------------------------------------------------------------------------------------------
・ リレー小説の場合、先に書き込んだ人のストーリーが原則優先なので、それに無理なく話を続かせること
・ イベント発生時には次の人がわかりやすいように
・ 主人公は命の危機に遭遇しても良いですが、殺すのはダメでつ
--------------------------------------------------------------------------------------------
※ 文神ではない読者各位様は、文神様各位が書きやすい環境を作るようにおながいします。


105 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2009/12/21(月) 01:16:46 ID:/pwAYIpo
お気に入りのサイトさんがことごとく更新が止まっているのが悲しくて思わず投下!
ハワード×エレメスです。
途中のようなそうでもないような、エロはありませんでした。


別に男が好きな訳じゃない。
というか、仮に押し倒されることがあるとするのなら、相手は断固として女がいい。
……いや、いいとか悪いとかではなくて、そういう行為に至るのは女相手しか考えられない。

――だってそうだろう、当たり前だ。
俺は、男なんだから。


けれど。
たった今自分が陥っているこの状況は、そんな当たり前がいともたやすく崩されようとしている、男としてはあるまじき危機。

「ッ、おい、気色の悪い冗談は止せ…!!」

腹の底から怒鳴り付けた俺の声は、いつ何時も冷静であれと云われているこの職業には情けないことに、ありありと焦りが滲んでいた。
それもそのはず、敏捷性がウリのはずの俺の、その身体は床に背を押し付けられているし、邪魔なものを薙ぎ払いもがくための両手は強固な力でもって頭上に縫い付けられている。
力に自信はある。
ただ、残念なことに――という言葉だけでは悔やんでも悔やみ切れないこの状況だが――俺よりもこいつの方が力が強い、ただそれだけのこと。

がむしゃらにもがいては無意味に体力を消耗してしまうだけだと力を抜けば、俺を見下ろしている男の唇が不愉快なほどに面白そうな弧を描く。

「冗談かどうかなんて、とっくに判ってる筈だと思ってたけどな?」

睨み付けた先のその容貌は確かに笑みを浮かべてはいるのだが、生憎と俺に向けられている双眸は笑っていやしない。
幾度となく眼にした、この男の淡い緑色の髪や、動きやすそうな服装、布地に覆われていない肌からわかる、比べるとまるで俺が華奢にさえ見えてしまう鍛え上げられた体躯、女が寄ってきそうだと見て知れる整った顔立ち。
それらは普段と変わるところなどないのに。

「…ハワード、貴様」
「ン?」
「頭はおろか眼も耳もイカれたか」

殊更眉間に皺を刻んでそう吐き捨てると、途端に呆れの混じった笑いが落ちてきた。

「ッハ、…何言ってンだ。しっかりエレメスを見てるしエレメスの声を聞いてる。俺が故意で押し倒してンのはお前で間違いねぇぜ」
「なら、イカれたのはやはり頭だな。よりにもよって何故俺だ。たとえ酔っていたとしたって、女と間違えようがないだろう」

緩まない拘束、俺の両腕を片手で抑えてしまえるのは確かにこいつとの力の差だろうけれど、その緩まない力が女ではないものを相手にしているのだと現在進行形で立証している。

「だァから、俺は他の誰でもないお前を押し倒してんだっつの。他のヤツと間違えてお前にこんな事すると思うかよ」

職業柄か、普段から強い力で武器を握る硬い皮膚に覆われた、こいつの手には些か不似合いなほどに優しく頬を撫でられる。
服越しのひやりとした床の温度と、無骨な掌の暖かさ。
頬へと触れてくる仕草は優しげなのに、俺を逃がしはしないと訴える対の手は、途方もなく強靭。
ある意味矛盾ともとれるこいつの手と、一欠片の冗談すらも混じらない声音に、思わず肩が震えた。

こいつが俺へと向ける好意に、他の皆とは異なる部分があることを、薄々だけれど気付いてはいた。
それは視線であったり、時に少しの冗句を交えた言葉であったり。
けれど俺たちの中で一番人に気を遣うのがこいつで、仲間を一番大切に想っているのも、恐らくこいつで。
だからきっと、その均衡を崩すことを一番厭っているのも、こいつであるはずなのに。

「エレメス」

射抜くような瞳に宿る獰猛さを突きつけられ、笑みの消えた唇が俺の名前を滑らせて。

「好きだ」
「……ッ!」

どこか苦しげに吐き出された真っ直ぐな言葉に、視線を逸らせないまま、ぞくりと背が震えた。

106 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2009/12/21(月) 09:19:29 ID:/c9An136
|ω`)いい子にして続きまってるよぅ

107 名前:酷い小話 投稿日:2010/04/24(土) 01:22:06 ID:YgV7jnVM
とある晴れた日のプロンテラの一角。
「きいぃ!旦那めっ!浮気した挙句ぞうきんみたいに私の事を捨ておってー!」
「どうどう。姫、時に落ち着け。」
「こうなったらあいつのこと創作文の作中でガチホモに押し倒させて陵辱してやるー!」
「おふ…。」
「絶対の自信家で事実腕の立つ殴りハイプリースト(オーラ)を屈辱にまみれさせる…。
 やはり同じ腕っ節で捻り伏せるのが正解よね。自信がある分プライドを叩き折れるわ!」
「確かに。」
「そうなると相手は…相方のホワイトスミスで決まりね!」
「ウホッ。して、シチュエーションは?」
「そうね…、決して腕は悪くないのに狩りの水準が高すぎるHPに
 些細なところをちょくちょくダメ出しされていたWSがある日ついにキレて
 ダンジョンの片隅で油断していたHPを壁に叩きつけて事に及ぶ…とかどう?」
「うむ、どちらも大人げないという点が非常にいい感じだ。
 ついでに自信家の割に人との関係に依存していたHPが、
 信頼していた相方に裏切られて実は酷くショックを受けているという心理があると
 独りよがりに救いようがなくてさらに叩き落せるな。」
「いいわねソレいいわね。ちょっと待って、今メモ取るから!」
「よし、挿絵は描いてやろう。」
うちの姫様が間違った動機から腐女子へ足を踏み入れた瞬間であった。
同調してノせちゃったのはバイの♂支援HP(DEXカンスト)

脳内の我が家は平和です(´ω`)y-゜゜゜

108 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2010/04/26(月) 16:29:37 ID:GyhcWogE
そしてそのHPが参戦して3Pになるんですね、わかりますん

109 名前:駆魔の一族(の中というか背後にいる的な) 投稿日:2019/05/15(水) 22:59:10 ID:.z4DsLRY
またノリと勢いで…
濡れ場は無いけどこちらの方が適切かとおもいこちらに。

 日の差さぬ散歩道


 フェイヨン地下迷宮深部。
 巨大な地下墓地空間の中に再現された、死者のための村落。
「ふむ…」
 誰が付けたかもしれぬ篝火が照らし出す一軒家。
 それを眺める一体のヒェグン。
 家の戸も窓も板切れで閉ざされ、隙間から覗くほのかな明かりがそれらの輪郭をぼんやりと映し出している。
「まだですか?」
 煙立ち上る香炉を掌中で弄びながら問いかける。
「うるさい!こんなモン着た事ないんだからしょうがないだろ!」
 ヒェグンが静で穏やかな、しかしよく通るこえでの呼びかけに、中から少年のものだろう大声が返ってくきた。
「手伝いますよ。それの扱いは心得があります」
 ヒェグンが申し出るが、返事は無い。
「やれやれ…これは、お仕置きですかね」
 しばし反応をまってから肩をすくめるヒェグン。


 しばらくして、けたたましい音を立てて引き戸が開かれる。
 姿を現したのは緩いウェーブのかかったブロンドのショートヘアにガラス玉のような碧眼、女性用の青いハンター装束に身を包んだ…少年であった。
「お待ちしてましたよ、ハル君。アーチャー装束同様、素敵です」
 ハルと呼んだ少年の方を向き、感嘆の声と共に小さく拍手をするヒェグン。
 篝火に照らされる姿は少女そのものだ。
「頼んでみるモノですね」
 目を細め微笑むヒェグンとは対照的に、ハルは仏頂面を仏頂面だ。
「言われたとおりに着たぞ…この…変態野郎」
 顔を茹でパドンのように真っ赤にしながら、ハスキーな声を絞り出すハル。
「言葉遣いがまだまだですね。せっかくのデートを台無しにする気ですか?」
「ふざ…けるな」
「私は微塵もふざけてはいません」
「嘘つけ!だいたい…げほっ!」
 さらに続けようとしたハルが盛大にむせる。
 同時に視界が歪み、激しい動悸とめまいがこみ上げてくる。
「な、何だよその香炉は…っ!」
 彼の右手にある、白い煙を立ち上らせる香炉を指さしながら言う。
「ああ、失礼。生者には刺激が強すぎたようですね」
 謝罪し、香炉に蓋をするヒェグン。
「ご心配なく、媚薬や麻薬の類いではありません」
「じゃあなんだよ」
 というハルの問いに、ヒェグンは『死者には死者の嗜好品があるのですよ』と答えるにとどまった。
「さ、狭いダンジョンの中ですが、のんびり歩きましょう」
 いきり立つハルに、ヒェグンは涼しげな顔で左手を差し出した。
「………」
 ハルは表情そのままに、その手に己の右手を重ね合わせる。
「素直でよろしい。出来れば言葉遣いもこれくらいであってほしいのですが…」
 彼の手を握りしめ、ヒェグンは歩き出した。


 ハルには姉がいた。
 優秀な弓手にして、罠師だった。
 だが、フェイヨン地下迷宮で消息を絶ち、死亡扱いとなった。
「君のお姉さんはとてもいい人だった」
 ハルの手を取り歩きながらヒェグンは言う。
 彼女は彼らの手に落ち、慰み者になった。
 もっとも、ハルが知るのは『死者達の手に落ちた』という事実だけだが、彼自身が置かれた立場を鑑みればどのような仕打ちを受けたかは想像に難くなかった。
「いろいろな事情で手放さざる得なくなりましてね…まあ、事情と言っても縄張り争いのいざこざなんですが…」
 要は魔物同士のいざこざの手打ちとして他のダンジョンに移されたのだ。
 その後、姉にそっくりな弟が身の程をわきまえず探索にやって来た。
「だから、貴方が来た時は神の存在を信じてみようかって思いましたよ。妙な話ですが」
 人間が生み出した、魔物達からすれば悪夢でしか無い『キューペット技術。
 だが魔物もまた知性ある生き物。
 恐れ憎むだけでは無く解析し、独自に進化させた『約束』と呼ばれる概念によって彼をモノにすることに成功した。
 そして今に至る。
「…俺は神って奴を呪いたくなった」
 ハルは言う。
 姉の行方を追いかけるのに、まっとうなダンジョン探索をしていたのでは時間もアテも無い。
 そんなハルの事情を察したヒェグンは、彼に提案を持ちかけた。
 彼女が見つかるまで『私のために姉の代わりを務める』のなら、探す手伝いをしてやる、と。
 勿論、生存は保証できないしむしろろくな死に方をしていない可能性の方が高い、とも付け加えた。
 それでも彼は約束を受け入れた。
 彼は『約束』という物を甘く見ていた。
 それを交わした今となっては、彼は命令1つでこの通り女装までするようになった。
 しかも、着ているのは姉の着ていたハンター装束。
 形見ともいえるものだ。
 どれだけ怒りや不満を抱き、拒絶しても最後には根負けして命令に従ってしまう。
「まあまあ。とりあえず怒りを静めて下さい。深呼吸深呼吸」
 目を細めた笑顔のまま、深呼吸を促すヒェグン。
「………」
 暗示なのか呪いなのか、それとも自分の思い込みか…
 ハルは右手の冷たい感触に嫌悪感を覚えつつ、呼吸を整え始めた。

110 名前:駆魔の一族(の中というか背後にいる的な) 投稿日:2020/04/26(日) 10:48:08 ID:LLoi0EvE
暇なのでネタを書き出してたらなんか出来たので投下。
ついでにdameときますか。


「いつも突然呼び出して済みませんねハル君」
「謝るくらいなら呼ぶんじゃねぇよ。で、何の用だ?」
 フェイヨン地下迷宮奥のある廃屋にて。
 その中では『約束』によりヒェグンの『お相手』となったハル少年が呼び出されていた。
「貴方に贈り物がありまして」
「贈り物ぉ?」
 姉のハンター装束に着替えたハルは言う。
 その顔は怪訝と言うより警戒に近い。
「はい。よりお姉さんらしくなって貰おうかな、と」
「は?これ以上何しろって言うんだよ…」
 姉のハンター装束を纏い、髪型も極力似させられた上にこれ以上何をしろというのだ。
「そうですね。まずは…」
 ヒェグンは笑みを浮かべた。


「大丈夫。毒ではありません。」
 ハルに椅子に腰を下ろすよう命じ、宥めながら左手を伸ばすヒェグン。
「動かないで下さいね」
 伸ばした手を顎に添え、上向かせる。
「な、何するんだよ」
 ヒェグンが彼の唇に指を添える。
 不死者特有の冷たい感触に、ハルの背筋が震え上がった。
「装飾です」
 ヒェグンが彼の下唇をすっ、となぞるとそこに鮮やかな紅が引かれる。
「良い色ですね。苦労して手に入れた甲斐がありました」
 鮮血のように赤く鮮やかな紅を引かれた唇を見ながらヒェグンは言う。
「次は上です」
 染料を掬い取り、今度は上唇に滑らせる。
「はい、よくできました」
 ヒェグンはそう言うと、顎を押さえていた左手で彼の頭をくしゃりと撫でた。


「俺、こんなに女顔だったっけか?」
 姿見の前に立たされたハルは、鏡に映る自身の姿を見てげんなりした。
 唇に紅を引かれた鏡の中の自分は、それだけで自身も戸惑う程度の美貌と色気を纏っていた。
「はい。少なくとも外見だけならお姉さんの代わりが務まる程度には」
「そりゃどうも…」
 即答され、ため息を吐くハル。
「貴方のお姉さんも、同じ紅をしていました」
「…なっ!」
「赤い唇はとても生命力に満ちていました」
「…くっ」
 冷たいのは彼が不死者だからだけでは無いのだろう。
「おや、姉の代わりでは不満ですか?」
「ち、ちげーよ」
「それは失礼。些か勘違いをしていたようで」
「些かどころか相当だよ…てめーこそ、単なる『代わり』に対して親切だな」
 と、いうハルの抗議に対しヒェグンは涼しい微笑みを返す。
「親切ではありませんよ。赤い唇は生命力を感じさせるんです…」
 そう言ぅてから、ヒェグンはハルの腰に手を回し抱き寄せた。


「むぐ…?」
 彼が事態を理解するよりも早く、真っ赤な唇に青白い唇が重ねられる。
 そして理解したときには既に舌が唇を割り開き、歯列をなぞって開門を促していた。
「ん…っ!」
 彼の吐息が肺に流れ込むと、全身に震えが迸る。
 吐息はまるでルティエの山から吹き降りる風のように冷たく、肺を起点に血管を伝い凍てつくような強烈な寒さが全身に広がってゆく。
 全身から熱が消えてゆくかのような感覚に、恐怖がこみ上げる。
「おおっと、失礼。貴方には刺激が強すぎましたか…」
 唇を解放し、崩れそうになるハルを抱き留めるヒェグン。
「お、オレもお前も…男だ…ぞ…」
 声を震わせるのは、恐怖か屈辱か。
「そうですね」
 背中をさすりながら、涼しげな口調でヒェグンは言う。
「赤い唇は生命に満ち…そして、暖かい。男女の垣根無くとても魅力的です」
 そう言いながら、ハルの紅が付着した自身の唇をすりあわせて馴染ませるヒェグン。
「こういうのが嫌で無ければ、次に会う時はこれを付けてきて下さい」
 そう言って紅の入ったコンパクトを手渡すヒェグン。
「…選択の余地なんて無いくせによく言うぜ」
 ハルは渋々それを受け取ると、ポケットにしまい込んだ。
「大丈夫ですよ。ゆっくりと変わっていってもらいますから」
 ヒェグンはそう言うと、ハルの手を取った。
「では、本日の逢瀬と参りましょう」
「ま、まてよおい…たく強引だなお前は…」
 ハルはとっさにスカートの裾を押さえながら彼について行く。
(オレもお前も…男だぞ)
 下半身の昂ぶりを隠しつつ、彼はもう一度自分に言い聞かせた。

111 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2020/11/04(水) 22:59:19 ID:0tHCZfEw
 聖職スレの『ピアメット少年司祭レイリとヴァレー 』の前日譚的な物を。
 需要が無いのは分かってるけど気にしたら負けですわ。


 【誤解だからどうした】


 ある日の夕暮れ。
 プロンテラ近郊のある屋敷。
 透明度の高い大きな窓ガラスが惜しげもなく使われた窓が並ぶ廊下を2人の少年アコライトが歩いている。。
 1人は腰まで伸びる三つ編みのブロンドを、もう1人は銀色のポニーテールを揺らしながら。
「最初は確かに驚いたけれども、恩義もあるし、何か恩返しが出来たらとおもって…」
「それだけで、かよ。ほんと、お前お人好しすぎてみてらんねぇ」
 穏やかな印象の、金髪を三つ編みにした少年の名はレイリ、そして彼に呆れている銀髪の、快活そうなポニーテールの少年はヴァレーという。
 やがて、2人は大きな両開きの扉の前へとやってくる。
「レイリです」
「ヴァレーでーす!」
 ノックをし、名乗る2人。
「入りなさい」
 扉の奥から優しそうな、しかし威厳を感じさせる低い声が2人を招き入れた。


「改めまして、よろしくヴァレー君。私が、今日から君の主になるジェダだ。よろしく頼むよ」
 黒曜石のような黒髪をオールバックにした男性はヴァレーに言う。
「お、おう…」
「身構えずとも良い。いずれ取って食うつもりだが」
「な、なんだよそれ…」
 初老にさしかかったと聞いては居るが、その肉体がどれだけ鍛え上げらているのかは分厚い服の上からでも容易にうかがい知ることが出来る。
「すでにご存じの通り、レイリ君は私の従者を勤めてもらっている」
 騎士は言う。
「そりゃ聞いてるけどよ…」
 イズルードで2人を見たときの状況を思い出すヴァレー
「なぜ俺が呼ばれるんですか?」
「良い質問だ。レイリ君の推薦があり、私は君に興味がある、そして同時に、危険に思った事の3つだ」
「き、危険…?」
 ヴァレーの問いに、ジェダは鷹揚と頷いた。


「ほんと、お前お人好しにも程が…」
 面会後、ヴァレーはレイリに連れられ従者用の控え室に案内された。
「…くっ」
 目の前でアコライトに僧衣を脱いでゆくレイリから目を逸らすヴァレー。
 レイリ白い背中が瞳に焼き付く。


 事の起こりは数日前。
 イズルード海底洞窟での事だ。
 ヴァレーが第2層で狩りをしていると、1人のルーンナイトが通り過ぎた。
 深部に向かう猛者を見かけるのは特段珍しいことではない。
 もっとも、ハエを使わず徒歩で下層を目指すその様は珍しい部類ではあった。
 だが、彼の背中に付き従うプリーストの姿を見たヴァレーは驚愕した。
 そこに居たのは、間違いなくプリーストの装束を纏った友人のレイリだった。


「確かに…俺も勘違いしたクチだけどよぉ…」


 呆然としつつも、慌てて追いかけようとするヴァレー
 だが、追いすがろうとした彼の足はヒドラに絡め取られてしまう。
 次の瞬間、洞窟内に盛大な悲鳴と水しぶきが響き渡ったのだった。
 2人が『デート中』だと知ったのは、彼が助け出された後だった。


「勘違いどころか、そのままでも良いってのは…」
 溜息を吐くヴァレー。
 背後からは衣擦れの音が絶え間なく聞こえてくる。
「じゃあ先に行くね、ヴァレー」
「あ、ああ…」
 背後から肩越しに声をかけられ、上擦った声で頷くヴァレー。
 ちらりと振り向くと、プリースト装束を纏ったレイリの姿。
 確かに、スリットから覗く細い足は少女そのものだ。
「ヴァレーの分もあるから、準備が出来たら来て」
「じゅ、準備って…本当に…」
 確かに助けられた恩義はある。
 レイリがこうまでして尽くすのも、ジェダが彼にとって命の恩人だからだ。
 彼が逡巡しているうちに、レイリは裾をはためかせながらその場を後にし主の元へと向かって行ってしまう。
「ええい…ままよ」
 レイリを放っておけない。
 ヴァレーは纏う僧衣に手をかけると一気に脱ぎ去った。


「…すっげぇスースーするし…スパッツはきっついし」
 太腿に纏わり付くひんやりとした空気に戸惑いながら廊下を歩くヴァレー。
 伸ばした銀髪を赤いリボンで飾り、赤褐色の僧衣を纏いたその姿はボーイッシュな褐色美少女だ。
 この髪もレイリを少女と勘違いしていた時期に、彼から『そういう君の髪も綺麗だね』と逆に褒められて以来何故か切る気になれず今に至った物だ。
「レイリの奴…こんな格好で何を…」
 ジェダの部屋の前にたどり着き、ノックするヴァレー。
「開いている。入りなさい」
 扉の奥からジェダの声が聞こえてくる。

 −続きます

112 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2020/11/04(水) 22:59:38 ID:0tHCZfEw
 −続きです

「な…なに…してん…だ…」
 扉を開けたヴァレーは目の前の光景に凍り付いた。
 予想外ではない。
 あんな格好で付き従っている以上、考えて然るべき事象でもあった。
 それを踏まえても、目の前で起きているような事態は自身の妄想に過ぎない物であって欲しかった。
「ふむ。似合ってるじゃないか」
 ジェダは言う。
 彼は纏ったバスローブを開け、椅子に深く腰掛けている。
 足下には女祭姿のレイリが跪き、露わとなった彼のイチモツに唇を寄せていた。


「どこから話した物かな」
 奉仕するレイリの頭を優しく撫でながら思案するジェダ。
「落ち着きたまえ」
 そう言って、ジェダはヴァレーに先ずドアを閉めるようにと促した。
「レイア…奉仕は一時中断だ。思考がまとまらん」
「ん…はい…」
 レイアと呼ばれたレイリは、名残惜しそうにイチモツから唇を離す。
「この格好の時はレイアと呼んでいる」
「どうしてそんなことを?それに『レイア』って…」
「調教という物はだな、人の根本を変えてしまう物だ」
 だから、どこかで戻ってこれる切っ掛けを与えておかねばならない。
 ジェダは言う。
「そんなことするくらいなら…しなけりゃ良いだろ」
 膝を震わせながらヴァレー破言う。
「気持ちは分かる。だが、これはこの子が望んだことなのだ」
「レイリが…?」
 ジェダは静かに頷いた。


「どこまで聞いてるかは分からんが、少し前にゴブリンに襲われている所を拾ってな」
 まあ、最初は少女と思ったよ。
 着ている服を差し引いても、そう思えるくらいだった。
 ジェダは言う。
「その後、理由を付けてちょくちょく会う間柄になった。デートという奴だな」
「………」
「君の事を話す時は楽しそうな顔をしていたよ」
 ジェダの発言に、気まずそうな表情を浮かべるレイリ。
「そ、そりゃどうも…」
 戸惑うヴァレー。
「まあ、嫉妬心がなかったと言えば嘘になる。いい年をして、な」
 自嘲するジェダ。
「ところで、どうしてそんな格好で、そんなことさせてんだよ…」
「彼が望んだことなのだ」
「レイリが!?」
「うん。ごめんね、ヴァレー」
「お前が謝ることじゃねぇだろ…」
 ヴァレーは言う。
 ジェダとレイリの何度目かの逢瀬の時だ。
 恩人である彼に報いたいと思うも、それにはあまりに無力である事を悩んだ彼にジェダはある提案をした。
 会うときは少女として過ごしてくれまいか、と。
 彼のコンプレックスを抉る行為であったが、 彼の恩義に報いる機会と考えたレイリは提案を受け入れた。
 そして少女を装い男女の逢瀬を演じる内にそういう関係を持つようになった。


 経緯を説明した後、彼は足下に跪くよう命じられた。
 間近で奉仕を見学しろ、と。
「…ほんと、お前お人好しすぎてみ見てらんねぇ」
 ヴァレーはジェダの足下に跪きながら言う。
 目の前には未だに衰えない彼のイチモツ。
 不思議と、ヴァレーは彼の言葉に逆らう気になれなかった。
 声に威厳と優しさが感じられたのもあるが、何よりもレイリと離ればなれになることが怖かった。
「でもは居てくれるんだね。ありがとう」
 隣で微笑むレイリ。
「…う、うるさい」
 少女と見誤ったときの笑顔を返され、真っ赤な顔を背けるヴァレー。
「ははは。ヴァレー君、君は君で中々かわいらしいじゃないか」
「そ、そうかよ…」
「ああ。お世辞ではない。少なくとも『レイア』と共に物にしたくなる程度には、な」
「欲張りなのですね」
 レイリは言う。
「嫉妬かね?いや咎める気は無いよ。お互い様だ」
「ヴァレーは何だかんだで僕のことを助けてくれますし、優しいですから」
 答えるレイリ。
「そうか」
「………」
 あまりのむずがゆさに、レイリの顔を直視できないヴァレー。
 彼がここまで褒められるのは初めてだった。
「まず、君にも『名前』を与えないといけないな」
 顎を撫でながら思案するジェダ。
「先ほども少し触れたが、君にも少女としての調教を施して行く」
「うぐ…マジかよ」
「意識して少女として振る舞えば自然と受け入れられる物だ」
 そう言ってレイリの頭を撫でるジェダ。
「ヴァレー…ヴァリ…ふむ、ヴァレリアとしよう。今このときはヴァレリアと名乗れ」
「は、はい」
 頷くヴァレー。
 その瞬間、彼の中で何か音がした気がした。
 何かが崩れる音ではなく、何かがカチリとはまるような音だ。。
「よろしくね『ヴァレリア』」
「あ、ああ」
「僕の事も『レイア』と呼んで」
 レイリの要求に、ヴァレーは戸惑いながらも頷いた
「では、奉仕を続けて貰おうか」
 ジェダの命令に、レイリは静かに頷くと再び彼のイチモツに唇を寄せた。


「………」
 レイリの下が表面をなぞる度に、ピクピクとイチモツが跳ねる。
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)

113 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2022/03/05(土) 17:18:44 ID:Y/THmB0A
聖職スレの2人でヴァレンタインネタを考えていたらいつの間にか2月が終わってた…
思いついたしチュを書き殴ってる低度なんで、時系列が過去に飛んだり未来に飛んだりしてると思ってくだしあ。
あと、後改訂時にレイリの女装名がレイラになってた…レイアだよorz

【ヴァレンタインの後】

 二月のある日。
 書斎にて。
「印象に残っている…ですか?」
「おまえ達はどちらからもモテそうだからな。色々と有っただろう」
 椅子に腰掛けるジェ ダは、膝の上に座らせている女祭姿のレイア(女装時のレイリに与えられた呼び名)に問う。
 質問内容は、今までで一番印象的なバレンタインだ。
「ええと…いきなり言われても…」
 困惑するレイリ。
「んなもん今年に決まってんだろ。まさか作って渡す方に回るとは思わなかったぞ」
 ジェダの隣でレイア同様の姿で立ヴァレリア(同じくヴァレーに与えられた女装名)は即答した。
「ははは。だが、日頃の態度の割にはキチンと作っているではないか」
「アレをまともというのかじいさん…」
「ああ。ほろ苦い、人生を凝縮したような味だ。言うほど悪くはない」
 そう言って、レイアのスリットに手を滑り込ませ太股の感触を堪能するジェダ。
「に、苦くなかった…のですか?」
 官能 がレイアの背筋を駆け上る。
 ヴァレリアが嫌がらせにと、カカオの含有量を増やし続け、6割を超えようとしたところでレイリからストップがかかった。
「おおかたカカオ6割、と言ったところか。市販品はもっと苦いのがあるぞ」
「まじかよ」
 割合まで言い当てられ、驚愕するヴァレリア。
「僕も知らなかったよ。そんなに苦いものがあるだなんて」
「健康志向の好事家以外には縁のない店だからな」
 そう言って、今度はスリットに差し入れたままの手でスパッツ越しに太股をまさぐるジェダ。
「ん…」
 切なげな声を漏らしながらジェダの行為を甘受するレイア。
 ごつごつとした手が動く度にくすぐったさと、そしてむずがゆさがこみ上げる。
「なあじいさん。男の太股なんて。まさぐってっ…楽しいのか?」
「そう言うお主こそ、なかなかいい反応を示すではないか」
 ジェダはそう言うって、やや前屈みになっているヴァレリアの姿勢を指摘する。
「その妙な張りはなにかな?」
「…マジいかれてる」
「それならばお互い様だ。貴様とてこの顔に惑ったクチだろうに」
 そう言って、太股をまさぐっていた手を離し、レイアの顎に添えクイっ、とヴァレリアの方を向かせるジェダ。
「そ、そうだ…よ」
 顔を赤らめ、目をそらすヴァレー。
 自分の真横で白化粧を施されていたレイアの表情が脳裏によぎる。
「正直でよろしい」
 ジェダはそう言うと、再びレイアのスリットに手を差し入れる。
 今度は太股ではなくスパッツの張りに手のひらを添えた。


「ひっ…あ…っ」
 室内に響く、高く切ない声。
 膨らみを覆う様に置かれたジェダの掌が動く度に、身を捩り切なげな悲鳴を漏らすヴァレー。
「親友も、君の痴態に大変興奮しているぞ」
「う…ご、ごめん、ヴァレ…リア…」
 真っ赤な顔で謝罪するレイリ。
「見せてあげなさい」
「え?」
「奉仕の『先輩』として見本を見せなさい」
「は…はい」
 ジェダに促されたレイリは彼の膝を降り、足下に跪いた。


「君もそろそろ奉仕の1つくらいは学んでほしいものだ」
 股間に顔を埋め、奉仕を続けるレイアの頭を撫でながらジェダは言う。
「それとも、レイアの痴態を眺めるのが望みかな?」
「……」
 レイアの隣に立ち、間近で友の奉仕を見下ろすように眺めるヴァレリアにジェダは言う。
 ヴァレリアは逡巡し、無言で隣に跪いた。


「最初は指で撫でしてさしあげて。口にするのはそれが出来てから」
「あ、ああ」
 ヴァレリアは間近で聳えるジェダのイチモツを見据えながら頷いた。
「はは。主を前に生殺しのレクチャーとは恐れ入る」
 そう言って微笑むジェダ。
「申し訳ありません。いきなり口でさせるのは酷かと…」
「優しいな。お前は」
 人が良すぎるとも言うが、な。
 ジェダは心の中でそう付け加えながらレイアの頭を優しく撫でた。
「ならば、しかと親友を躾けて見せよ」
「は、はい…」
 レイアは頷き、ヴァレリアに向き直ると説明を再開した。


「受け止める時は口か顔に…床に落としちゃダメ。分った?」
「ああ」
 ヴァレリアの脳裏に、主の欲望を浴びイラの姿がよみがえる。
「じゃあ、やってみよう。大丈夫だから」
 レイアはそう言うとヴァレリアの手を取り逸物に導いた。
 ヴァレリアの指先がそれに触れると、ドクンッ!という脈動が伝わってくる。
 自分のモノとは全く違う、文字通りの『凶器』に戦慄するヴァレリア。
「もっと顔を近づけて」
「…っ」
 言われるがまま、彼に顔を寄せるヴァレリア。
 舌を伸ばせば届く距離にあるそれから立ち上る強烈な『雄』の空気が脳裏に痺れを齎した。
 そして心臓が締め付けられ、一気に吹き出した血液が全身を巡る。
「なんで…」
 全身を巡る血液が熱を帯び始め、ヴァレリアは戸惑った。
「どうしたのかな?」
「な、なんでもねぇ」
 全身を巡る熱が下腹部に集まり始め戸惑うヴァレリア。
 ジェダの纏う気配はヴァレリアの意識を強かに打ち据え、雄であることを否定し、雌であれと命じているかのようであった 。
「始めなさい」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)

114 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2022/03/23(水) 08:22:43 ID:UIKDZkAA
命令にていただいたネタなのですが、メインが二人の雑談になってしまったので供養がてらこちらに投下。

二人のリリィナ嬢に対する感情、(いろいろないみで)あこがれのお姉さんであり、そして嫉妬の対象でもある、という感じでしょうかねぇ。


【ある一日の終わりに】

 ある日。
 オークダンジョン近くの森林地帯にて。
「うおっと… 」
 巡視を兼ねた鍛錬のため林道をゆくレイリとヴァレー。
 ふと、前をゆくヴァレーが足を止める。
「どうしたの?」
 後ろを歩くレイリが手にした杖を握りしめる。
 彼の問いに対し、ヴァレーは無言で街道からはずれた先、森林の奥を指さした。
「敵?」
「分からねぇ。多分…女の…声が聞こえた…」
「じゃあ助けないと」
 ヴァレーの言葉に、最悪な状況を想像するレイリ。
「様子を見に行くぞ」
「うん」
 二人は頷き合い、自身に支援魔法を掛けると街道をはずれ茂みへと分け入った。
     ・
     ・
     ・
「まったく、あんな場所でやってんなよ…」
 その日の夜、二人に割り当てられた寝室にてヴァレーは呆れていた。
 声のする方に忍び寄ってみれば、そこに居たのは見知った顔。
 オークやゴブリン達だったモノが散乱する中、大木に手をつき腰を突き出すリリィナと、そんな彼女を背後から激しく貫くジェダ。
 容赦なく腰を叩きつける音、尻肉を平手で打ち据える音。
 それらの合間合間に響き渡るリリィナの甘い鳴声。
 戦いで昂ぶった精神を鎮め合うためだという。
 2人の存在に気付いたジェダはそう答えた。
「すごいよね。ヴァレーと同じくらいの背丈なのに」
 レイリは言う。
 背格好は眼前の友と同じくらいの少女が細身の肉体に、文字通り凶器と言っても過言では無いジェダの肉槍を根元まで受け入れていた。
 身長差からリリィナの足は貫かれたまま地面から離れ、自重により根元まで。
「僕達もいずれは…」
 レイリは『レイラ』として、ヴァレーは『ヴァレリア』として寵愛と躾を受ける以上、2人もいずれはあの凶器を受け入れることになるのだろう。
「いやいやいや無理だろ、さすがに」
 ヴァレーは言う。
 その口調には微かに棘が感じられた。
「だいたいよ、お互い指も満足に入らなねぇだろうが」
「あはは…そうだったね」
 屈託の無い笑顔。
 これを見る度に、ヴァレーは自らの心にどす黒い感情が浮かび上がるのを自覚する。
「ねえヴァレー」
「な、なんだよ」
「ひょっとして、妬いてる?」
「な、なんだよそれ…」
 レイリの指摘に戸惑うヴァレー。
「なんとなくだけどね」
 ヴァレーの反応が面白かったのか、クスリと笑うレイリ。
「いくらレイアになっても、他の皆みたいに主様を受け入れるとは出来ないから…」
「お前はそれでも尽くすんだな…」
「うん…最初は…戸惑ったけどね」
 少女として扱われる事に抵抗感や戸惑いもあったが、ジェダは彼がレイアでいる間は真剣に少女として接してくる。
 そのうち、相手の真剣さに答えようという気持ちになったのだという。
「…それなのに、か」
 ヴァレーには自分達を少女に作りかえようとする一う方でリリィナとよろしくやっている光景が、なんとなくレイリに対する背信に思えてならなかった。
「確かに、僕も好色だとはおもうけどね」
 そう言ってまた屈託のない笑顔を浮かべるレイリ。
「でも、ドロテアさんやマリオンちゃんも、なんだかんだで納得しているしね」
「まぁなぁ…」
 ハーレムのメンバー達の躾に同席した時の事尾を思い出す。
「ただれてるよなぁ…」
「あはは…そうだね」
 流されている自覚はある。
 だけど、ジェダの期待にも応えたいという気持ちもある。
 レイリは言う。
「リリィナさんも、ミラリーゼさんも、ハーレムの皆も、それは同じなんだろうね」
「…爺さんも大変なことで」
 裏を返せば、彼にも皆の期待に応え続ける義務があるのだ。
 躾とは調教であり、そして調教は文字通り人の根幹を変えてしまう行為だ。
 彼も知った上でハーレムの女性達に施し、レイリも皆もそれを受け入れている。
「……」
 自分はどうだ。
 レイリと離ればなれになりたくない。
 ここにいる理由はそれだけだ。
(だけだったはずなんだけどなぁ…)
 ただそれだけの理由で、ヴァレリアというもう一人の自分を受け入れてる自分がいる。
(だけど、どうもがいても…リリィナさんみたいにはなれねぇんだよな)
 ヴァレリアは天井を眺めながら呟いた。
 ジェダが不思議なサークレットを手に入れたのは、それから少し後のことである。



名前: コマンド/メール(省略可):
レスを全部読む 最新レス50 レス1-100 掲示板のトップへ リロード

[102:30]【18歳未満進入禁止】聖職者命令スレ Part18
1 名前:sage 投稿日:2021/04/22(木) 21:53:52 ID:f0v5qJ9o
ここはハァハァ鯖に住んでいる聖職者達にあんな命令こんな命令いっぱいして、
ハァハァしたり、ハァハァを鎮めるスレです。
ここは聖職者系(アコライト、プリースト、モンク等)専用スレです。

★板共通ルール★
ttp://www.ragnarokonlinejpportal.net/bbs2/test/read.cgi/ROMoe/1063859424/2
・マターリ厳守。
・荒らしは完全放置。
・ROと関連のないネタで盛り上がるのはダメ。
・コテハン叩きも、スレの雰囲気が荒れるからダメ。

前スレ
【18歳未満進入禁止】聖職者命令スレ Part17
ttp://moeita.net/bbs2/test/read.cgi/ROMoe/1520085869/

他のテンプレは>>2


21 名前:訳あり少年司祭レイリとヴァレー 投稿日:2021/06/15(火) 00:01:55 ID:EBPmUBtw
>>9
遅くなりました


 ひんやりとした書庫の奥底。
 書架と書架の間に設えられた秘密の扉の奥。
 かの姉妹も通すことは無かった秘密の場所に、ピチャピチャという音とジージーという歯車の音が響く。
「全く困ったものだ」
 バスローブを開け、前を露わにしたまま椅子を腰掛けるジェダは呟いた。
 足下を見やると、程よく脂の付いた金髪の少女と、身の締まった銀髪の少女が隣り合い彼のイチモツの左右に侍り奉仕を続けている。
「二人とも積極的になってくれたことはありがたいのだがな…」
 事の起こりは数日前。
 女体化の解除が出来る、という触れ込みのサークレットが持ち込まれた。
 しかしそれは女性を男性化させる為の術具であり、行われるのは『解除』ではなく『上書き』であった。
 2重の変化で体内には異様な魔力と共に『熱』が籠もり、再度ヴァルキリーサークレットで女体化をおこなった。
「(正しい状態異常に戻す、とは妙な話だ)」
 ジェダはイチモツを這い回る舌の感覚を堪能しながら、ルアフの青白い光にに照らし出される肉体を見る。
 瞳を潤ませたレイリが、腹の中でゼンマイ音を響かせながら何度も下から上へと舌を這わせている。
 密壷の中には張り型が仕込まれ、その緩慢な動きはまるで奉仕を促すかのようだ。
「順調だな」
 普段から自分に貢献したいと言っているだけに、レイリは女体を伴わない奉仕にも熱心に応じてくれる。
 ジェダはブロンドの三つ編みを手に取り、弄ぶ。
 レイリの視線がイチモツから彼自身に向けられる。
「む、すまんすまん、続けてくれ」
 三つ編みから手を離し、優しく頭を撫でると彼、いや彼女は安心したのか奉仕を再開する。


「ヴァレー…いやヴァレリアはまだまだか」
 向かって右側、銀髪のポニーテールを揺らしながら奉仕を行う少女を見ながらジェダは呟く。
 レイリよりも遅いペースで、堪えるような態度の彼女は舌の先でイチモツを突き続けている。
 彼女の体内にもレイリ同様ゼンマイ仕掛けの張り型が仕込まれているからだろう。
 元々女装姿で付き従う友人を見かね、彼を守るために稚児となった。
 奉仕をできるようになるまでに相当な時間を要した。
 女体化を伴わない奉仕はそれ以上だ。
「ヴァレリア……もう少し…舌全体を使って…」
「わ、わかった…っ…」
 レイリに促され、ヴァレーの舌使いがやや積極的に改善される。
 普段はジェダと彼に従順すぎるレイリに苦言を呈する一方、こう言う場ではレイリの言うことには従順な態度を取る。
「よろしい。その調子だ」
 ヴァレーとレイリの頭を撫でるジェダ。
「う…うるせぇ…こうしないとレイ…ラが…」
「妄想たくましいな。お前の中で儂はレイラに何をしているんだか…」
 苦笑するジェダ。
 他愛のない会話が繰り返され、再び水音とゼンマイの音が響く。


 ふと、ゼンマイの音が止み部屋の中に静寂が訪れる。
「…ん」
「う…」
 奉仕を続けていた少女二人がうめき声を上げ、腰をもぞもぞと動かし始める。
「レイア、抜いてあげなさい。その次はヴァレリアだ。出来るかな?」
「はい…」
「そ、それくらい…や、やれるぞ」
 二人は頷き、立ち上がった。


「ヴァレリア…お願い」
 レイリは荒い呼吸を繰り返しながら、ヴァレーに背を向けテーブルに手を置き腰を突き出す。
「あ、ああ」
 促され、レイリの臀部に手を伸ばすヴァレー。
 閉じられた秘所からは指輪ほどのリングが結ばれた細い紐が伸びている。
 それを指で摘まみ、ぐいと引くと、赤子の腕ほどの張り型を引きずり出す。
「あひっ…」
 背筋を震わせ嘶くレイリ。
 張り型の胴体には奉仕中の脱落を防ぐための返しが付けられており、それが彼の体内を苛むのだ。
「わ、悪い…ほら、もっと足踏ん張れ」
「うん。分かっている。お願い」
「あ、ああ」
 気まずそうに引き出し作業を再開するヴァレー。
「次は…俺なんだよな…」
 ゆっくりと引き出される凶悪な張り型を見ながらヴァレーは呟いた。


「はぁ…はぁ…」
「……」
 ごとり。
 荒い呼吸を繰り返すレイリの横に張り型を置くヴァレー。
 ゼンマイ機構を魔物の腸でソーセージ状に包み、表面に固く煮固めた皮で返しやイボが付けられたものだ。
 性能は魔法を用いたモノに劣るものの、これが奏でる『音』を好む選ぶ者は多い。
「…っく」
 それを視界の隅に捉えたレイリが息をのむ。
「す、すま……」
「気にしないで…じゃあ、交代するよ」
 レイリはそう言ってヴァレーに場所を譲る。
「あ、ああ」
 ゆっくりとテーブルに向かうヴァレー。
(ちくしょう…なんだって…)
 テーブルの上に置かれた張り型を目の当たりにし、急に体が重くなる。
 同じものが体の中に仕込まれているのだ。
 先ほど苦労して友人の中から引きずり出し、今度は同じ事をされるのだ。
 ヴァレーは息をのみながら、友人と同じ姿勢をとった。


 胎が引きずり出される感覚。
 体内に返しを体内に突き立てて抵抗する
「うぐ…う…はぁ…っ」
「力を抜いて、ヴァレリア」
 張り型から伸びる紐を引っ張るレイリ。
 ヴァレーがためらいがちに行ったのとは対照的に、レイリは容赦がない。
 無意識のうちにジェダに報いようとするが故なのだろうか。
「ヴァリア。自分で開いて…」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)

22 名前:お目付役『リンナ』と『フリッダ』お師匠 投稿日:2021/08/11(水) 18:43:37 ID:Ki38Jzkg
※戦乙女(総合スレの『人造戦乙女姉妹と母親達』の関係者です。

問1:きゃらくたーしみゅれーたー(ttp://nozomi.arege.jp/ro/)の該当イメージへのリンクを晒しなさい
・お目付役アリス『リンナ』ママ
[プリースト時]
ttp://nozomi.arege.jp/ro/#FemalePriest_14Black_19711_20115
[アリス時]
ttp://nozomi.arege.jp/ro/#FemaleOctoberFest_14Black_19711_20115

・サキュバスチャンプ『フリッダ』お師匠
 ttp://nozomi.arege.jp/ro/#FemaleChampion3_21White_5066

問2:身長は?
・お目付役アリス『リンナ』ママ
 162cm
・サキュバスチャンプ『フリッダ』お師匠
 177cm

問3:3サイズは?
・お目付役アリス『リンナ』ママ
 B:89 W:65 H:85

・サキュバスチャンプ『フリッダ』お師匠
 B:90 W:58 H:82

問4:弱点を答えなさい
・お目付役アリス『リンナ』ママ
 アリスとなった今も眼鏡が手放せませんわ。

・サキュバスチャンプ『フリッダ』お師匠
 聖水はあまり好きじゃないわねぇ

問5:自分の自慢できるところは?
・お目付役アリス『リンナ』ママ。
 大事な妻であるミカエラお嬢様とミシェラ奥様の身の回りの『お世話』をすることですわ。
 そしてもちろんお2人の『ご息女』も…

・サキュバスチャンプ『フリッダ』お師匠
 ミカエラはともかく、ミシェラは私が最高のペット…にする予定なんだから勝手に妻にしないでほしいわねぇ、欲張りさん。

問6:どういう風にされるのが好きか答えなさい
・お目付役アリス『リンナ』ママ
 今の私はお二人を躾ける立場にございますので、お勤めで貫くときもありますが、愛する妻が相手ならば気持ちは高ぶりますわ。

・サキュバスチャンプ『フリッダ』お師匠
 されるよりもする方が好きねぇ。
 そうねぇ『ママ』達を躾けたり、一緒に愉しんだり、ね。


問7:初体験の時のことを語りなさい
・お目付役アリス『リンナ』ママ
 今の立場になった日の夜、お嬢様、奥様と共に男根を生やして互いに貫き合いました。
 私は前をお嬢様に、後ろは奥様に…その後は代る代る。
 それよりも昔の事は覚えていません。
 覚えていても今の自分には不要な事ですので…

・サキュバスチャンプ『フリッダ』お師匠
 迷いの森で修行をしていて、マンドラゴラと遭遇したときよぉ。
 自分自身の血に『気付いた』のもその時かしらぁ。

問8:今までで一番気持ちよかったエッチを答えなさい
・お目付役アリス『リンナ』ママ
 お二人を躾ける立場になり、初めての夜に貫いた時の高揚感は忘れられません。

・サキュバスチャンプ『フリッダ』お師匠
 んー…ここ最近はミリーちゃんに『手ほどき』してあげた時かしら。
 誘ってみる物ねぇ。
 (みんなで作るRagnarok萌えるエロ小説スレ 十七冊目の>>220参照)

問9:備考をどぞ
 前述の通り、戦乙女(総合スレの『人造戦乙女姉妹と母親達』の関係者です。
 リンナはミカエラに思いを寄せていた司祭でした。
 しかし、彼女を助けるため共に戦い、そして敗北後は自らも玩具となることを申し出ます。
 そして彼女に執着するあまり、自身の忠誠を示すため自らも進んでアリスに身をやつしました。
 現在は紆余曲折を経て僧籍を保ったまま、書類上は戦乙女の身の回りの世話をする侍女という立場で彼女達と共に生活しています。

 フリッダは『人類の守護者である戦乙女』兼『妖魔の肉玩具』であるミカエラとミシェラの監視役として、同時に次世代のそれであるミリーとレニに戦う術を伝授する師匠として彼女達と生活をしています。
 一方で彼女は教会内での汚れ仕事を担当う立場で、生まれや立場故に(表向きの)階位はチャンプ止まりですが実際の実力や権力は底知れません。
 暗部を知りすぎたミカエラやミシェラが処分されずに生きながらえているのは、彼女の意向が強く働いているからです。
 しかし庇護・管理下にあるとは言え、人魔双方にとって脅威となり得る戦乙女達。
 彼女達を定期的に躾け、その記録をもって無害と証明するのも彼女の大事な仕事です。


問10:スレ住人に何か一言
 よろしくおねがいします。

問11:貴方の命令上限数を教えてください
 関係者と含めて2つ。

問12:貴方の属性/NG属性などありましたら教えてください
 命令者と彼女達の因縁や関係を明記してくれると助かります。

問13:他の方々とのコラボはOK?
 是非

23 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2021/08/14(土) 03:15:19 ID:bYUzVLyM
>>お目付役『リンナ』と『フリッダ』お師匠
今日は伽に使われる特殊空間でリンナに俺の相手をしてもらう。生えているかもしれない男根もここでは
生えていないし、胸のサイズも二回りほど大きくなっているだろう。全ては特殊空間の設定だ。
まずは口奉仕だ。口先と舌で俺の肉棒の垢をそぎ落とすように、音を立てて舐めて綺麗にするんだ。
十分に綺麗になったら咥えろ。俺を見つめながら口を窄めて頬に肉棒の形を表しながらな。
俺の射精で、逆流して鼻から精液を零しながらでも精液をできるだけ飲み干して見せてくれ。
何度か射精してお前に飲ませたら、十分に猛っている俺の肉棒を下の口で咥え込んでもらう。
背面座位というやつだ。そのまま背後からお前の胸を揉み込んでやろう。
特に乳首を捻りながら搾乳するようにして、親指くらいまで乳首が勃起するまで揉んでやるぞ。
勃起しても捻る様に揉み込んで反応を見せて貰うがね。
お前はしっかりと下の口で俺の肉棒を搾り取ることを考えていろ。
お前の胸を揉みながら何度も中出しするとしよう。

24 名前:お目付役『リンナ』と『フリッダ』お師匠 投稿日:2021/08/18(水) 23:07:10 ID:JoP3sXog
>>23

「あら、珍しいわねぇ『姉妹』揃っての鑑賞会だなんて」
 地下室で棚の物色をするミリーとレニの背後からフリッダが声をかけると、二人は声こそ出さない物の全身を震わせてから振り向いた。
「ミリーが夜中にこそこそと歩いていたので…」
 レニは言う。
「あらまぁ…こっそり行動するならもう少し周囲に気を配りなさい」
「う、ご、ごめんなさい…」
「まあまあ、で、レニもここに居ると言うことは、事情を知っているみたいねぇ」
 ミシェラの問いに、レニは静かに頷いた。
 もっとも、それはミリーに配慮した形式的なものだ。
 彼女はその生い立ちから、母達のそれに等しい地獄を生きてきたのだから。
「ミリーが叔母様達の艶姿を鑑賞すると…」
「あなたもそう言うのに興味があるのねぇ」
「……」
 沈黙するレニ。
「ふふ。隠さなくてもいいのよぉ。そうそう、すごいレアなフィルムがあるんだけど…」
 ミシェラはそう言うと、一本のフィルムを手に取った。
「レア…ですか」
「ええ。リンナママの映像よぉ」
 彼女の答えに『姉妹』は目を丸くした。
 ここにあるのはミカエラとミシェラの映像ばかりで、リンナの物は見あたらなかった。
「彼女も、戦乙女と共に戦う僧侶だったから」
 ミシェラの言葉で『姉妹』は大体の事情を察知した。


 映像が始まると、全裸の女性の胴体が映し出される。
 100cmは優に超えていそうな張りのある乳房が映し出され、徐々に引いて全身が映し出されるとそれがリンナであることが明らかとなる。
「うわぁ…大きい」
 薄暗い部屋の中。感嘆の声を上げるミリーと、その横で頬を染め何度も無言で頷くレニ。
「薬か何かを使われているのでしょうか?」
「どうかしらねぇ」
 映像が暗転し、コテージのような場所が映し出される。
 窓の外に広がる空は突き抜けるような青さで、そこが南方の何処かであることを示唆していた。
 映像の中では、ベッドの縁に男が腰を下ろし、足を開いている。
 そして足の間にはリンナが跪き、男の股間に顔を埋めていた。


 リンナは口を大きく開け舌を伸ばし、男を扇動するような目つきで見上げながらそのイチモツを舐めあげている。
 以前、敗者の末路を教え込むために見せられた映像とは大違いだ。
 リンナは全体を洗い清めるようになめ回すと、今度はカリに舌の先端をねじ込んだ。
 男の表情は撮されてはいないが、時折彼女の頭をなでるなどしているところを見ると不満ではないようである。
 やがてイチモツの清掃が終わると、添えられた両手を焦らすようにゆっくりと上下に往復させる。
 ガラス細工を撫でるように丁重に、しかしその瞳には挑発はおろか悪意すら感じられた。
「…!」
「…」
 さすがに焦らしすぎたのだろうか、男がリンナの髪をつかみ顔をイチモツに押しつける行動に『姉妹』が息をのむ。
 映像中の男はそして顎を掴むと、そのままイチモツをねじ込み、そのまま腰を突き上げる。
 咽せそうにしているリンナにお構いなしに繰り返すこと十数回。
 焦らされ続けたイチモツはあっさりと達し、彼女の口腔内に、そして首から上に万遍なくしろ化粧を施してゆく。
 何らかの薬物を服用していたのだろうと思えるような長い射精。
 それが終わり、白濁色に染め上げられるリンナの顔が映し出される。
 その表情は無様であったが、彼女が纏う狂気にも似た妖艶なオーラは、その印象を払拭させるには余りある物だった。


 場面はまた変わり、椅子に腰掛けた男の上でリンナが弄ばれるシーンが映し出された。
 男の腰が突き上げられる度に、乳房が大きく揺れ、大きく口を開けて仰け反るリンナ。
 無声のはずが、耳元に彼女の絶叫が聞こえてくる。
「「…」」
 無言で息をのむ姉妹達。
「すごい…」
「ええ…」
 普段一歩引いた所にいて、自分たちの身の回りの世話をしてくれている彼女の変貌ぶりに驚くレニ。
 一方ミリーは過去に盗み見た、彼女とミカエラが地下で逢瀬をする場面を思いだし、そしてフリッダからの『些か過激なスキンシップ』を受けた痕跡を見ても平然としていた事を思い出す。
「お師匠様は、私にもああいうことをするつもりなの?」
「いいえ、私は『お相手』をあんなに雑には扱わないわよぉ」
 映像を指さしながらフリッダは言う。
 指の先ではリンナが突き上げられながら乳房を弄ばれていた。
 しこり立った乳首を乱暴につかまれ、あらぬ方向に引かれる度に悲鳴を上げているのだろうか、目を見開き大きく口を開けている。
「容赦なく、徹底的に、しかし丁重に、心を込めて」
 それが自身の信条だとフリッダは言う。
「ミリーも加わるの?」
「く、加わらないよ!?」
「そう…でも、負けたらああなるのよ?」
「う、うん…その時は…」
 レニの指摘に言葉を詰まらせるミリー。
 映像の男はそんなミリーをあざ笑うかのようにリンナを貫き続けていた。

25 名前:お目付役『リンナ』と『フリッダ』お師匠 投稿日:2021/08/26(木) 08:26:04 ID:88hM5gyw
こちらのコテを取り下げます

26 名前:訳あり戦乙女な少年司祭レイリとヴァレー 投稿日:2021/11/15(月) 06:54:44 ID:lNeWb8uQ
問1:きゃらくたーしみゅれーたー(ttp://nozomi.arege.jp/ro/)の該当イメージへのリンクを晒しなさい
【レイリ(レイラ)】
ttp://nozomi.arege.jp/ro/#FemalePriest0_19Yellow_18827_20115

【ヴァレー(ヴァレリア)】
ttp://nozomi.arege.jp/ro/#FemalePriest1_6White_18827_20115_31084
二人ともアコライトとアリスの装束もあり。

詳細な背格好は此方から。
ttp://moeita.net/cgi-bin/uploader/upfiles/file1615108253.zip


問2:身長は?
【レイリ(レイラ)】
155cmです

【ヴァレー(ヴァレリア)】
160cmだよ

問3:3サイズは?
【レイリ(レイラ)】
測った事はありません。
変身後はB:88 W:63 H:75くらいです
(全体的にちょいムッチリぎみ)

【ヴァレー(ヴァレリア)】
んなもん測ったことねーよ!
変身後は…B:90 W:59 H:81だったかな…
(やや締まっている)


問4:弱点を答えなさい
【レイリ(レイラ)】)
裏路地の露店で買った(というか押しつけられた)ヴァルキリーサークレット…です。
驚くことに本物だったんですが、元に戻れなくなることがあって…
何でかというと、恥ずかしい上に話が長くなるんですが…(後述)

【ヴァレー(ヴァレリア)】
い、言える訳ねぇだろ…(普段は調子者だが、スイッチが入るとしおらしくなる)
それに、あんな怪しい品…


問5:自分の自慢できるところは?
【レイリ(レイラ)】)
よく、いい声だと言われます。
聖歌隊から声がかかったこともあります。
あ、あと…変身後ですが、お、お尻を叩くといい音がすると…

【ヴァレー(ヴァレリア)】
元々はモンクになるつもりだったから、腕っ節があるほうだ…あくまでもアコライトでは、という範疇でだがよ。
色々あってプリになったが、まあこっちはこっちで悪くはないかな、とは思ってる。
変身後の話か?ええと…体つきが締まってるから、多少無茶なプレイも安心して出来るってよ。

問6:どういう風にされるのが好きか答えなさい
【レイリ(レイラ)】)
書庫の地下にある隠し部屋で、化身した状態で大きな机の上に横たえられて抱いていただくのが…
化身無しでも…ですか?お、お鎮めする程度なら…
主様は物好きなお方ですので、応えられるようにならないと。

【ヴァレー(ヴァレリア)】
書庫の地下に、特別なご褒美とかお仕置きとかするやべぇ部屋があるんだよ。
サークレットの力で化身させられてからヤられたりな…
ヴァレーのままの時もあるが、爺さんを前にしていると時々どっちなのかわからなくなる時がある。
あの爺さん、思っていたい条に物好きっていうか変態だが、それを感じさせない品もあるし、相手を思いやった上でじっくりゆっくり引きずり込んで来やがるんだ。


問7:初体験の時のことを語りなさい
【レイリ(レイラ)】
オーク村南に迷い込んで、ゴブリンに襲われているところを主様に助けられた時です。
受けた毒矢が発情する類で、主様に処理してもらったんです。
後は、この前手に入れたヘアバンドで女性に化身してから…

【ヴァレー(ヴァレリア)】
イズルードの海底洞窟でだ…2人の後を付けて、ヒドラに気づかなくてよ…
絡みつかれて、そのまま2人の前で果てさせられた…
それと、変な…ヘアバンドの副作用で女にさせられてだ。


問8:今までで一番気持ちよかったエッチを答えなさい
【レイリ(レイラ)】
…変身してからだと、身体も頑丈になるのもあって主様も容赦はしなくなります…


【ヴァレー(ヴァレリア)】
だから言えねぇっていってんだろー!
あの爺、変身したらしたで大義名分を得たら獣みたいにがっつきやがって…


問9:備考をどぞ
2人はジェダという名の、とある物好きな老ルーンナイトに仕える稚児的な立場の少年プリースト達です。
最近、知り合いの怪しげな商人からヴァルキリーヘアバンドを贈呈されました。
それは本物ではあるものの、付いている曰くから露店に並べる事も出来ない危険物。
しかし物自体は本物であるため、ジェダが預かり稚児2人の寵愛やお仕置き、躾(調教)のために使う事となりました。
もちろん、戦いに用いることも可能です…曰くだらけの品ですが。

ヘアバンドに付いている『曰く』の内判明しているのは以下の通り。
・女体化する。
・セット無しでも発動可能。
・見た目にあまり変化が無い(女体化と目が赤くなるくらい…現状は)
・装備可能レベルが正規品よりも明らかに低い。
・耳が細長くなり性感帯となる。
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)

27 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2021/12/30(木) 18:54:51 ID:L5BX3hgI
年末SS大投下です。命令形式でなく申し訳ない。
>>バルーンアクビ リシア
ttp://moeita.net/cgi-bin/uploader/upfiles/file1640850755.zip
>>訳あり戦乙女な少年司祭レイリとヴァレー
ttp://moeita.net/cgi-bin/uploader/upfiles/file1640857748.zip

28 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2022/03/05(土) 14:22:13 ID:Hot.jtmw
>> 訳あり戦乙女な少年司祭レイリとヴァレー

「あんっ♥ジェダ様っ…いけません♥こ、こんな所でっ♥えっ、本当に止めて良いのか…?ですか…そ、それは…♥」
ある日、レイリとヴァレーは顔見知りの少女ロードナイトが主人と密会している場面に遭遇します。
(※ジェダ様の虜になり過ぎているので云々以下略
仕事にかこつけて時々足を運んでは抜け駆けをしてしている模様。主人と彼女の関係は今に始まった事では無いので珍しい事では無いのですが…

その日の夜、眠りに付くレイリとヴァレーの夢に少女騎士が出て来てしまいます。
しかも夢の中の彼女は2人に欲情している様子で、積極的にレイリとヴァレーに迫って来るのです…
(お2人の彼女に対しての反応やイメージを軽く知りたいので良ければお願いします)

29 名前:訳あり戦乙女な少年司祭レイリとヴァレー 投稿日:2022/03/23(水) 08:26:10 ID:UIKDZkAA
>>28

リリィナ嬢と稚児達の濡れ場がどうにもかけず、とりあえずお二人が彼女をどう見ているか、という部分を何とか書き出したそれっぽい物を小説スレに投下いたしました。

命令趣旨とはかけ離れてしまいましたが、ご笑納いただければ幸いです。

30 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2022/04/03(日) 21:01:17 ID:t6jnMnCM
>>29さん
エチ描写ご馳走様です♥
相変わらずの淫乱騎士で申し訳ありません
ありがとうございました!参考にさせて頂いて…濡れ場はこちらの方で…遠慮なくヤってしまいますね
先に謝っておきますごめんなさい!

名前: コマンド/メール(省略可):
レスを全部読む 最新レス50 レス1-100 掲示板のトップへ リロード

[103:326]【18歳未満進入禁止】みんなで作るRagnarok萌えるエロ小説スレ 十七冊目
1 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2007/11/20(火) 23:22:39 ID:fIjeelgU
このスレは、萌えスレの書き込みから『電波キタ━━━((( ⊂⌒~⊃。Д。)⊃━━━━ッ!!! 』ではない
萌えでなおかつえちぃ描写の含まれる自作小説の発表の場です。

【重要】
18禁レートのスレッドは<<sage進行>>でおながいします。
(ageてしまった場合にはメール欄にdameと入力して書き込みましょう。一番下に下がります)

基本的ルール
・ マターリ厳守
・ 荒らしは完全放置。
・ ROまたは小説と関連のないネタで盛り上がるのはダメ。
・ コテハン叩きも、スレの雰囲気が荒れるからダメ。
・ コテハンの人も、荒れる元になるので暴走したりしないように慎重に発言しましょう。

ローカルルール
・ 萌えだけでなく燃えも期待してまつ。
・ このスレでの『えちぃ』基準は、「手淫」(オナーニ)だとか「目合い」(セクース)だとかのレベルでつ。
・ 特殊ジャンルは苦手な人もいるということを考慮してやってください。
 (タイトルに明記するとか、配慮を)
・ 催促はやめましょう。
 (絵、文を上げてくれる人は自分のプレイ時間を削って上げてくれてます)
・ 感想は無いよりあった方が良いです。ちょっと思った事でも書いてくれると(・∀・)イイ!!
・ 文神を育てるのは読者です。建設的な否定をおながいします(;´Д`)人
・ 文神ではない読者各位様は、文神様各位が書きやすい環境を作るようにおながいします。
・ リレー小説でも、万事OK。

リレールール
・ リレー小説の場合、先に書き込んだ人のストーリーが原則優先なので、それに無理なく話を続かせること。
・ イベント発生時には次の人がわかりやすいように。
・ 命の危機に遭遇しても良いが、主人公を殺すのはダメです。

板内共通ルール:
ttp://www.ragnarokonlinejpportal.net/bbs2/test/read.cgi/ROMoe/1063859424/

みんなで作るRagnarok萌えるエロ小説保管庫(Wiki):
ttp://f38.aaa.livedoor.jp/~charlot/pukiwiki2/pukiwiki.php

前スレ:
【18歳未満進入禁止】みんなで作るRagnarok萌えるエロ小説スレ 十六冊目
ttp://www.ragnarokonlinejpportal.net/bbs2/test/read.cgi/ROMoe/1176575956/


317 名前:駆魔の一族(の中というか背後にいる的な) 投稿日:2019/05/04(土) 16:41:06 ID:u/3wHiXw
コテ設定使って久しぶりにちょろちょろと描いてみました。
魔物が人を調教する何時もの奴ですが


 【縄稽古】

 グラストヘイム城址。
 かって栄華を誇ったであろう巨大な城郭にその面影は無く、妖魔が跋扈する魔窟となった。
 そんな廃墟にアコライトの僧衣を纏う少女が一人。
 ローズキャスケットを目深に被る彼女は容姿こそ窺い知ることは敵わないが、背丈や起伏の乏しさからはまだ年端もゆかぬだろう事が伺える。
 冷気と瘴気混がじり合う、肌を切りつけるような強烈な風が吹きすさむ中で、僧衣の裾とボレロをはためかせながら周囲を見回していた。
「きたぞ…」
 身長よりも遙かに高い書架が並ぶ室内の一角に来ると、少女はキャスケットを脱ぎか細い声で言う。
 紫の髪をの項で切りそろえた、物静かな印象の顔立ち。
「居ないのなら…帰る」
 少女はそう言いながら、ポータルの展開を準備しようとする。
「せっかちは良くないぞクラーラ」
 耳元にしわがれた声で囁かれると同時に、クラーラと呼ばれた少女の背に硬いモノが押し当てられる。
「居なければ…良かったのに…」
「あいにく。こちらとしても、待ち望んでいたのだよ」
 声の主―彷徨うものは、クラーラの背に押しつけていた柄頭を放しながらそう言った。


「では、前回の復習だ。何をされるかは解っているな?」
 彷徨うものが問うと、クラーラは不満げな表情を浮かべながら頷いた。
「そんな顔をするものじゃ無い。お前さんは『自分の意思』でここに来る事を選んだのだから」
 解っているのなら答えなさい、と続きを促す彷徨うもの。
「おじさまに…縄の良さを…教えてもらう…」
 厚ぼったいスカートの裏で膝をガクガクをガクガクと震わせながら答えるクラーラ。
 無理も無い。
 年端も行かぬアコライトが、人の知恵を持った魔物と相対しているのだから。
「間違ってはいない。だが、それだけではないだろう」
 クラーラの答えに、おじさまと呼ばれたさまようものはさらに回答を促した。
 少女は俯いて沈黙する。
 しばらくしてから上げた顔は真っ赤に染まっていた。
「お、おじさまの手で…縛られるのがうれしくて幸せな…なわ…人形にして…もらう」
「よろしい。ではきちんと責任を持って仕上げよう」
 絞り出すような声で答えたクラーラに、彷徨うものは鷹揚に頷いた。


「事を始める前には身体を清めなければならんからな」
 古城の奥に設えられた浴場に連れてこられたクラーラは、そこで僧衣を脱ぐよう命じられた。
 容易くへし折れそうな四肢と、起伏に乏しい乳房、そして確りと凝り立った乳首が露わとなる。
 恥毛は縄の食い込みが映えるよう徹底的に刈り取られ、なだらかな丘陵が露わとなっている。
 彷徨うものは浴槽の傍らに立ち、彼女が沐浴を行う様子を眺めている。
「身体の具合はどうだ?今日の稽古には耐えられそうか?」
「大丈夫」
 吐息が白くなるような中、さらに冷たい水に半身を浸しているはずなのに、不思議と冷たさは無い。
「幼くして僧職の身にはきついと思ったが、なじんでいるようで何よりだ」
 四方に置かれた篝火に照らし出される、起伏の無い白い肉体を眺めながら彷徨うものは言う。
 満たされている水は単なる水では無く妖魔の外法により祝福されし汚れた水だ。
「確りと清めなさい」
「わかっている…」
 感情を押し殺した声で答えながら、掌で水をすくい取り上半身にかけるクラーラ。
 白い肌を伝う水は、かすかに黒みを帯びている。
「素直でよろしい」
 彷徨うものは頷きながらそう言った。


 沐浴を終えると、銀のトレイを手にしたアリスがやって来る。
 そこに乗せられていたのは、真新しいアコライトの僧衣と新しい下着、そして束ねられた赤黒い縄だ。
 アリスはそれらが乗せられたトレイを浴槽の縁に奥と、恭しく一礼しその場を後に下。
 浴槽から上がったクラーラは丹念に身体を拭うと、それらに手を伸ばす。


 パチッ、という音とともにストッキングとガーターベルトが繋がると、彷徨うものが感心し拍手する。
「些か早いと思ったなかなか似合うではないか」
 目の前ではクラーラが黒い上下揃いの下着を纏い、細い足を黒いガーターストッキングで包み込んでいる。
 いずれも装飾のないシンプルなものだが、いずれも素材は上質の絹糸だ。
 彼女はさも興味なさげに、今度は僧衣ではなく縄を手に取ると彷徨うものに向き直りそれ差し出した。
 冷気に包まれたこの空間において、彼女の頬は朱に染まっている様に見えるのは果たして篝火の炎に照らされているからなのだろうか。
「お主は従順なのは助かるが素っ気ない。もう少し感情を表に出すべきだ」
 彷徨うものはクラーラから縄を受け取ると、もはや髑髏同然の口からため息をはいた。
「感情の隠蔽は師への背信行為のようなものではないのかね?」
「今聞いた」
「ああ。今思いついた」
「悪趣味…」
 ぼそり、と呟くクラーラ。
「では、従順なご褒美の方がよろしいかな?」
「どちらでもかまわない。変わらないから」
「そうか。ではおぬしの感情を引き出すよう躾として行おう」
「結局いつも通り」
「ああ。そうだな」
 彷徨うものは頷いた。

 続きます

318 名前:駆魔の一族(の中というか背後にいる的な) 投稿日:2019/05/04(土) 16:42:31 ID:u/3wHiXw
 続きです。ついでにdameときますか


 約束。
 魔物に襲われ命を落としかけたクラーラに、彷徨うものが持ちかけた提案。
 助命と引き換えに自身の弟子となるか、ここで死ぬか。
 クラーラは前者を選んだ。
 彼への師事、それはアマツの『縄』を用いて女性を責め立て、同時に飾り立てる『緊縛』と呼ばれる行為を教わる事。
 それらに快楽と喜びを見出すための稽古を、すなわち調教を受ける事が彼女の務めである。
 体の良い逆キューペットのようなものだったが、クラーラは不満や不快感を明言しつつも、律儀にそれを守り続けている。
「どうだこの縄は?市井で売られているモノとは手間暇が違う」
 どす黒い、と形容できるほどの赤い色をしたそれは、しかし丁寧に編み上げられており解れのひとつ見当たらない。
 彷徨うものは目の前に直立するクラーラに縄の束を見せつけながらそう言うと、彼女の感想を待たずの一端を引っ張り解き始めた。


 しゅるり…
 クラーラの首に縄が巻き付けられる。
 その色は、まるで血を首に纏う様にも見えた。
 縄は自身を彼女の柔肌に沈めながら一周周り、喉元に戻ると結ばれ輪っかとなる。
 首が締まることも無いが、しかし縄を意識せざる得ないという絶妙な具合は、クラーラを不安に駆り立てる。
「心配ない。締まる事はない…どれ」
 彷徨うものはそう言いながら作り出した縄と肌の間に指を差し入れ、くいと引っ張る。
「ひゅっ…」
 気道が締まり、たちまち意識が遠のき始める。
「な?締まっているようでもギリギリ大丈夫だ」
 指が抜かれると呼吸が戻り意識が戻る。
「いずれコレでも物足りなくなる」
 彷徨うものはそう言いながら、正中線に沿って縄を押し当てる。
「痕になっているな…まあ無理もないか」
 体に浮かぶ縄目状の痕に縄を合わせながら彷徨うものは言う。
 縄に染み込んだ闇水の作用により、やけどのような症状が出てしまっているのを2人とも理解している。
 人間の、しかも『ディバインプロテクション』という形でヴァルキリーの加護を受けている聖職者にはその度合いに比例し強烈に作用する。
「人によっては当てたところが焦げるらしい」
 喉元に結び目を作りながら彷徨うモノは言う。
 続いて心臓、鳩尾付近、臍の下と結び目を作ってゆく。
「菱縄?」
「そうだ。お前もこれくらいの縛りは覚えて貰わんとな」
 言いながらしゃがみ込み、クラーラの太股の内側に触れ、足を開かせる彷徨うもの。
 またに通す部分、ちょうど鼠蹊部に当たる部分に連続して結び目を作る。
「それは嫌。歩けなくなる」
「ダメだ。できるよう努力するんだ」
 股を通した縄を首に向け軽く引き上げる。
「ん…」
 下着の布越しに荒縄でできた結び目のゴツゴツとした感触が伝わってくる。
「ロザリンデは如何してる?」
 背中にまわした縄を首に作った輪に通して折り返し、程よく張ってから両方の脇の下から正面へと持って行く。
 ロザリンデとは、彼女の姉だ。
 彼女の家は代々駆魔の家系で、クラーラは今の当主の3人娘の三女。
 ちなみに、当主である父は行方不明で、母が代理を務めている。
「あまりここでの事…話さない」
 縄を先ほど作った結び目と結び目の間に縄を通し、再び背へ。
 胸元に1つ目の菱形が形成される。
「そうか。まあ無理も無いか」
 頷きながら同じ要領で2つ、3つ、と菱形を形成する彷徨うもの。
 彼は別々の事件で次女と三女を自身の支配下に置くことに成功した。
 ちなみに長女と母については、それぞれ別の誰かの管理下に置かれているらしい。
 そして彼は先日自身の管理下にいる2人を引き合わせた。
 末娘はある程度達観していたようだが、次女のクラーラはそれをするには時期尚だった。
 激高し、罵ってきたが『約束』の一言で一応の収まりはついた。
(ふむ…やつにやらせてもいいが、双方とももう少し躾んとな)
 思案しつつ縛り終え、余った縄背筋に沿って這う縄に丁寧に編み込む。
「よしできた」
 そう言って彼女の背中をぽんと叩く。
 目の前にはどす黒い、まるで欲望を具現化したかのような赤黒い縄に絡め取られたクラーラの姿があった。
 ゆらゆらと揺れる篝火の明かりと、縄が肉付きの薄い体に食い込む事で形作る印影が彼女を大人びた印象に見せる。
「ありがとう…ござい…」
 クラーラが一礼しようと体を傾けると、股に這わせた縄がきゅっと食い込み彼女を苛む。
「どうした?礼も言えぬ不心得者でも無かろう?」
「ごめん…なさい」
 歯を食いしばり、一礼するクラーラ。
 膝が震える。
「よろしい」
 彷徨うものは鷹揚に頷くと、床に置かれた僧衣を手に取り彼女に差し出した。
 彼女はもう一度ゆっくりとした動作で一礼しそれを受け取ると、緩慢な動作で袖を通し始めた。

319 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2019/11/27(水) 11:36:00 ID:W3gF8fJY
これなら書けそうかなとおもってたら、残念なことになってたので
設定を変えて再利用したので供養。。

ttp://moeita.net/cgi-bin/uploader/upfiles/file1574821737.zip

320 名前:人造戦乙女姉妹と母親達の中のヒト 投稿日:2020/07/01(水) 00:13:34 ID:7j6xu1rM
永遠に進展も需要もなさそうなのでうちの子(コテ)で軽めの敗北エロをば。

ttp://moeita.net/cgi-bin/uploader/upfiles/file1593529868.zip

321 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2020/08/30(日) 12:53:51 ID:ryt21bZg
触手が忘れられない子の後日談をぺたり

ttp://moeita.net/cgi-bin/uploader/upfiles/file1598757918.zip

322 名前:人造戦乙女姉妹と母親達の中のヒト 投稿日:2021/07/29(木) 22:59:57 ID:HtlqHGZw
書いている内に逸脱しすぎてるな、となってしまったのでこちらに。

【お師匠様のお誘い】

「……」
 館の地下にあるミリー『専用』の部屋。
 フィルムをこっそり視聴していた『団欒の間』よりも一回りほど小さな部屋。
 彼女は力が解放され豊満となった肉体にエプロンドレスを纏い、同じ衣装を纏ったフリッダと共にそこにいた。
「緊張している?」
 姿見の前に立つ愛弟子の背後に立ち、彼女の両肩に手を置き問う師匠に、彼女は無言でうなずいた。
 彼女がここにいるのは、師の『お誘い』を断れれなかった…いや、断らなかったからだ。
「こっち用のエプロンドレスを用意しておいた甲斐があったわねぇ」
 フリッダは楽しそうな声色でそう言いながら、彼女のエプロンとワンピースの隙間に手を差し入れたわわに実った肉果実を愛撫する。
「お、お師匠様ぁ…?」
 戸惑い、うわずった声を上げるミリー。
「ふふ。ごめんなさいねぇ」
 愛撫を止めつつも、手はそのままで謝るフリッダ。
 そんな師に、ミリーは改めて彼女が半分とはいえ『サキュバス』で有ることを改めて思い知らされる。
「貴女達もいつか、ミカエラやミシェラみたいに辱めを受けることになるでしょう」
 フリッダは彼女の胸に添えていた両腕を腰に回し、そのまま背後から抱きしめながら言う。
「はい…」
 ミリーの脳裏には、あの手この手で辱められる母の姿がフラッシュバックする。
「奴らは貴女達の心を壊しにかかったり、隷属させようとあの手この手であなたを責めるでしょう」
「わ、わかってます…」
 母達の痴態を目の当たりにした以上、自分は決してそうならない、とは言い切れなかった。
「これは、貴女をこちら側につなぎ止めるためでもあるの」
 フリッダは言う。
「はい…」
 フリッダの言葉に、ミリーは神妙な面持ちでうなずいた。


 部屋の中に、彼女の嬌声が響きわたる。
「良い顔よぉ。声ももっと聞かせて」
 ミリーを愛撫をしつつ、時折俯きがちになる彼女の顎に手を添えて姿見の方を向かせるフリッダ。
「ん…つ…はぁ…っ」
 背中には柔らかな肉果実の感触。
 それらを感じながら、敬愛する師匠の愛撫を受ける悶えるミリー。
 普段の、鍛錬後のスキンシップ(とあくまで師匠は主張する)とは異なる本格的な愛撫にミリーは何度も意識を手放しそうになる。
「ほら。これくらいで気をやっていたら、簡単に妖魔の責めに屈してしまうわよぉ」
「はい…っ!」
 胸元に官能以外の感覚、痛覚が迸り、蕩けていた意識が覚醒し、同時に全身をビクリと震わせた。
 フリッダが服の上から乳首をつねりあげたのだ。
「あら、素質があるのかしらぁ?」
 言葉と共にエプロンの肩紐をはずし、胸元をはだけさせる。
 そしてワンピースの胸元に指を添え、ひとつ、ふたつとボタンを外して行くフリッダ。
 胸元が割開かれ放漫な乳房が現れると、フリッダは爪で直接先端をつねりあげる。
「い…っ!」
 これまでとは異なる、鋭い痛み。
 しかし、火照った快楽と蕩けた理性はそれにすら僅かな快楽を見いだしてしまう。
(ミシェラの血、かしらねぇ)
 フリッダは目を細めながら、乳首を苛んだまま細長い耳に口づけをする。


「ぐ…っ!」
 痛みの中、耳から迸る官能に耐えきれず悲鳴を上げるミリー。
「お、おししょ…だ、だめ…っ」
「こらえ性がないわねぇ。妖魔は容赦ないわよぉ?」
 ミシェラの映像を思い出しなさい。
 乳首への加虐を止め、愛撫しながら耳元でささやくフリッダ。
 視聴回数は数回にも満たない。
 しかし、ミカエラのものと異なり彼女は苦痛を加えられてなお不敵に、あるいはそれすらも愉しんでいる節が見受けられた。、
 乳房に釘を打たれ、乳首を円環で彩られている最中もその表情を大きく歪めなかったほどだ。
「あいつ等は貴女達を壊す。でも、私達は貴女達を愛するわ」
 フリッダは言う。
 項に口づけを落としながらミシェラは言う。
 ミリーはくぐもった声を漏らしながら何度も頷いた。


「う…お、お師匠様ぁ…」
 姿見の前で前屈みとなり、ぎゅっと裾を握りしめ、半泣きになりながら助けと許しを乞うミリー。
 そんな彼女を見て『これは少し早かったかな』と思うフリッダ。
 しかし直ぐに気を取り直し、鏡越しに彼女と目を合わせる。
「さ、見せてごらんなさぁい」
 フリッダが促すと、ミリーは小さく頷き一拍置いてからスカートをゆっくりとたくしあげる。
 舞台の緞帳のように白と紺色の布地が持ち上げられ、白いストッキングに包まれた足が露わとなる。
 布地は上がり続け、やがてストッキングと合わせたショーツが露わとなった


「良くできました。割と欲求不満だったのねぇ」
 持ち上げられたスカートとエプロンの裾を、エプロンの帯に挟み込みフリッダ。
 そして『よくできました』と耳の先端に口づけを落とすと、ミリーの『それ』がピクリと震える。
「あらぁ、正直でよろしいわぁねぇ」
 目を細め喜ぶフリッダ。
 そこにあったのは、ショーツの裾から顔を出す、彼女は持たないはずの男性器。
 肉芽とその周囲を変異させ、そう仕立て上げるタイプの術式のものだ。
「変身前だと、年相応に皮も剥けてないのだけどねぇ」
「だれにか…したんですか?」
「ミシェラよぉ。昔ね」
 その回答に、ミリーは安堵した。
「さあ、お楽しみはこれからよぉ」
 フリッダは弟子のショーツをずり下げ、仮初めのイチモツを姿見の前にさらけ出した。


「ん…っ…ひっ…い」
 疑似男根に触れるフリッダの手が前後に動く度に悲鳴を上げるミリー。
 本来あるはずのない器官からもたらされる、尿意に似た快楽に彼女の精神は翻弄される。
「いきなりこう言うのも…性急だけれども…男の喜ぶツボは…っ…知っておいて損は無いわよぉ…」
 扱く手を止めずに言うフリッダ。
「お、お師匠さ…な…」
「ええ。いいわよぉ。感覚を委ねなさい」
 びくびくと蠢動し始めるイチモツ。
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)

323 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2021/12/30(木) 16:23:48 ID:2JJANj.s
命令スレの方の小説がこんなとこで読めるとは!

324 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2022/01/07(金) 07:51:07 ID:LOSBc7H.
命令こなくて暇な時少しずつ書いてたやつなのです。
別スレにショタプリ2人の話もありますのでご笑納いただければ幸いです。

325 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2022/04/30(土) 21:01:46 ID:/oECRuX.
のべりすとちゃんにどハマりしたので書いてみました
番外編?のようなナニカ。

リリィナ対ダークナイト(1/2)

 プロンテラ騎士団は日々、街の治安を守っている。その一環として少女騎士は今日も巡回をしていた。
 彼女の名前はリリィナ・クロノ。プロンテラ騎士団に所属する若き女騎士だ。
「異常無し、今日も街は平和ですね」
 そう呟いて彼女は歩く。美しい顔立ちの少女だった。腰まで伸びた金髪はとても美しい。そして大きな胸がたまらない魅力を放つ。
「それは良い事なのですが…」
 リリィナの表情が曇る。近頃プロンテラ近郊では漆黒の騎士が暗躍しているのだ。
 彼は凶悪な男であるらしく、多くの被害が出ている。騎士団の仲間も何人も返り討ちにされて酷い目に遭っていた。
 この前などは姉のミラリーゼまでもが襲われたという情報が入っている。幸いにしてミラリーゼは無  事だったが、犯人はまだ捕まっていない。
 このままではプロンテラの街の治安が悪化してしまうだろう。リリィナは心配していた。
(……早くあの男を捕まえないと…)
 その時だった。大通りの方から声が上がる。
 何があったのか?リリィナは走って確認する。するとそこには見慣れない光景が広がっていた。
「っ…!?こ、これは一体……」
 男が数人倒れている。その中心には一人の男がいた。全身黒ずくめの不気味な格好をした男だ。男は黒いマントに身を包み、仮面をつけていた。
 まるで影がそのまま人になったような不気味さだ。
 リリィナは男は地面に倒れる一人に近づく。どうやら気絶しているだけのようだ。
(良かった…息がある…でも…)
 不意の遭遇、周囲には複数の負傷者、逃げ惑う人々。目の前の男が件のダークナイトである事は明白だが状況が悪い。しかし、相手は容赦なく襲って来た。
「くぅッ!」
 背後からの一撃を避ける。その動きを見ただけで相手が只者ではない事が解った。明らかに戦いに慣れた人間の動きだ。
 リリィナは剣を構える。
「覚悟して下さい!貴方が何を企んでいるか知りませんが、ここで倒させて貰います!」
 叫ぶと同時に走り出す。相手の実力は不明だが、まずは先手を取るしかない。一気に距離を詰めて斬りかかる。
 しかしダークナイトはその攻撃を読んでいたようで、あっさりと避けられてしまった。
「!?っきゃあああぁっ!?」
 反撃をもろに喰らい、リリィナの鎧の胸部が砕かれる。
 露わになる乳房を隠そうとするが、ダークナイトは許さない。
「あううっ!!な、なにっ、してっ…ひゃああっ!!」
 両手を掴まれ、拘束されてしまう。そしてそのまま乱暴に揉みしだいてきた。
「んううううっ!!!や、やめてえぇっ!!」
 戦いの最中だというのに、リリィナは甘い声で喘いでしまう。必死に抵抗しようとするが、ダークナイトの力は強く振りほどけない。
 それどころか、乳首を摘ままれてしまい力が抜けてしまう。さらに、胸の先端からは白い液体が滲み出してきた。
「う、嘘っ、どうしてこんな時に母乳がっ……は、離してっ、離してくださいっ!」
 ダークナイトの手を振り払おうとするが、逆に腕を押さえつけられてしまう。
 そして、噴水前のベンチにリリィナを抱えたまま座るとダークナイトはそのまま彼女の豊満な胸に吸い付いた。
「いやっ、だめっ、そんなのダメですっ、お願いだから吸わないでくださいぃっ!」
 ダークナイトは構わずに激しく責め立てる。敵の愛撫であるというのに、感じまくってしまう敏感な少女騎士…やがてリリィナは耐え切れず絶頂を迎えた。
「やっ、やだっ、もうイヤなのにっ、またイっちゃうっ、イクっ、イッちゃうぅぅっ!!!」
リリィナはイカされ、噴水のように愛液を吹き出して痙攣した。噴き出したミルクがダークナイトの顔にかかる。
 その一部始終を遠巻きに眺めている市民達。彼らは美少女騎士の痴態のあまりの淫靡さに顔を赤らめ、股間を熱くさせていた。
「ああ、そんな…リリィナちゃんが……」「くっ…なんて卑劣な奴なんだ……」「俺達が助けないと……」「でも、どうやって……」
 口々に呟く彼らの前で、リリィナは再びダークナイトの膝の上に抱えられていた。

326 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2022/04/30(土) 21:02:24 ID:/oECRuX.
リリィナ対ダークナイト(1/2)

「ううっ……」
 恥ずかしそうに目を伏せるリリィナ。彼女は先程の戦闘で鎧を破壊され、スカートも切り裂かれてしまっていた。
 そのせいで剥き出しの豊かなバストが衆目に晒されてしまっている。しかも、それだけでは飽き足らず、ダークナイトは彼女の秘所に指を入れていた。
「んんっ、そ、そこは……あんっ、ダ、ダメですよぉ……ひゃんっ!」
「くくく……いいぞ、もっと鳴け。」
ダークナイトは楽しげに笑うと、リリィナの膣内から溢れ出た蜜を掬って舐める。
「ううっ……お、覚えていなさい……いつか必ず、貴方を倒してみせます……」
 涙を浮かべながらも、リリィナは決して屈しない。
 だが、それがダークナイトの嗜虐心を煽る事になってしまった。ダークナイトはリリィナの脚を開脚させて市民達に見せ付けるようにしながら、露出させたペニスを擦り付ける。
「ううっ、嫌ぁっ!見ないでくださ……あぁんっ!騎士の私が…悪党のなんてぇっ…いれちゃぁっ…やっ、あぁっ、んんっ!」
 そして一気に挿入すると、激しく腰を打ち付け始めた。
「ひゃああっ!!あっ、やあああああんん!!」
 ダークナイトは容赦無くリリィナを攻め立てていく。リリィナの巨乳がぶるんと揺れた。
 敗北したリリィナと勝者であるダークナイトは市民の目の前で絡み合う。
 リリィナが悲痛な叫びを上げる度に、民衆達はごくりと生唾を飲み込んだ。
「ああぁっ、ダメっ、ダメですっ、私っ、こんなので気持ちよくなってなんかぁっ……はああぁっ!」
「ほら、お前の大好きなおっぱいをこうしてやるよ!」
ダークナイトはリリィナの乳房を揉みしだき、乳首を摘まみ上げる。
 同時に膣内の弱い部分を突かれると、リリィナは仰け反り絶頂を迎える。
「やあああぁっ、こ、こんな男なんかにいっ…またあぁっ♥いっ、イクううううっ♥んやあああああ!!!!!」
 噴水のように母乳を吹き出すリリィナ。それを見ていた人々は興奮し、我先にとダークナイトとリリィナに群がった。
「はぁ、はぁ、すいません、リリィナ様…」「ごめんね、リリィナちゃん……」「も、もう我慢できない…!」
「!いやあぁっ、み、皆さん…ダメですうっ…♥はあああぁん♥い、やぁっ…ど、どうして……」
 市民達はリリィナの巨乳にむしゃぶりつき、勃起した肉棒を突き付ける。
「ふぅっ、ふぅっ、はぁっ……リリィナ様……!」「うわっ、すげえ……リリィナ様にこんな事していいのか?」「ううっ、でも、もう止まらないんだ……!」
「いやああっ、そんなのっ、だめっ、許してくださ……きゃううんっ!?」
今もなおダークナイトに犯され続け、敏感になった身体に次々と刺激が与えられる。
「くくく、良かったじゃないか、守るべき市民の皆に可愛がられて。膣内は物凄い締め付けだぞ」
 ダークナイトはリリィナの耳元で囁く。リリィナの豊満な胸が、市民達の唾液に塗れてぬらぬらと光っていた。
「ううっ、そ、それはぁ……ひゃあんっ!」
 市民達が更に強く左右の乳房を吸い上げ、リリィナは喘ぎ声を上げて凌辱者のモノを更に締め上げる。
「ロードナイトともあろう者が、市民共に性欲の捌け口にされて乳吸いまでされて、挙げ句の果てにそのおまんこには敵のチンポがずっぽりと挿入されているとはな。全く、恥ずかしいと思わないか?んん?」
 ダークナイトはそう言いつつ、腰の動きを強めてピストン運動を繰り返す。
「はぁんっ、そ、それ、はぁっ、あなたのせいで……はああぁっ!」
「そうだな、俺がお前に敗北を与えたせいだ。だから責任を取って、たっぷりと種付けをしてやる。
 ダークナイトはリリィナの巨乳を強く握りしめたまま上下の腰を振り続ける。その度にリリィナの子宮口が亀頭にキスをする。
「いやああぁっ♥貴方みたいな悪党にっ、中出しされるなんてぇっ♥やああぁっ!イヤ、なのにいっ…どうしてぇっ♥んやああぁっ♥」
 言葉とは裏腹に勝者に屈服し、精液を搾り取ろうとするかのようにリリィナの膣壁が激しく収縮する。
 リリィナの乳房を吸っている市民達も負けじと乳首に噛み付き、思い切り吸い上げた。
 乳腺から勢い良く母乳が吹き出していく。
「はぁっ、はぁっ……あぁっ♥あぁっ♥もう、ダメですっ、イキますっ、私っ、イッちゃいますうっ!」
 市民達に全身を弄られ、ダークナイトに膣内を激しく犯され、リリィナは限界を迎えようとしていた。
「ははは、いいぞ。プロンテラ市民憧れの美少女巨乳ロードナイト様に悪党ザーメンを注いでやる。」
 嗜虐の笑みを浮かべるダークナイト。市民達に結合部を見せ付けてスパートし、そしてリリィナが絶頂に達すると同時に、ダークナイトはリリィナの子宮口を押し潰しながら射精した。
「ああっ、やっ……!イクッ、イクうううううっ!!あああああああああーっ!!」
 どくんどくんと脈打つ肉棒を感じ取りながら、リリィナも絶頂を迎え、大量の白濁が流し込まれていく。騎士である彼女が戦いだけではなく雌としてもダークナイトに屈服させられた瞬間でもあった。
リリィナの乳房を吸っていた市民達は、特等席で彼女の絶頂を見届けた。
「ああ…リリィナ様が……!」「あんなに感じて……!ううっ、俺たちの事を守る為に……!」「くそ、悔しいぜ……」
 市民達は口々に言う。しかし、彼らの股間ははち切れそうなほどに勃起していた。
「はぁー、はぁ、はあぁ……♥」
 ベンチの上でダークナイトに抱えられたまま、余韻に浸り、放心状態のリリィナ。凌辱者がペニスを引き抜くと、どろりと精液が溢れ出た。
(やあっ…私…こんな男にっ…………)
 敗北したショックと、衆人環視の中で凌辱された羞恥で涙ぐむ。そんなリリィナを見て、ダークナイトが笑う。
「くくく、気に入ったぞ、騎士団のロードナイトリリィナ。また合間見えようじゃないか、なにすぐに逢えるだろうさ」
 そう言ってダークナイトはマントを翻して去っていく。その後ろ姿を眺めることしか出来ないリリィナ。

「はぁ、はぁ……待ってください、私は、貴方にだけは絶対負けませんっ!」
 リリィナの叫びは虚しく響き渡るだけだった。間も無くして騎士団の仲間が駆け付けて来て、リリィナを救い出した。
 こうして、リリィナとダークナイトの因縁は始まったのだった。

名前: コマンド/メール(省略可):
レスを全部読む 最新レス50 レス1-100 掲示板のトップへ リロード

[104:609]短期お相手募集&イベント告知スレ 第40夜
1 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2010/10/31(日) 21:53:19 ID:oKKhoMrs
ここはRO内での萌え仲間の募集(短期間のもの)及びミニイベントの公知をするスレです。
募集テンプレは>>2、テンプレ記入例は>>3、関連リンクは>>4にあります。

・共通ルール(ttp://www.ragnarokonlinejpportal.net/bbs2/test/read.cgi/ROMoe/1063859424/2n)
・ジャンルの制限はありません。萎える募集を見つけたときは、脳内・IDあぼーんなどを
フル活用しましょう。愚痴・煽り・叩き・特定ジャンルカエレなどは放置プレィで。
・募集相手が見つかったら、具体的な日時などは待合いBBS( >>4 )で決めましょう。
・あくまで基本は一夜限りですが、再会希望・逆指名など、どうしても「もう一度会いたい!」という場合は
 上記とは別に待合BBSをご用意しています。そちらをご利用ください。
・スレ消費を抑えるためにも、余分なレスを喚起するような募集は控えてください。
・普通のPT募集はにゅ缶の募集スレなどへ。
・気長にじっくり募集したい方はパートナー募集スレへ
・公衆の前でオープン発言によるエロネタ・エロチャは控えましょう。
・チャHの最中に相手に無断でログアウトするのは、相手に対して失礼です。
 続けられないのであれば、その旨を伝えてからログアウトしてください。

・関係はRO内のみでの完結が基本です。
 中の人の指定は時間指定ぐらいはいいですが、性別や年齢、住んでいる地域など禁止です。

※あくまでも一夜は一夜、後腐れのない関係が基本ですのでご注意を。
 みんなが安心して気軽に利用できるものにしていきましょう♪

 「もう一度会いたい!」というものに関しても、一夜のお約束は忘れずにね♪

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−注意−−−−−−−−−−−−−−−−−−
・メイン鯖のメインキャラ及び晒されて困るキャラでの募集・応募は避けてください。
・ギルドエンブレムを背負ったキャラでの募集、応募は避けてください。
・晒されても構わないキャラで募集・応募するよう心掛けてください。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


600 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2017/06/29(木) 23:39:03 ID:XQG.0H6U
【募集内容】えっちでやさしいおねーちゃん
【鯖】どこでも
【募集者の容姿】♂ノビ
【求める相手の容姿】♀キャラ
【ロールプレイ】チャH
【時間帯】今から
【募集期間】取り下げるまで
【その他】中の人が18歳未満の方はご遠慮ください。

弟を溺愛していて、えっちなことをいっぱいして
甘やかしてくれるおねーちゃんを募集します〜。

NGは痛いことと汚いことです。よろしくお願いします。

601 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2017/10/17(火) 18:14:45 ID:rEuZmwIU
601が使われているのでレスを消費します。

602 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2017/10/17(火) 18:18:49 ID:rEuZmwIU
【募集内容】一夜のお相手
【鯖】どこでも
【募集者の容姿】♀キャラ(基本的には一次職キャラとなります
【求める相手の容姿】問いません
【ロールプレイ】チャH・RP
【時間帯】今から
【募集期間】取り下げるまで
【その他】中の人が18歳未満の方はご遠慮ください。

少し切なくなってしまったので、優しく抱いて下さる方を募集します。
NGは痛い・汚いです。
無作法はご指摘頂ければ直しますので、色々教えて下さい。
よろしくお願いします。

ttp://moeita.net/cgi-bin/patio/patio.cgi?bbskey=3&mode=view&no=4716

603 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2017/11/23(木) 16:21:13 ID:PqpmzzNg
【募集内容】一夜のお相手
【鯖】どこでも
【募集者の容姿】♀キャラ
【求める相手の容姿】♂さん(できれば1次以上。必須ではありません)
【ロールプレイ】チャH・RP
【時間帯】今から
【募集期間】取り下げるまで
【その他】中の人が18歳未満の方はご遠慮ください。

なんだかちょっと自棄な気分になっているので、滅茶苦茶にしてくれる方を募集します。
NGは極度の痛い汚いになります。
よろしくお願いします。

ttp://moeita.net/cgi-bin/patio/patio.cgi?bbskey=3&mode=view&no=4717

604 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2017/11/29(水) 16:47:45 ID:rDd9AUiQ
【募集内容】一時のお相手
【鯖】どこでも
【募集者の容姿】ふた♀
【求める相手の容姿】♀
【ロールプレイ】チャH
【時間帯】今から
【募集期間】取り下げるまで
【その他】中の人が18歳未満の方はご遠慮ください。

甘めな設定が好きです。
私はS寄りかもしれませんが
受け攻め変わってもOKです。
お互い何度も絶頂迎えるようなプレイが好きな方だと嬉しいです。

NGは痛い、汚いです。
内容はお会いした際に相談させてください。

よろしくお願いします。

605 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2019/01/08(火) 01:33:33 ID:wWZgyA2Q
【募集内容】一時のお相手
【鯖】Breidablik
【募集者の容姿】】♀
【求める相手の容姿】
転生二次職以上の♂さんまたは、攻♀さん(ふたさん)
※雑談だけの場合は、♂♀さん問いません。
【ロールプレイ】雑談、チャH
【時間帯】今から
【募集期間】取り下げるまで
【その他】中の人が18歳未満の方はご遠慮ください。

のんびりとお話など如何でしょうか?
そういう雰囲気になった際は、最後までなどなど。
えっちはいちゃいちゃで甘々な感じが好みです。
痛いのや汚いの、オラオラ系?の攻めさんはNGです。
その他詳細などは要相談とさせて下さい。

ttp://moeita.net/cgi-bin/patio/patio.cgi?bbskey=3&mode=view&no=4719

606 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2019/04/07(日) 21:51:18 ID:1wAkfgG.
【募集内容】一時のお相手
【鯖】Breidablik
【募集者の容姿】】♀orふた♀
【求める相手の容姿】♀orふた♀
【ロールプレイ】雑談・チャH
【時間帯】今から
【募集期間】取り下げるまで
【その他】中の人が18歳未満の方はご遠慮ください。
2週間無料ということでものすごーくぶりにブレ鯖で新規作成してみたマジ子です。
あえてサイトとかなにも見ずにとことこ散策してみてたけど不意に人恋しくなってしまい募集してみます。
落ち合う場所等詳細はご相談で(当方新規作成ですのである程度はご考慮を・・・)。

ttp://moeita.net/cgi-bin/patio/patio.cgi?bbskey=3&mode=view&no=4720

607 名前:606 投稿日:2019/09/23(月) 19:47:00 ID:depF/YEo
2次キャラ(ダンサ、ケミ)が残っていたのでTrudrにて再募集しますね。

608 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2022/03/07(月) 01:56:06 ID:HZhdmMd2
【募集内容】一時のお相手
【鯖】どこでも
【募集者の容姿】】♀
【求める相手の容姿】問いません
【ロールプレイ】雑談、猥談
【時間帯】今から
【募集期間】取り下げるまで
【その他】中の人が18歳未満の方はご遠慮ください。

久しぶりのプレイでちょっとした雑談等の相手が欲しくなり、
募集させていただきます。
短時間かもしれませんが、よろしくお願いします

ttp://moeita.net/cgi-bin/patio/patio.cgi?bbskey=3&mode=view&no=4721

609 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2022/05/02(月) 00:56:24 ID:Ed3gRsjQ
【募集内容】一夜のお相手
【鯖】どちらでも
【募集者の容姿】♀
【求める相手の容姿】どなたでも
【ロールプレイ】雑談・猥談 他は要相談
【時間帯】今から
【募集期間】取り下げるまで
【その他】中の人が18歳未満の方はご遠慮ください。

一時の間お相手していただける方を募集します。
雑談・猥談をメインで、ほかは流れ次第・お互い気が乗ればでお願いします。

それでは、よろしくお願いします。


ttp://moeita.net/cgi-bin/patio/patio.cgi?bbskey=3&mode=view&no=4722

名前: コマンド/メール(省略可):
レスを全部読む 最新レス50 レス1-100 掲示板のトップへ リロード

[105:36]ここから言いたいことを言って逃げてもいいスレ in 萌え板 02
1 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2021/05/13(木) 00:18:02 ID:gFQVNwRE
(」゚ロ゚)」<


27 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2022/03/16(水) 21:21:09 ID:ifJ4bf5Y
ひそ
ドット絵が仕上がっても命令枠がないから投げつけられない本末転倒

28 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2022/03/20(日) 00:46:56 ID:EfyX9Uvw
みっそりと
ひいひいいいながら書いてる

29 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2022/03/20(日) 08:33:19 ID:DEEU60GY
実は今回うpだけはしてある罠

30 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2022/03/23(水) 01:54:04 ID:ctzoZZTU
ひっそりと
ひゃあ、いいみせかた

31 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2022/03/23(水) 08:27:48 ID:UIKDZkAA
(」゚ロ゚)」< いそがしすぎるんじゃぁ

年度末の魔物は手強いorz

32 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2022/04/03(日) 07:50:28 ID:uO8C7IAs
何の写真ってエロ小説スレの>321(ぁ
あ、触手写って無かったもんな!わからなくてもしょうがないよな!(DA

33 名前:城下町の人 投稿日:2022/05/02(月) 17:15:53 ID:mMS/IFq2
(AA略)
リリィナさん命令お疲れです!
稚児達の内面は(現状は)まさにあんな感じです。
どんなにハードでも作者的には『あの爺さんだし』な感じなんですw

そして小説スレでも投下乙でした。
あれは新しいフックと見てよろしいので?

34 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2022/05/03(火) 00:06:28 ID:9/bOd1Ug
(」*'ロ'*)」<乙ありです!色々と許容して頂いてありがとうございます。楽しく書きました!
とうとう手を出してしまいましたね…

あれは命令者さんの居ない状況での名有りの相手役を作っておきたくて…ああなりました。
命令のとっかかりに使えそうでしたら、全然使っていただいて…むしろそうなると捗ります。
変な部分が多すぎるので修正と加筆もして…続きも外部に投稿しようと思っています。

35 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2022/05/03(火) 00:17:39 ID:sNbzn75o
ほわぁ…皆次のステージに進んでってるなぁ。
おいらはコテが壊滅(文章回りの劣化がひでぇんですわ。いくつかのコテに命令残っててオチがつけられてないの申し訳ないです。)な上にドットも数が出せてないからなぁ…

36 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2022/05/03(火) 21:47:59 ID:sLX.J7zA
みっそりと
お名前をつけるのがトレンドだけど、思い付かないぐぬぬ

名前: コマンド/メール(省略可):
レスを全部読む 最新レス50 レス1-100 掲示板のトップへ リロード

[106:966]【18歳未満禁止】チャット内秘事スレその四夜【絶対dame】
1 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2007/05/11(金) 09:09:29 ID:VtD0HLwA
18歳未満の方はご利用をご遠慮くださいませ。

・ここはチャット内での秘め事について語る場所です。
・皆様方には、紳士淑女たる大人の対応をお願いいたします。
・人には様々な嗜好がございます。
 ご理解のほどを何卒よろしくお願いいたしします。
・無理なお誘いなどはなさらぬようにお願いいたします。
・dame進行を厳守でお願いいたしします。

それではどうぞ・・・・・


957 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2017/06/21(水) 16:31:14 ID:L2llK84A
まだRoにも秘め事ギルドとかあるのかなー

958 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2019/01/22(火) 18:09:51 ID:GTmPnpAo
もう書き込んでから2年近く経つのか
あの時思い切って話しかけてみてよかったよ
今では大事なエロ仲間です

959 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2019/05/27(月) 02:19:26 ID:JWFNwtrU
シグ鯖の若桜 雪占とか使ってる奴多いんかな?
ギルドの連中にもバレてる見たいだし相当だよな

960 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2019/06/03(月) 08:21:17 ID:kOwFGbXg
>>959
ここにも出たのか

私怨晒しっぽいし一般垢の人だから間違えて突撃せんようにな

961 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2019/06/09(日) 02:07:00 ID:/cthwxoU
はいはい一般垢一般垢

962 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2020/07/14(火) 20:18:43 ID:GEhoHvis
最近ブレ鯖プロの中央カプラ付近によく居る金髪の狐耳連で抜かせてもらってる
初々しさがいいな…

963 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2020/12/06(日) 08:13:59 ID:aJEdW8aA
夏目彩春

964 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2021/05/02(日) 23:51:39 ID:bwr.E8nU
?送?:magnet:?xt=urn:btih:522B97AC03CE18C11C97E4E7200B285B54F3598B

965 名前: 投稿日:2021/06/20(日) 13:28:31 ID:TegurLtE


966 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2022/06/02(木) 15:26:37 ID:xalhQREs
乙アリス 新作magnet:?xt=urn:btih:3031FE495F4FA3BCC1BE977E919A2997514682DF&dn=MVSD-504[doge]白

名前: コマンド/メール(省略可):
レスを全部読む 最新レス50 レス1-100 掲示板のトップへ リロード

[107:84]【18歳未満進入禁止】総合命令スレ33【inハァハァ鯖】
1 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2021/12/26(日) 19:25:56 ID:ZpSoQ3Lk
ここはハァハァ鯖に住んでいる住人にあんな命令こんな命令いっぱいして、
ハァハァしたり、ハァハァを鎮めるスレです。
ここでは職や種族の境界はありません。総合スレです。
ですが、職系のスレが有る場合(弓職・聖職者など)はその職系のスレにお願いします。

★板共通ルール★
・ttp://www.ragnarokonlinejpportal.net/bbs2/test/read.cgi/ROMoe/1063859424/2
・マターリ厳守。
・荒らしは完全放置。
・ROと関連のないネタで盛り上がるのはダメ。
・コテハン叩きも、スレの雰囲気が荒れるからダメ。

ほかテンプレは>>2


75 名前:騎士団のロードナイト リリィナ 投稿日:2022/06/05(日) 19:31:39 ID:Xjdkdq76
>>73さん2

人気の無い森の奥まで来るとペコペコを降り、お姉ちゃん騎士を手近な木に押し付ける73君。
「リリィナお姉ちゃん。僕にどうして欲しいの?言ってみてよ?」
73君はズボンを脱いで肉棒を取り出す。その大きさは既に勃起しており、先走り汁が垂れている。
それを見ただけでこれまでの少年の貪りを思い出してリリィナの子宮がきゅんきゅんとうずく。
「……い、挿れて……下さい……」
リリィナは恥ずかしそうに言うと自ら足を開いてスカートを捲り上げる。
そして両手で自らの秘所を広げ、ヒダの一枚一枚が見えるくらいにまで広げた。
「お、お願いします……私のここを……73君のおチンポで犯して…ください……!」
顔を真っ赤にして懇願するリリィナ。少年はその言葉を聞くと、リリィナの腰を掴んで一気に挿入した。
「んああぁっ♥あぁっ……すごいっ♥奥まで来てますぅっ♥」
待ち望んだ少年のモノで貫かれ、リリィナは大きく背中を仰け反らせて悶える。
そんなリリィナの反応を楽しむかのように、少年は激しく抽送を開始した。
「また僕のチンポに勝てなくておねだりしちゃったねぇ、リリィナお姉ちゃん♪」
「い、言っちゃダメですっ……♥あぁっ♥」
パンパンパンパン!と音を立てて腰を打ち付けられる度にリリィナの巨乳が激しく揺れ動く。
少年はリリィナの巨乳を掴むとその先端に吸い付いた。
「ひゃうんっ!?ち、ちくびっ♥吸われながらだとぉっ♥すぐイっちゃぁっ……?んにゃあぁっ?」
野外でのセックスに、リリィナの身体はいつも以上に敏感に反応してしまっていた。
膣内はきゅうっと締まり、少年の肉棒を締め付ける。
少年はニヤリと笑うとリリィナの両胸を掴み上げ、搾り取るように揉み上げた。
「あぁぁっ♥おっぱいも一緒にされたらぁっ♥い、イクッ♥イッちゃいますうううううううううっ♥」ビクンビクン、と痙攣しながら盛大に潮を吹き出すリリィナ。だが、少年は動きを止めずにそのままピストンを続ける。
「もうイっちゃうなんて騎士の癖に本当に堪え性がないね。えへへ、虐め甲斐があり過ぎるよリリィナお姉ちゃん♪でもそんなエッチなお姉ちゃんが大好きだよ」
少年はそう言いつつリリィナを木に押し付けるようにして後ろから突き続ける。絶頂したばかりの膣内を擦られ続け、休む間もなく次の快楽を与えられ続けるリリィナ。
「あひっ♥ああっ♥だめぇっ♥いま敏感だからっ♥ああっ♥だめぇぇっ♥」
連続アクメで完全に蕩けた表情を浮かべるリリィナだったが、それでも容赦なく攻め続けられてしまう。
少年の攻めは執拗で容赦がなく、今回も徹底的にリリィナを屈服させるつもりのようだ。
「お姉ちゃんもう射精するよ?どこに射精して欲しいの?」
73君はリリィナの耳元で囁く。
その声を聞いただけでリリィナは背筋がゾクゾクとした快感を覚えていた。
子宮がきゅんきゅんとうずき、愛液が大量に溢れてくる。
「中にいっ……♥私の一番奥にぃっ♥73君の、熱いのいっぱい出してくださぁいっ♥」
「えへへ、やっぱりリリィナお姉ちゃんは僕に中出しされるのが好きなんだね。いいよ、じゃあお望み通りたっぷり種付けしてあげるね」
少年はリリィナの片足を持ち上げると、一気に根元まで肉棒を突き入れた。
亀頭で子宮口に熱烈なキスを見舞いそのまま欲望をぶちまける。
「んああぁっ♥出てますぅぅっ♥熱くて濃いのがぁっ♥子宮にドクドクって流れ込んできてぇっ♥んあぁっ♥イクっ♥またイキますぅっ♥」
リリィナは大きく仰け反りながら盛大に潮吹き絶頂をしてしまう……またしてもこのショタ少年に良いように弄ばれてしまったお姉ちゃんロードナイト。もう立場も何もあったものではない。
「あれれ、お姉ちゃんもう限界なの?まだ僕は満足してないよ。このままお外でたーっぷり虐めてあげるからね」
少年は意地悪そうな笑みを浮かべてリリィナを見つめた。
「そ、そんなぁ……♥あぁっ♥」
リリィナはその言葉に期待してしまっている自分が居る事に気付く。

少年は再びリリィナのヒップを掴み腰を密着させると、激しくピストン運動を開始する。
パン!パン!パン! と音を立てながら打ち付けられる度に、リリィナの豊満すぎる乳房が激しく揺れ動く。
「あんっ♥ああっ♥激しすぎですっ♥またぁっ…こんな所でぇっ♥誰か来たらどうするんですかっ♥」
「大丈夫だよ、ここは誰も来ないし、それに見られても構わないじゃない。お姉ちゃんは僕の物だって見せ付けてやろうよ」
「そ、んなぁ……♥んやああぁっ♥ダメェっ♥んひぃっ♥」
抵抗しようとするものの、結局流されてしまうリリィナ。
こうして73君は今回もいつものように巨乳美少女のお姉ちゃん騎士を好き放題に貪り尽くすのであった……。

76 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2022/06/06(月) 03:36:24 ID:TliZpM9w
>騎士団のロードナイト リリィナ
騎士団と取引をしてくれている企業の一つに、衣類を収めてくれている企業があるんだが、
そこで新しい下着類を無償で供与してくれるという話があってね。
用意してくれている下着類の数は全女性騎士に2セットづつことなんだ。
今日はその試供品を君に着けて貰って動画レポートを作るから協力してほしい。
この紙袋に入っている下着の上下を着けて、また騎士装束を身に着けてここに立ってくれ。
「リリィナの今穿いているパンティーを見てください。お願いします」と宣言してくれ。
そして今着けている下着の説明をするんだ「○○色で○○なパンティーをリリィナは着けています」
って感じかな。最後に「リリィナのパンティーを見てくださってありがとうございます」と締めれば
OKかな。君の動画レポートで全女性騎士への支援が決まるから任務だと思って笑顔で頼むよ。

77 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2022/06/06(月) 21:33:07 ID:TliZpM9w
>>76訂正
>騎士団のロードナイト リリィナ
騎士団と取引をしてくれている企業の一つに、衣類を収めてくれている企業があるんだが、
そこで新しい下着類を無償で供与してくれるという話があってね。
用意してくれている下着類の数は全女性騎士に2セットづつことなんだ。
今日はその試供品を君に着けて貰って動画レポートを作るから協力してほしい。
この紙袋に入っている下着の上下を着けて、また騎士装束を身に着けてここに立ってくれ。
そしてスカートを自分で捲りあげてこっちを向いてこう宣言してくれ。
「リリィナの今穿いているパンティーを見てください。お願いします」とね。
今着けている下着の説明をするんだ「○○色で○○なパンティーをリリィナは着けています」って感じかな。
最後に「リリィナのパンティーを見てくださってありがとうございます」と言い締めればOKかな。
君の動画レポートで全女性騎士への支援が決まるから任務だと思って笑顔で頼むよ。

78 名前:ルドの参謀母娘(親子)騎士と娘友人の少年騎士 投稿日:2022/06/11(土) 15:09:41 ID:aRGOeTM2
問1:きゃらくたーしみゅれーたー(ttp://nozomi.arege.jp/ro/)の該当イメージへのリンクを晒しなさい
【母:レオナルダ】
 ttp://nozomi.arege.jp/ro/#FemaleKnight2_22White_5020

【長女:リセッタ(リース)】
 ttp://nozomi.arege.jp/ro/#FemaleKnight3_6White_5020

【次女:ルクレシア(ルーシー)】
 ttp://nozomi.arege.jp/ro/#FemaleKnight3_13White_5020

【姉妹の友人:リノ( -> リナ)】
 ttp://nozomi.arege.jp/ro/#FemaleKnight1_10Yellow_5387

問2:身長は?
【母:レオナルダ】
 168cm

【長女:リセッタ(リース)】
 158cm

【次女:ルクレシア(ルーシー)】
 154cm

【姉妹の友人:リノ( -> リナ)】
 151cm

問3:3サイズは?
【母:レオナルダ】
 B:93 W:59 H:83

【長女:リセッタ(リース)】
 B:76 W:55 H:70

【次女:ルクレシア(ルーシー)】
 B:82 W:58 H:78

【姉妹の友人:リノ( -> リナ)】
 B:- W:- H:-

問4:弱点を答えなさい
【母:レオナルダ】
 これまでに色々な責めを賜りましたが、闇水だけは何度受けても慣れませんでした。

【長女:リセッタ(リース)】
 おじ様には逆らえないわよ…

【次女:ルクレシア(ルーシー)】
 おじ様には逆らえないかなー(姉と違い気楽な口調)

【姉妹の友人:リノ( -> リナ)】
 あ、あの爺には…(赤面

問5:自分の自慢できるところは?
【母:レオナルダ】
 剣の腕は…職相応には。あとは中隊規模程度までなら指揮も執れますよ。

【長女:リセッタ(リース)】
 まだ騎士になったばかりなので、余り自慢出来るところは…

【次女:ルクレシア(ルーシー)】
 うーん、体は頑丈は方かな…ママには及ばないけれども

【姉妹の友人:リノ( -> リナ)】
 爺さんからは動体視力は良いって言われた。後、環境への適応も早いってさ…うれしくねぇけど

問6:どういう風にされるのが好きか答えなさい
【母:レオナルダ】
 そうですねぇ…穏便な事から過激な事まであらかた経験してますので…
 私はどちらかと言えば、後者の方が好きですね。

【長女:リセッタ(リース)】
 す、好きにすれば良いわ…良く母のマゾ性を受け継いでいるって言われているけど…

【次女:ルクレシア(ルーシー)】
 ママほどじゃないけど、それなりに経験してるかなぁ。

【姉妹の友人:リノ( -> リナ)】
 ……(赤面でうつむく)

問7:初体験の時のことを語りなさい
【母:レオナルダ】
 初めては政略結婚の初夜の際に。ありふれた事例です…

【長女:リセッタ(リース)】
 母とルーシーの前で…オークに。

【次女:ルクレシア(ルーシー)】
 お姉ちゃんと一緒にオークにされたよ。あはは…冒険者ならよくある事だよね。

【姉妹の友人:リノ( -> リナ)】
 その…レオナルダさんに…指でされた…

問8:今までで一番気持ちよかったエッチを答えなさい
【母:レオナルダ】
 そうですねぇ…穏便な(以下略)
 ごめんなさい。闇水自体には慣れませんが、全身を焼かれる感覚の余韻ほど生を実感出来る瞬間はそうありませんよ。

【長女:リセッタ(リース)】
 な、何だって良いじゃない…

【次女:ルクレシア(ルーシー)】
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)

79 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2022/06/11(土) 17:43:12 ID:.jATJp66
>ルドの参謀母娘(親子)騎士と娘友人の少年騎士
レオナルダに命令しよう。
キミには、ある部隊の指揮を執って頂く。彼らは跳ねっ返りの集まりでな……
そんな彼らの指揮を執るために、小隊長としてキミを編入しようと考えていてな
ああ、キミの豊満な身体を見越してのことだから、彼らに身体を求められても受け入れるように
毎日のように複数人から性欲処理を求められるだろうが、そうすれば彼らも素直になるだろう。よろしく頼んだよ

80 名前:ギルドの参謀母娘(親子)騎士と娘友人の少年騎士 投稿日:2022/06/15(水) 23:29:55 ID:JkMcx5Do
>>78

 ある日の午後。
 ジェダの執務室にて。
「騎士団に戻る気は無いと申し上げましたが、ギルドの一員として部隊指揮を執ることについては、異存はありません」
 ギルドとしても必要な素養なのですし。
 レオナルダは言う。
「そう言ってくれると助かる」
 ジェダは言う。
「旦那様さえよろしければ『多少の事』なら黙認いたしますが…」
「ふむ…」
 レオナルダの進言に、書類を手にしたジェダは溜息をついた。
 冒険者のギルトとはいえ、大手ともなると私兵集団と同一視されることもある。
 そこから生まれる風評懸念にジェダは先手を打ち、枝テロや王都北森林地帯からの魔物の南侵等への対応を名目に騎士団との連携を強めていた。
 今回その連携の一環として、認識の齟齬を埋めるため組織同士の図上連携訓練と、小規模部隊の実働訓練が企画された。
 訓練の一環でギルドの冒険者チームの指揮を騎士団のリリィナが執り、騎士団の部隊をレオナルダが取ることとなった。
「リリィナ君からの情報だと、君の担当はあまり『よろしくない』人間の集まりだという話だ」
 彼女にそう言わしめる人間なのだから、相当なのだろう。
 そう言って溜息を吐くジェダ。
「先方に『貸し』が出来ると思えば安いものです」
「ふむ…献身はありがたいが、君はもう少し自分をいたわった方が良い」
 ジェダはそう言うと、書類にサインをしたため、封筒に入れ蝋印をする。
「これを騎士団の……将軍へ」
 ジェダが虚空に書類を差し出すと、部屋の中に『御意に』という静かな女性の声と共に虚空から手が伸びる。
 そして手紙を受け取ると再び虚空へと消え、静寂が戻った。


「冒険者ってのは、報酬なしには動かないそうじゃないか」
「だから、俺らもあんたらの流儀に従おうって思ってね」
 演習が始まってすぐ。
 レオナルダの天幕に問題の部隊に所属する騎士の数人がやってきたかと思えば、手慣れた手つきで彼女の服を剥ぎ、地面に押し倒した。
「…私はこれでみ半官半民なんですけれども 」
 そう言ってため息をはくレオナルダ。
 予想の範疇だが、思った以上に早かった。
 それが彼女の見解だった。
「そういうことなら、報酬分は働いていただきますよ?」
 組み敷かれているにも関わらず、レオナルダはそういうと妖艶な笑みを浮かべた。


「う…すげぇぞこいつ」
 眼下で跪き、自身のイチモツにしゃぶりつくレオナルダの頭を押さえながらその騎士は言う。
 眼下では銀髪の美女が根本まで飲み込んだイチモツに下をはわせている。
「まじかよ。早くかわれよ」
「そう焦るなよ。出したらかわるさ」
 彼女に奉仕を強いている騎士は、彼女の頭に添えた手に力を込めると、そのまま自身の体に引き寄せる。
「んぐ…」
 引き寄せられた勢いでイチモツをのど奥まで飲み込んでしまい、むせかえるレオナルダ。
 しかし直ぐに気を取り直し、頬を窄ませ吸い上げる。
「く…すげぇな」
 まるで魂そのものを吸い上げられるかのような快楽にこらえきれず、彼はイチモツを暴発させてしまう。
「んふ…」
 潤んだ瞳を目を細め、レオナルダは口の中に放たれた精をゆっくりと嚥下した。


「すげぇ。大きさも感触も最高級だ」
 彼女を背後から抱きしめたその騎士は、彼女の豊満な乳房を揉みしだきながら言う。
「それはどうも…ん…少し乱暴が過ぎるのでは?」
「へへ。あんたみたいのは、それくらいが丁度良いのさ」
 騎士はそう言いながら彼女の臀部に平手を見舞う。
 しっかりと脂の乗った、しかし騎士として相応しい肉体はその瞬間最上級の打楽器となった。
「割と力を入れたつもりなんだがなぁ?これで感じたのか? 」
 騎士はそう言いながら彼女の乳首をつねり、そのままつまみ上げ乳房を吊るす。
 指を彼女の顎まで持ち上げ手を離すと、ぶるん、と勢いよく乳房が落下し跳ね回る。
「ひょう!絶景!」
「同じ人間とは思えんな」
「ミノタウルスとのあいの子じゃね?」
「ちげぇねぇ!」
 はやし立てる同僚達に、かれはそう言いながら彼女の乳房を弄び続けた。


 天幕内に肉同士がぶつかる意図が響く。
 前屈姿勢になったレオナルダを一人の騎士が背後から責め立てていた。
 正面には別の騎士が立ち、かがみ込んだ彼女の口にイチモツをねじ込んでいる。
「すげぇなぁ。2児の母とはおもえんな」
 密壷を突き立てる騎士が言う。
「まったくだ。こいつの旦那も、もったいねぇ事したもんだなぁ」
 正面に立つ騎士が彼女の口腔内を犯しながら答える。
 乳房がゆさりと激しく揺れ動くほどの激しい突き上げを受けながらも、レオナルダが歯を立てる事はなかった。
「貴族様の考えることは解らん」
 既に数人の精を浴び、白化粧を施したような顔になっている彼女を見下ろしながら言う。
 彼等の言葉が聞こえているのかいないのか。
 彼女は無心に攻めを受け続ける。
「それにしても…もう少し粗相するかと思ったが」
「ああ。ものすごく手慣れてやがるな」
 俺達は運がいい。
 彼女の密壷に精を放ちながら、男は言う。
「ああ、まった…だ…っ」
 少し遅れて彼女の口にも精が放たれる。
 ガクガクと腰を震わせ、喉の奥まで突き入れ、そして解き放つ。
 レオナルダは放たれた精を漏らさず、零さず、全て飲み干した。


 数日後。
 騎士団の詰め所にて。
「どうだったよ?」
 演習後、原隊に復帰した騎士達に留守番組の同僚が問う。
「ああ、最高だったぜ。特に夜戦訓練がな」
 彼の問いに怪訝な表情を浮かべる同僚達。
「おいおい、何今更『何も知らないガキ』みたいな面してんだよ」
「……」
「冒険者風情の兼業が本職騎士様に指揮を執るとか抜かしたんで、立場を解らせてやったんだ」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)

81 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2022/06/19(日) 23:59:16 ID:H8lp2EQM
>ギルドの参謀母娘(親子)騎士と娘友人の少年騎士

私は独自にメモリアルダンジョンを研究、作成をしているウォーロックだ。
今回あなた方には私の研究成果であり、完成したメモリアルダンジョンに挑んで貰う。人選はお任せしよう。
当然、普通のダンジョンではない。
中には侵入者を捕らえ性的な快感を与える罠や、性的に襲ってくるモンスターが配置してある。
いわゆるエロトラップダンジョンと言うやつだ。複数階層が存在するがひとまず一階層踏破を目標にしてもらおう。
なにゴール出来ずとも構わない。途中リタイアも可能となっているから腕試しのつもりでも、訓練のつもりでも構わない。

82 名前:ギャルスミ:セレス 投稿日:2022/06/22(水) 01:15:37 ID:YoCslOGE
問1:きゃらくたーしみゅれーたー(ttp://nozomi.arege.jp/ro/)の該当イメージへのリンクを晒しなさい
ttp://nozomi.arege.jp/ro/#FemaleWhiteSmith_32Yellow_19640_31635
スミって書いてあるけどクラスはホワイトスミスよ

問2:身長は?
160センチよ

問3:3サイズは?
上から105-59-93だったかな?

問4:弱点を答えなさい
どこを触られても感じちゃうくらい敏感なのと、強くお願いされると断り綺麗ないところ?

問5:自分の自慢できるところは?
皆にはよく『お人好し』って言われてるけど、あたしとしては困ってる人を放っておけないだけなのよね
だって落ち込んでいるよりは元気な方がいいっしょ?

問6:どういう風にされるのが好きか答えなさい
ええとね、おっぱいや乳首を弄られながら下から突き上げられると頭が真っ白になっちゃう……

問7:初体験の時のことを語りなさい
いつだったかなぁ……オークの群れに捕まって一晩中可愛がられた時?
あ、でも、アカデミーで講師の人にムリヤリされた時だったかも?

問8:今までで一番気持ちよかったエッチを答えなさい
うーん……一番気持ちよかったのって何だろう?
マンドラゴラに触手プレイされたり、ジルタスに何度もイカされたり、
PTを組んだらポタの行き先がなぜか宿屋で大人数に可愛がられたり……思い返すとキリがないわ

問9:備考をどぞ
転生二次になったのはいいんだけど、皆から衣装が「エッチだ……」って変な目で見られるのよねー……
ブラは布の面積が小さくて先っぽが何とか隠せるくらいで、
ショートパンツはマイクロミだから後ろから見るとTバックみたいにお尻が丸出しなのよね
確かに露出は多いと思うけどあたしとしては動きやすいから助かってるわ
普通の衣装と違うけどそんなにエッチかなぁ?
あたし的にはみんなの方がエッチだと思うんだけど……

問10:スレ住人に何か一言
あたしのどこがギャルかって?
だってギャルは男の人を元気付ける女の子ことでしょ?

問11:貴方の命令上限数を教えてください
特になし! なるはやでがんばっちゃうから!

問12:貴方の属性/NG属性などありましたら教えてください
こっちも特になし! あたしとイイコトして元気になっちゃお?

問13:他の方々とのコラボはOK?
イケるイケる! 一緒にがんばっちゃお〜!

83 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2022/06/22(水) 08:55:42 ID:fVtx4us2
>ギャルスミ:セレス
俺は修行中のルーンナイトなんだが、先ほどの狩りでルーンの使いすぎと反動でイチモツが
猛ったままになってしまってね。娼婦街に行って収めようにも激しく交わりすぎるから少し前から
出禁を言い渡されてしまっててね。報酬は払うから一晩伽をお願いできないだろうか?
もちろん乱暴にはしないしできるだけ優しく接するから、俺のモノを収めるのに協力してくれ。

84 名前:騎士団のロードナイト リリィナ 投稿日:2022/06/26(日) 17:57:49 ID:EcxXJmCU
思いついてしまった>>80のおまけです!

(ジェダ様に部隊の悪評は伝えましたし、出発前にレオナルダさんとお話しした際には、こちらの事は気にしなくて良いと言っていましたけれど……)
この実地訓練はレオナルダの担当、指揮する騎士団の部隊とリリィナの担当する冒険者の二部隊に分かれて行われていた。
こちらの演習の方は特に大きな問題も無く1日目を終えたが、リリィナは彼女の指揮する部隊が気掛かりだった。
やめておけば良かったのだが……日が落ちるのを見計らいレオナルダの隊が駐留する野営地にこっそり様子を見に来てしまった。
見張りの騎士に見つからないように物陰に姿を隠す。すると、見張り役なのだろう。部隊の騎士達の会話が聴こえて来る……
「マジで良い女だったなぁ。体もだがテクもやべぇ…」「もう二、三発ヤっとけばよかったぜ、ムラムラして寝れやしねぇ」「夜は長えのに見張りなんてツイてねぇよなぁ」
騎士達の話しを聞いてリリィナの表情が強張る。どうやら、嫌な予感が的中してしまった。
恐る恐る天幕に近寄り中をを覗き見る。その中では……レオナルダが騎士達にその豊かな体を貪られている最中だった。
(ひ、酷い……こんな事…許されるはずが……っ!?)
怒り心頭といった感じで拳を握るリリィナ。しかし、ふと背後に気配を感じる。
振り返るとそこには先程の見張りの騎士達が下卑た笑みを浮かべているのだった…
「へへっ、リリィナパイセンじゃないですかぁ?」「どうしたんです?こんな夜更けに…ぐへへっ」
「そりゃあ……先輩も仲間に入れて欲しいんスよね?」
窮地に陥るリリィナはこの状況を切り抜ける事が出来るのか……


>>77さん
「あ、あの……動画レポートというのは……その……やっぱり、しないとダメなのですか……?」
騎士団に衣服の提供をしてくれている取引先に送るらしい動画のモデルに任命されたリリィナ。恥ずかしそうに顔を赤らめながら、困ったように上目遣いで問い掛ける。
団内でも指折りの美貌を持つ彼女が選ばれる事は自然な流れと言えた。今彼女は普段着ているロードナイト の衣装と、その中身に提供された白色の下着姿で先輩騎士の77の前に立っている。
「ああ、勿論だ。これは騎士団のためでもあるし、何よりリリィナ自身にとっても悪い話じゃないだろう?」
「そ、それはそうなのですが……」
胸当てを外して白いブラジャーに包まれた豊満な乳房を露わにし、内股になって恥じらうリリィナ。そんな彼女の姿は目の前の彼には興奮材料にしかならない
決心が付かぬまま、とりあえず言われた通りにするリリィナ。カメラの前で、ゆっくりと自らの手でスカートを持ち上げていく
羞恥で真っ赤になった顔と潤んだ瞳で、震える声で彼女は言った
「リリィナの……今穿いているパンティーを見てくださいっ……♥お、お願いします♥」
スカートを持ち上げる手を止めず、そのままの状態で静止しているリリィナ。
やがてスカートの裾が太股の付け根まで持ち上がり、可愛らしいフリル付きのパンティーが晒される 。
ピンク色で生地面積の少ないパンティーからはみ出すムチムチとした肉感的な脚線美は、見ているだけで情欲を掻き立てられてしまう程だった。
「リリィナは……ピンク色の、可愛いパンティーを履いています♥」
自分の履いているパンツの色と形を説明し、更には着用状況までも説明するリリィナ。
しかし、それだけでは終わらない。リリィナの表情はますます赤く染まり、耳元にまで朱が差す。
77さんはそんなリリィナの姿をカメラに収め、彼女の周りをぐるりと回りながら舐めるような視線を向ける リリィナの顔に一層の羞恥心が浮かぶ。
(恥ずかしい……でも、これの騎士団の為っ……ですからっ……っく!?)
77の手がリリィナの下腹部へと伸びる。下腹を撫で回され、くすぐったさと快感が混ざり合った感覚に身体がビクリと跳ね上がる。
ピンク色のショーツ越しに秘所を擦られ、じわりと愛液が滲み出ると濃く変色していく。
77はその様子をじっくりと観察すると、次の下着に着替えようにと促した。
次に用意されたのは水色の下着。レースがあしらわれており、可愛らしさの中に大人の色気を感じさせるデザインだ。
スカートを脱ぎ、今度は白の下着を身につけると再び同じポーズを取る。
「ま、たぁっ♥リリィナの身に付けている……水色の……えっちなぱんつを……♥見てくださぃ……お願いします……!」
恥ずかしさに声を震わせながらも懸命に言い切るリリィナ。その姿は非常に健気に見えた。

77はカメラで彼女の姿を余さず記録し、時折感想を口にしながらリリィナの反応を楽しむ。
「は、はい……。リリィナの今穿いてるパンティを見てくれてありがとうございます……♥」
リリィナの息づかいは徐々に荒くなり始めていた。頬も紅潮し始め、瞳も熱っぽく潤んでいる。
「ん?どうしたんだリリィナ。そんな物欲しげな顔をして」
そんなリリィナの様子に気付いたのか、77はわざとらしく尋ねる。
彼の言う通り、今のリリィナの姿は実に扇情的であった。
汗で湿った肌は艶やかに光っており、胸元は呼吸に合わせて上下している。捲れ上がっているスカートに、度重なる視姦によりパンティーは透けて見えるほどに濡れていた。
リリィナは自分の姿に気が付き、慌ててスカートを元に戻すと
「い、依頼は終了ですよね……で、では、し、失礼しますっ!!」
そう言って慌てた様子で退室していくリリィナなのでした。

名前: コマンド/メール(省略可):
レスを全部読む 最新レス50 レス1-100 掲示板のトップへ リロード