Ragnarok online 萌え専用板
関連リンク
萌え本スレ
 ♀萌えスレ:【萌】RO萌えスレ 22センチのミニスカート【萌】
 ♂萌えスレ:◆RAGNAROK ONLINE ♂萌えLv7◆

Ragnarok online 萌え専用板 過去ログ倉庫
萌え庫
えROだ
(停止されないように、優しく扱いましょう。)
(txtをそのまま上げると改行がdじゃう、dじゃう〜。圧縮しましょう。)
萌えスレ絵板
みんなで作る小説ラグナロク Complement Site:ttp://sscomplement.tripod.co.jp/
RAGNAROK Online Short Stories Archive:ttp://www2u.biglobe.ne.jp/~mkw/ross/
Ragnarok Online小説投稿所(あぷろだ):ttp://moetaro.virtualave.net/ragnarok/
Ragnarok Online小説投稿所@避難所: ttp://tfc55.hp.infoseek.co.jp/

日本公式サイト
2chネトゲ実況板2(本スレ等)  大規模MMO  ネトゲサロン(隔離スレ・その他)  ネトゲ質問(質問スレ)
MMOBBS(旧にゅ缶)Ragnarok板  LiveRO板
RO恋愛板
各鯖:
WG1WG2WG3WG4海外・他
Verdandi板
Magni板
Surt板
Forsety板
Garm板
Tyr板
Idun板
Eir板
Freya板
Balder板
Chaos板
Thor板
Bijou板
Ses板
Sara板
Fenrir板
Loki板
Lydia板
Tiamet板
Lisa板
Odin板
Heimdal板
Iris板
iRO板
oRO板
Urdr板

RagnarokFAN info

萌え板Wiki
萌え板あぷろだ

萌え板から派生したもの
ときらぐ:ときらぐポータル
RO-TRPG:RO-TRPG
バトルROワイアル:バトルROワイアル@Wiki

板共通ルール
・マターリ厳守。
・荒らしは完全放置。
・ROと関連のないネタで盛り上がるのはダメ。
・コテハン叩きも、スレの雰囲気が荒れるからダメ。
・18禁レートに引っかかる書き込みや下ネタは、禁止しませんがほどほどに。
 (ただし、スレのローカルルールにより18禁禁止スレでは禁止です)
・ここは萌え板であってエロ板ではありません、エロが嫌いな人もくる事も忘れずに。
・絵、文を上げてくれる人は自分のプレイ時間を削って上げてくれてます。
 催促はやめませう。
 また、上がった内容に関してアドバイスは良いですが、文句は言ってはいけません。
 各神の成長を手伝いましょう。
・ラグ・バグ・ゲームバランス等の論争・愚痴はここじゃなくて、2chMMO板本スレ・隔離・教えて君へ。
・でもRO絵・文で元ネタアリは、元ネタに触れない方向で(*´Д`*)は(・∀・)イイ!
・スレ住民ハァハァネタは収拾がつかなくなるのでできるだけ押える方向で。
・コテハンの人も、荒れる元になるので暴走したりしないように慎重に発言しましょう。
・18禁レートのスレッドはsage進行でおながいします。
 (ageてしまった場合にはメール欄にdameと入力して書き込みましょう。一番下に下がります)

同じものが【まず】板のルール、お約束、各スレのテンプレ【読め】の>>2にあります。
各スレにもローカルルールがあります。
1を読みましょう。

板が重いと感じたら・・・

Monazillaツールを使ってみましょう。
詳しくは【まず】板のルール、お約束、各スレのテンプレ【読め】の>>3を。

この板の1スレッドの制限は最大1000レス、または最大512KBになっています。

前のページ 最初のページ 過去ログ i-mode FAQ リロード

111 : 命令スレ系のお話会いスレ (349)  112 : 総合 長期お相手募集スレ その3 (358)  113 : 【18歳未満進入禁止】弓職&踊り子命令スレ Part6 (121)  114 : 【18歳未満進入禁止】聖職者命令スレ Part17 (43)  115 : 【18歳未満進入禁止】総合命令スレ29【inハァハァ鯖】 (111) 
過去ログはこちら

[111:349]命令スレ系のお話会いスレ
1 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2010/02/14(日) 02:56:46 ID:8lfx/lJM
総合、聖職、弓手の命令スレで頑張るコテ、命令者の話し合いのスレです。


340 名前:ノアアークビショップ 投稿日:2015/05/22(金) 17:59:58 ID:nHF.p9NY
次の命令と今最後に入った命令どうしようかなって

>>163
人数明記無いってのと「交流」が軽いセクハラ程度のものなのか本番とかえろい事に参加するのか分からない上
そもそもえろい事するのかどうかも判断付かないという…、もうちょっと早く言えば良かったのですが
命令出来て嬉しいと言われたので言い出せなかったんです…orz

んで最後の命令>>171
あれ消化出来るほど今あそこ人居ないでしょうに、全部書け言われたら一応書けますが
1冊分2〜3日で6冊とか半月近く掛かるんですぜ?色々端折っても2/3以下には出来ないし、正直死ぬ
1〜2冊自由に選んで書いてね位なら良いけど全部なら投げます

341 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2015/05/22(金) 18:55:05 ID:i7vnMxEE
>>340
命令で>>171の張り切って命令だしてしまった人です。 申し訳ございません。
全部やれって意味じゃなくて、1冊ぐらいネタにしてくれればいいかなって感じで書いたつもりが
そう言う意図に見えてしまったかなとか、反省してます。

とりあえずは取り下げますのでごめんなさい。

342 名前:ノアアークビショップ 投稿日:2015/05/22(金) 19:06:24 ID:nHF.p9NY
いえいえ読み違いはこちらのせいなので、一冊でいいなら書きますよー
むしろ書くので取り下げ無しでおっけーです

343 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2018/10/17(水) 07:53:37 ID:vGp3Tx96
ちょいと質問です
統合スレで聖職者や弓手のコテを出すのはまずいでしょうか?
見てて興味が湧いたのですが主に稼働しているのは総合スレ?だけのようで
聖職者コテ(自キャラがアクビなので)辺りで皆さんと絡んでみたいなと
それとキャラシミュのリンクですが、リンク先が消えているのかページが表示されません
これはどうしたらいいでしょうか・・・・

344 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2018/10/17(水) 08:29:09 ID:yspiZXck
スレの勢い的にそのように感じられるのはもっともなのですが、これまでの各スレでの展開的に「不可ではないけど推奨はしづらい」かなぁ
直近(ここ数週間)では聖職者スレも弓手スレも動いており、新人さんのチェックは各スレされているようなので…
搦め手としては「総合スレ職とのペア(LK&ABなど)で参加」でしょうか

きゃらしみゅのリンクは直リンク抑制の為だと思うんですがアドレスの先頭「h」を省いて「ttp」からにしてあるのでその影響かと思われます
イメージ確認の際には先頭の「h」を追加して、書き込みの際には先頭の「h」を省いての書き込みをお願いします

345 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2018/10/17(水) 18:54:38 ID:gfkNFfNY
搦め手常習犯ですがやはり総合とのペアがいいかと。

アクビなら所属団体的にクルセ系とか、鈍器繋がりでBS、有る意味定番のアサシン系。
などなどと老人が戯れ言を言ってみるテスツ

346 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2018/10/18(木) 18:26:52 ID:r2GVhKQE
返信ありがとうございます。
ペアというのはコテを二人分名乗ることでしょうか?

347 名前:yspiZXck 投稿日:2018/10/24(水) 02:27:03 ID:kiHI7Mso
>コテを二人分名乗ることでしょうか?
1コテで2キャラを扱うと言う意味でお話させていただきました。
例としては総合29のレス81「吸血鬼の花嫁・RG『アレクサンドラ』」さんが参考になると思います(こちらはRGメイン、聖職サブですが)
スレの性質上、聖職メインを上げていいのかどうか気がかりではありますが…

348 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2018/10/24(水) 18:17:07 ID:rj1X1Ii.
アクビさん単体で他スレ参加は難しそうですが、リンクしたいと言う事でしたら、
自己紹介の問9備考、問13コラボ、辺りの項目に他スレの全体命令やコラボ命令の際には自分にもして欲しい趣旨を記載するのはどうでしょうか
恐らく命令してくれるえっちい方々が汲み取って巻き込んでくれると思いますが・・求めている事と違いましたらすみません

349 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2018/10/24(水) 22:17:41 ID:ImdXFXIA
丁寧にありがとうございます
聖職者の他にもやってみたいキャラ候補がありますので、総合スレの方で雰囲気を掴めるよう
まずはそちらでお世話になりたいと思います

名前: コマンド/メール(省略可):
レスを全部読む 最新レス50 レス1-100 掲示板のトップへ リロード

[112:358]総合 長期お相手募集スレ その3
1 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2012/09/02(日) 01:59:31 ID:fnFXq4zE
ここはオンラインゲーム内での萌え仲間の募集(長期にわたる付き合いのもの)の公知をするスレです。
募集テンプレは>>2、テンプレ記入例は>>3にあります

・共通ルール(ttp://www.ragnarokonlinejpportal.net/bbs2/test/read.cgi/ROMoe/1063859424/2n)
・ジャンルの制限はありません。萎える募集を見つけたときは、脳内・IDあぼーんなどを
 フル活用しましょう。愚痴・煽り・叩き・特定ジャンルカエレなどは放置プレィで。
・募集相手が見つかったら、具体的な日時などは待合いBBSで決めましょう。
  ttp://moeita.net/cgi-bin/patio/patio.cgi?bbskey=7

・スレ消費を抑えるためにも、余分なレスを喚起するような募集は控えてください。
・一夜だけ、一定の時間内だけの募集したい方は短期募集スレへ
・公衆の前でオープン発言によるエロネタ・エロチャは控えましょう。

・関係はネット内のみでの完結が基本です、
 犯罪などに巻き込まれないようリアルは持ち込まないでください。
 中の人の指定は時間指定、主にプレイするゲームやジャンルぐらいはいいですが、
 性別や年齢、住んでいる地域など禁止です。
 自分からの個人情報公開も一部でも禁止です。
 ただし、チャH等18禁な内容の募集に関しては例外で年齢の指定が必要です(18歳未満禁止のみ)。

・募集が成立したあとについて、何が起ころうとも萌え板側やその関係者は一切責任を持ちません。
 自分の身は自分で守ってください。


・複数のゲームにまたがった募集をする際には、メッセンジャーソフトなどの導入をおすすめします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−注意−−−−−−−−−−−−−−−−−−
エロチャ有りの募集の場合
・メイン鯖のメインキャラ及び晒されて困るキャラでの募集・応募は避けてください。
・晒されても構わないキャラで募集・応募し、成立したらメインのキャラで会うよう
 心掛けてください。
・晒を防ぐためにも、自衛をお願いします。
・短期募集と同じように18歳未満はお断りの文を記述してください。
 (可能性があるにも必要です)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


349 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2017/07/24(月) 23:13:17 ID:1RJx8MJs
【募集内容】まずは友達から
【ゲーム/鯖】RO/国際鯖/chaos
【募集者の容姿】♀アコ、剣士、商人
【内容】狩り、雑談、RPなど
【求める相手の容姿】どなたでも
【時間帯】不定期ですが現在は夕方〜夜多め
【募集期間】取り下げるまで
【その他】

ラグナロクオンラインの国際鯖(iRO)での募集です。
日本鯖と違って基本無料で遊べます。

現在、固定で遊んでいる人はいるのですが、時差の都合でログイン時間が合わない事が多く
また、ペアばかりでは行ける狩場の選択肢が狭い、狩りが単調になりがち、もっとコミュニケーションを取りながら遊びたい
等といった理由から、会話に狩りに色々遊べる友達を募集したいと思って書き込みさせて頂きました。

私の固定さんは外国人なのですが、漢字を含む日本語のやり取りには支障が無く、堪能です。
また、日本の萌え文化に興味があり、RP等もしたいと思っているので、そういう方面の遊びにも興味がある方だと嬉しいです。
(固定さんの容姿は♂♀両方持ち、♂アコ、♂アチャ、♀商人など)

国際鯖では説明文が英語なのと日本語チャットができません。
その為、普段は外部ツールのチャットなどを併用してコミュニケーションを取りつつ、ゲームしている事が多いです。

日本のROと細かい仕様は異なりますが、基本的な部分は同じなので、RO経験者でしたらスムーズに進められると思います。
英語が苦手な方も翻訳等こちらでお手伝いできますのでご安心下さい。

少々難しい募集だと思いますので、気長にお待ちしております。

umikaze_lh☆excite.co.jp

ttp://moeita.net/cgi-bin/patio/patio.cgi?bbskey=7&mode=view&no=1673

350 名前:こうや 投稿日:2017/08/01(火) 12:55:24 ID:KYnM9xfQ
ドラクエ10オガ娘相方募集 チャHもできる方 フレIDこうや BK 049-120まで

351 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2017/09/27(水) 01:15:26 ID:Qo4odjaA
【募集内容】フレンド/恋人
【ゲーム名/鯖】ドラゴンズドグマオンライン
【募集者の容姿】♀
【求める相手の容姿】♂
【ロールプレイ】雑談〇、RP〇、チャH◎
【時間帯】夜
【募集期間】特になし
【その他】18歳未満の方はご遠慮ください。


ポーンくんを愛でる為に始めたのですが、チャHにも興味が湧いてきたので募集します。
いじめられてみたいので、Sっ気の方を募集します…。まだこのゲームを始めて1週間経ってない初心者ですが、よろしくお願いします。
gameyoudayo☆Gmail.com

☆を@に変えてください。

352 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2017/09/27(水) 02:45:55 ID:Qo4odjaA
上の者です。アドレスが間違ってたので訂正させて頂きます。失礼致しました。
gameyoudayo0☆Gmail.com

353 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2018/04/20(金) 00:12:31 ID:GZfrGAJU
【募集内容】相方、恋人さん
【ゲーム】RO Breidablik鯖
【募集者の容姿】♀
【希望相手の容姿】♀さん
【プレイする時間帯】夜8時頃〜深夜。まちまち
【希望する内容等】雑談、猥談 狩 チャH
なにもかも失くして復帰して見ました。それでもよければ、同じ条件の方、募集します。

354 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2018/05/26(土) 14:00:33 ID:ry7UmTLc
【募集内容】万年発情期なヤリ目フレ、相方、etc.
【ゲーム/鯖】RO≧その他MMO(応相談)/御希望下さい
【募集者の容姿】純♀(職業未定)
【求める相手の容姿】双成♀>ショタ>男の娘
【ロールプレイ】RP・チャH◎、狩り・クエ◎、雑・猥談◎
【時間帯】平日:21時〜1時前後、休日:状況が許す限り
【募集期間】取り下げる迄(半永久的)
【その他】18歳未満の方は御遠慮下さい

御覧頂きまして有難うございます。
長らくMMOから離れておりましたが、余りの懐かしさから居ても立っても居られず募集に踏み切りました。
基本的にROでの活動を希望しますが、その他のオンゲも御相談に応じますので、先ずは下記を御一読下さい。

さて、今回はMMO内でべッッたり&ねッッとり絡んで下さる万年発情期なセフレor相方様を募集します。
此方は長期募集スレですが、相性等の問題もありますので、期間は一夜限りor短期からでも構いません。
希望は狩りやクエ中のセクハラ・スキンシップは当然の事ながら、暇さえ有れば獣の様な交尾で突き上げられ、
濃厚濃密な白濁液でたッッぷりと種を付けられてしまう──貴方の欲望の受け皿の様な関係が望ましいですね。

それから、此方のスタイルは強気受け、巨乳or爆乳と云ったむッちり・むちむち系体型(not肥満)になります。
さも当たり前の様に此方を求める貴方に対し、焦る内心を抑えようと歯噛みしながら必死に平静を装う──
といった対応がメインですので、予め御了承下さいますよう御願いします。
(因みに、どろッどろの白濁塗れにして穢したい、等のマニアックな御希望にも対応可能ですので御参考迄に)

尚、雑・猥談の内容は不問ですので、初対面や期間等に関係無く、楽しく厭らしく御喋り出来れば幸いです。
(念の為、此方の趣味を御説明:なりきり、格ゲーアクション、アズレン、深夜anime、ラノベ作品、etc.)
また、RP・チャHの際に、描写に「おち○ぽ」と云ったモロ後や、擬音等を使用出来る方を優遇させて頂きます。

スレの過疎化が進み難しいと思いますが、募集は掲示板の記事を取り下げる迄行いますので、
質問や御相談等、少しでも気になられた方がいらっしゃいましたら、御気軽に御連絡下さいます様御願いします。

メール:scharnhorst★via.tokyo.jp(★→@に御変換下さい)
掲示板:ttp://moeita.net/cgi-bin/patio/patio.cgi?bbskey=7&mode=view&no=1674

355 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2018/07/03(火) 18:05:29 ID:iiYIzmAM
募集内容】相方、恋人さん
【ゲーム/鯖】どんなものでも。
【募集者の容姿】♀ふた
【求める相手の容姿】純♀さん
【内容】猥談、雑談◎ 狩り◎チャH○
【NG行為】猟奇、過度なリアル干渉(日常会話等は全然大丈夫です。)
【時間帯】夕方〜深夜
【その他】
久しぶりにオンラインゲームがしたいのですが、一人で遊ぶのも寂しいので
一緒に遊んでくださる相方、恋人さんを募集して見ます。

現在遊んでいるゲームが無いので、全て新規になってしまいますが
一緒に1から始めるでも、既に遊んでおられるゲームに誘って頂く形でも大丈夫です。
(Vrchat等コミュニケーション主体のゲームでも可能です。)

お相手様の条件としましては
一途な方(相方は一人だけ、という方、もちろん私もそうします)
お互いのログイン中はべったり二人で行動したいので、それが苦では無い方
当方攻め寄りのリバですので、受けの方が望ましいです。(あくまで希望なので、攻めの方でも歓迎です。)

チャHに関して、此方は中〜長文で()描写有り
趣向は甘々が一番好きですが、ハードな物までNGは殆ど無し
こういう特殊な性癖があるんだけど…といった要望にもお答えできるかと思います。

お相手様の描写ありなし、経験等は特に問いません
秘め事が初めて、経験があまり無いという方も歓迎です。

もし気になって下さった方が居ましたら
まずはお話から、軽く自己紹介を添えて下記までメールして下さい。
oaitebosyu_you_0703?yahoo.co.jp(?を@に変えて)
宜しくお願い致します。

356 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2018/07/06(金) 08:24:11 ID:d3IjeRfs
【募集内容】相方、恋人
【ゲーム】RO、B鯖
【募集者の容姿】♀ふた(ドラム予定)
【求める相手の容姿】純♀さん
【内容】クエ○ 雑談、いちゃいちゃ○ チャH○
【時間帯】夕方〜夜
【募集期間】取り下げるまで
【その他】18歳未満の方はご遠慮ください

新種族実装との事で(もう結構経ちましたがっ)もう一度遊んで見たいなーと思ったのですが
一人では寂しいので、一緒に遊んでくれる相方、恋人さんを募集してみます♪

条件等は特に無いですが、寂しがり屋なのでイン中は出来るだけ一緒に行動したいです
甘えたり甘えられたりが好きなので、同じような方だと相性いいかも?
好きになったらべったりだと思うので、依存してくれるような方だと最高ですv

チャHは嫌いじゃないですが、余り頻度多いと疲れちゃうので△で
ゲーム主体に、甘々しつつ色々一緒に楽しんでみませんか〜?

もしなってもいいよって方や、興味持ってくれた方が居ましたら↓のアドレスまでメール下さい
ro_bsaba_bosyu☆yahoo.co.jp(☆を@に
先ずはお話から、お気軽にどうぞ〜(*´▽`*)

ttp://moeita.net/cgi-bin/patio/patio.cgi?bbskey=7&mode=view&no=1675

357 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2018/10/05(金) 20:53:46 ID:XLgXlgDw
【募集内容】相方
【ゲーム】相談
【募集者の容姿】♀ ロリ
【求める相手の容姿】♀さん
【内容】のんびり、チャH
【時間帯】昼過ぎ〜21時頃
【募集期間】取り下げるまで
【その他】18歳未満の方はご遠慮ください

ゲームは相談で決めたいと思います。

ゲーム自体はやり込む方ですけど気楽にのんびりプレイしたいと思っています。
エンドコンテンツなどは参加しない予定です。主におしゃれして遊ぶ予定です。
お相手様のプレイスタイルは問いません。

時代に流れに伴い、SNSなどのリアルタイムツールも想定しております。
ですがリアルは不干渉でお願いします。
都合上どうしてもリアルの説明が必要な際はキャラクターが現実にいる設定でRP致します。

チャHは下手ですけど好きです。
内容は汚い以外でしたら対応できます。
特殊な設定を用いたプレイもできますのでお気軽にどうぞ。

こんな奴ですがご興味を持っていただけましたらご連絡ください。
molokosihead★hotmail.co.jp
★をあっとまーくに置き換えてください。

ttp://moeita.net/cgi-bin/patio/patio.cgi?bbskey=7&mode=view&no=1676

358 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2018/10/28(日) 02:13:10 ID:lEAwBtqM
【募集内容】恋人・相方さん
【ゲーム】RO(Breidablik)、その他
【募集者の容姿】♀
【求める相手の容姿】どちらでも
【内容】のんびり、RP、いちゃいちゃ、チャH
【時間帯】23時〜
【募集期間】取り下げるまで
【その他】18歳未満の方はご遠慮ください

以前、ROを遊んでいたのですが、しばらく離れていました。
また遊んでみようと思うのですが、一人だと寂しいので募集させて頂きます。

プレイスタイルはまったりです。
狩りやMDもしますが、どちらかというとお喋りメインかも知れません。
できる限り応募して下さった方のプレイスタイルに寄り添いたいと思います。
職業などは相談させて頂きますが、資産や装備などがありませんので、初期戦力としてはあまり期待なさらないで下さい。

遊ぶゲームは出来ればROがいいですが、別ゲームをご希望の方は相談させて下さい。
一緒に1から始めるのでも、既に遊んでおられるゲームに誘って頂く形でも大丈夫です。
ただ、PCの性能がそれほど高くはないので、あまり高スペックを要求されるゲームはお断りさせて頂くことがあります。(GTX 960程度)

SNSなどのリアルタイムなツールも使用を想定はしておりますが、リアルは原則不干渉でお願いします。
discordなどのVCも対応出来ますが、VCでのチャHはNGとさせて頂きます。

それなりにHなことには興味があるので、チャHは下手ですけどしてみたいと思います。
内容は痛い・汚い以外ででお願いします。
あまり特殊な性癖をお持ちの方よりも、普通に優しく甘々して下さる方のほうがお互い楽しいのではないかと思います。

ライトノベルに興味があり、自分でも創作をしたりしますので、そういうのに理解がある方だとなお嬉しいです。(これはあまりこだわりません

もしお気に留めて下さった方が居ましたら
まずはお話から、軽く自己紹介を添えて下記までメールをお願いします。

oaiteboshuu_sei_h?outlook.jp(?を@に変えて)

宜しくお願い致します。

ttp://moeita.net/cgi-bin/patio/patio.cgi?bbskey=7&mode=view&no=1677

名前: コマンド/メール(省略可):
レスを全部読む 最新レス50 レス1-100 掲示板のトップへ リロード

[113:121]【18歳未満進入禁止】弓職&踊り子命令スレ Part6
1 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2013/06/12(水) 11:44:14 ID:g.gYOhhc
ここはハァハァ鯖に住んでいる弓職&踊り子系達にあんな命令こんな命令いっぱいして、
ハァハァしたり、ハァハァを鎮めるスレです。
ここでは弓職&踊り子系(アーチャー、ハンター系列、ダンサー系列)専用スレです。

★板共通ルール★
・ttp://www.ragnarokonlinejpportal.net/bbs2/test/read.cgi/ROMoe/1063859424/2
・マターリ厳守。
・荒らしは完全放置。
・ROと関連のないネタで盛り上がるのはダメ。
・コテハン叩きも、スレの雰囲気が荒れるからダメ。

ほかテンプレは>>2


112 名前:元気っ娘ワンダラー・セレシア 投稿日:2018/10/22(月) 03:37:20 ID:F1lnx/U2
>>108さん
「ち、違うからっ。不正になんてしてないからっ」
 そう言っても聞いてもらえず、セレシアは108とその友人にえっちな取り調べをされることになった。
 108に肩を抱かれるようにして抑えられ、もう一人に丸出しの首筋に息を吹きかけられる。そうされながら背中やお尻をそっと撫で上げられると、ふにゃ〜っと力が抜けてしまい……。
「んっ……そ、そんなにされたらぁ……はぅ……感じちゃう……!」
 男たちの大きくてゴツゴツした手。しかし、優しい愛撫は彼女にとって快楽だった。
 元々全身が敏感と言っても過言ではないセレシアは、こういう責め方にとても弱い。
 触れられてもいない乳首が早くもそそり勃ち、衣装の上からツンと浮き出し始める。
 両脚はガクガクと震え、カラダの昂りに応じて息遣いも荒くなってくる。
(こ、こんなのズルいよぉ……二人でそんなになでなでされたら、それだけであたし……)
 耳まで紅潮して身悶えていると108から乳首の勃起について指摘されてしまう。「ここが怪しいな」と。
「あ、怪しくなんてないってばっ。あたしはただのワンダラーだよっ」
 そう言っても聞いてもらえず、Iカップバストに男たちの手が伸びていく……。
 背後の男には服の上からおっぱいを揉み解され、ゆったりと、しかし強く深く指を埋められて形を変えられる。
 108も服の上から左右の乳首を撫で回し、ビンビンの先っぽを指の腹で刺激していく。
「はぁ……はぁ……な、なんだかもう、イっちゃいそう…………あれ?」
 突然手が止まってしまい、イクにイケず昂ったカラダを持て余すセレシア。もじもじとしていると抱きかかえられ、ベッドへと連れて行かれる……。

 ベッドの上で服を剥ぎ取られ裸にされるセレシア。先ほどの責めですっかり力が抜けてしまったので、最早されるがままだ。
「ふわぁ……お、おっぱいだめぇ♥」
 二人掛かりで両乳首をちゅぱちゅぱと吸われ、舌先で舐め転がされ、ビクビクと震えて軽く果ててしまう。ガマンもできずあっさりとイカされてしまった。
 ここで108は「これからも定期的に取り調べをさせるならもっと気持ちいいことをしてあげるよ?」と囁いてきた。
「は、はぃ……もっとえっちなことしていいから、もっと気持ちよくさせてぇ♥」
 すっかり火のついたセレシアは誘いに応じ、ズブ濡れのあそこをヒクつかせながらおねだりをしてしまうのだった。
 望み通りセレシアは二人の慰み者にされた。爆乳で男のモノを挟みながらお口で奉仕させられ、バックから108の剛直であそこを貫かれている。
「んぅぅ……口もあそこも気持ちいいよぉ……もっとズボズボしてぇ♥」
 もっともっととおねだりするように下の口が肉棒をキツく咥え込む。上の口も同じようにすると二人友ほぼ同時に中出しを決めてきた……。
(あ、前からも後ろからも中にいっぱい出されて……い、イっちゃうぅっ)
 精液の勢いと熱さではしたなく果ててしまうセレシア。しかし男たちはまだまだ満足できないようで、ギンギンの肉棒のまま場所を交代させ、今度は108のモノをお掃除フェラさせられてしまうのだった……。

113 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2018/10/23(火) 00:38:33 ID:CacLX6nc
>>元気っ娘ワンダラー・セレシア
やあ、実はこんなものを手に入れたんだが、ばら撒かれたくなかったら言うことを聞くんだ
(>>104(>>103さんの命令)や>>109の画像が流出してしまったようです)

この薬を乳首に注射すると乳首が発達して感度が上昇し、疼くようになる。
具体的には2日目には服を着ていたらその擦れる感覚だけでイッてしまう程に敏感になるし、3日目には乳首オナニーを堪えることができない上にいくらオナニーしても疼きが収まらなくなってしまうだろう。
効果はそこから数日持続する。前にある女騎士に注射した薬(総合スレ27の179・180)の即効版というわけだ。
これを両方の乳首に注射して効果が切れるまで観察させてもらう。堪えられないようなら相手もしてやろう。

※ファイルが2つ入っていますが片方はプロフィールに使えるように命令のシーンを抜いたものになります
※閲覧注意!性的描写を含みます。zipに圧縮してうpします
ttp://moeita.net/cgi-bin/uploader/upfiles/file1540222050.zip

114 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2018/10/23(火) 04:28:56 ID:vNMX9pJ2
>元気っ娘ワンダラー・セレシア
>>110でおまんこの茂みを見せて貰ったけど、今度はもっとマニアックでエッチなことをお願いしようかな。
冒険者アカデミーで海の近くの修練場を借り受けることができたんだ。
そこは常夏の海に設定してもらったから、水着姿をみせてもらいたいな。
水着は俺が用意した、白くて薄い透け透けのやつだ。これに着替えた姿を見せて欲しい。
白くて薄いから、おまんこの茂みも丸見えだろうね、そんな恥ずかしい姿をみせてほしいんだ。
それといやらしい言葉を口にしてもらおうかな「セレシアの白い水着から、おまんこの茂みを見てください」とか何とかね。
あそこ、なんて言っちゃダメだよ、ちゃんとおまんこって言わないとダメだからね。
いやらしい言葉を口にする度に恥ずかしがる君を見てみたいんだよ。
浜辺で遊べるようになっているから、君のいやらしい水着姿を見ながら、水遊びしてもいいかもしれないね。
存分に浜辺で遊んだら、水で水着が余計に透けているよね。
「セレシアの水で透け透けになったおまんこの茂みを見てください」ってね。
ちゃんと言えるまで、何度も言い返してもらうからね。
君が恥ずかしがっている様子もばっちりSSを撮るからね。

115 名前:元気っ娘ワンダラー・セレシア 投稿日:2018/10/25(木) 05:24:13 ID:UDmNlRNQ
すみません、続き書くのに時間が掛かってしまいました。あれこれ展開を考えているとどれにしたらいいか結構悩んじゃいますね。

>>111さん
 リヒタルゼンの通りで待ち合わせをした二人。セレシアが目的の場所へ向かうと先に111が待っていた。
 今回は恋人ということで、セレシアは111と腕を組んでむにゅっと爆乳を押しつける。狙っているとかでなく、自然とこうなっただけだった。
「それじゃ、もっと人気のあるところへ行こうか。そうだな、町の入り口のカプラ辺りがいいか」
 111にそう言われついて行くと、それなりに冒険者の姿で賑わいを見せていた。
「こんなところに来て何をするのかな? あっ、わかった。あたしたちのラブラブっぷりを見せつけるんでしょ〜? もうっ、111さんったら〜♪」
 なんて言って腕を谷間に挟んでいると、彼の姿が視界から消えた。次の瞬間、背後から衣装の中に両手が潜り込み、おっぱいを鷲掴みにされた!
「ひゃんっ? ちょ、いきなりなにっ? こんなところでそんな……んぅっ」
 ゆったりと乳肉の形を変えるようにこね回され、抗議の言葉は半ばから喘ぎ声に変わった。
 始めは逃れようと身をよじっていたセレシアだが、男の力と快楽からは逃れられない。すぐに力が抜けてしまい、されるがままになってしまう。
「ね、ねえ? ちょっと? 本当にみんな見てるからぁ……」
 人が集まるところで堂々と少女を羽交い絞めにし、爆乳を揉み解しているのだ。目立たないわけがなかった。
 特にセレシアは、幼げな美貌よりも先におっぱいの方に注目を集めさせるタイプだ。服の中でぐにゅぐにゅと形を変える乳肉に周囲の視線を感じるセレシア。
 執拗な乳責めに乳首が反応し、むくむくと勃起し始めた。それに気づかない111ではなく……
「やっ、そこは……乳首はダメだってばぁ……!」
 乳首を摘まんで引っ張り、コリコリとこねくる男の指先。セレシアは我慢しようとする。しようとするが、敏感な突起を弄られては声を抑えることはできず。
「どうしたセレシア? こんなに乳首を固くさせて……ほら、どんどん勃ってきてるぞ。そんなに気持ちいいのか?」
「んっ、ふあっ……ち、違うもんっ。これは弄られてるから反応してるだけで――」
(こんな人前で恥ずかしいこと言わないでよぉ)
 えっちぃことは嫌いではないが、やはり恥ずかしいものは恥ずかしい。セレシアだって羞恥心がないわけではないのだ。
 鼻の下を伸ばした男たちにジロジロ見られてはいては、『そういう』気分になるのは無理というものだった。
(あっ……ダメっ、そんなに弄られたらもう……)
 執拗な乳首責めにセレシアは絶頂への階段を登らされていた。111は乳房をもみもみしつつ、指の間に勃起乳首を挟んで刺激し続ける。
 全身が性感帯と言っても過言ではない彼女にこれはつらい。我慢も抵抗もできず、果ての瞬間まで昇り詰めてイキ――
「あぁんっ♥ い、イキミルク、もう出ちゃうぅ……っ♥」
 ビクビクと惨めに震えながらイキ果てるセレシア……と同時に乳首からぷしゃっと母乳が噴き出た。
「はぁ、はぁ……イキミルク出すの、気持ちいいよぉ……♥」
「そうだ。もっとイキたいんだろう? 我慢するな。お前がみっともなくイキ狂う姿を皆に見せてやれ」
「やぁ……ま、またぁ……!」
 休む間もなく乳首責めが続けられた。人差し指と中指で母乳を塗り付けるように、ぬるぬると乳首を激しく転がされる。
「やぁんっ、イ、イっちゃう……!」
 イったばかりで敏感になっていたカラダは、あっさりと二度目の射乳絶頂を迎えさせられてしまった……。
 セレシアが仰け反った瞬間、111はすかさず青石を取り出した。そしてそれをセレシアのパンティの中へと突っ込んだ。
「んああっ!」
 ぐちょ濡れの秘所を押し広げ、青石が入り口をふさぐように挿入された。ぶるぶると激しく振動するそれは、文字通り膣内を振動させる。
「あっ、ああっ! は、激しぃ……! こ、こんなのズルいよぉ!」
 もはや溢れ出る声を抑えることはできず、乳首責めと青石の振動で身悶えてしまう。
 そんなセレシアを制するように111は乳房をぎゅうっと強く握り潰し、乳首も親指と人差し指でキツく挟み込む。
「み、ミルクまた出ちゃ……〜〜〜〜〜っっっ!!」
 大量に噴乳してしまい、純白の衣装の胸元がぐっしょりと濡れてしまった。111は「このままでは風邪を引いてしまうな」と言い、おっぱいを丸出しにさせた……。
「だ、ダメぇ……みんなにいやらしいおっぱいと乳首、見られちゃうからぁ……」
 男の手の中で形を変える乳房。その頂点では、大きな乳首がビンビンに勃ってしまっている。
 そのままの状態でセレシアは街中を歩かされた。111はわざと人目につく場所を選んでいるらしく、人さえいれば貧民街まで赴いた。
 当然警備員にも見咎められたが、セレシアの痴態を前にした彼は見惚れていたようで、視線も股間も固くしたまま何も言ってこなかったのだった。

「………………ん、あれ? ここは?」
 どうやら恥ずかしさと快楽でいつの間にか気絶してしまったらしい。セレシアが目を覚ました時、そこは広場ではなく豪奢なホテルの中だった。
「ってなにこれ!? う、動けないよぉ〜〜っっ」
 セレシアは手首と足首の四ヶ所を鎖に繋がれ、海老反りの状態で吊るされていた。それも一糸まとわぬ姿で。今の彼女には恥ずかしい部分を隠すこともできない。
「う〜〜〜っっっ」
 と身をよじるセレシアだが枷付きの鎖はビクともせず、ジャラジャラと音を立てるのみ。
「お目覚めかな?」
 そこへ111が部屋の中に入って来た。シャワーを浴びたばかりのようで髪と肌が湿っており、彼も全裸だった。
「さすがに目立ち過ぎてしまってな。あのまま衆人環視の中で可愛がってやってもよかったが、どうせなら『皆で』じっくりとと思ってな」
「そ、そうなんだ? じゃあさ、ベッドの上で、しよ? だからこれ解いてお願いっ」
 いやいやと首を振りながら懇願するが、彼に解放する気がないことは顔を見ればわかる。なぜなら薄く笑っているからだ。とても愉しそうに、サディスティックに。
(あれ? 111さん、さっき『みんなで』って言った?)
 111がドアの方に視線を向け「入ってきていいぞ」と言った。間を置かず数十人の男たちが室内に入ってくる。
「オレ一人で愉しむのもなんなのでな。声を掛けたところ、こいつらも参加するそうだ」
「そ、そんなぁ……」
 ニヤニヤと口元を緩めている男たち。その手にはバイブやアナルバイブ、搾乳機など様々な道具が握られていた。
(みんなにあんなことされたら、あたし壊されちゃうよぉ……♥)
 これからされることを妄想し、セレシアはビクビクと小さく震えてイってしまった。どうやらMの気質があったようだ。
 それを見て111はいっそう冷たく、しかしサディスティックに嗤うのだった……。

116 名前:元気っ娘ワンダラー・セレシア 投稿日:2018/10/27(土) 14:59:38 ID:nIjCFUmA
>>113さん
「ええっ? この美少女誰!? こんなおっぱいおっきくて可愛い娘、初めて見たんだけど☆
 ――ああっ、ごめんウソウソうそんこだから!」
 すっとぼけるセレシアだが113に白い目で見られた後、SSをバラ撒くと言われ慌てて引き留める。
 こうしてセレシアは113の言いなりになることに……。
 早速胸元を晒すと綺麗なピンクの乳首に注射を打たれる。
「いたっ。ん、そっちも打つの?」
 こうして両方の乳首に怪しい薬液が注射された。刺激のためか乳首は小指の第一関節ほどにまで勃っていた。
(ちょーっとじんじんしてむずむずするけど、この程度ならよゆーよゆー♪)
 そう楽観的に捉えていた。最初の一日だけは……。

 翌朝。セレシアはベッドの上にていつも通りヒモパン一枚で眠っていた。
「う、うぅ〜ん……」
(なにこれ、なんだか、気持ちいぃ……)
 夢現の中、布団を被ったまま小さく悶える。その度に勃起乳首が布に擦れ、セレシアの身体が反応してしまう。
 一度眠ったらまず起きないセレシアもこの快感を無視することはできなかった。
 呼吸する度に布地に擦れる乳首。そこから湧き上がる甘美な刺激により乳首は勃ちっぱなしだった。
「いったい何が――はうぅぅんっ!?」
 目を覚まして起き上がろうとした時、セレシアは乳首からの快感であっけなく果ててしまった。
 目を覚ますとほぼ同時にイカされてしまい、セレシアはガクガクと身体を震わせる。
(な、なに今の? なんであたし、いきなりイっちゃったのぉ……?)
 体の方もようやく落ち着き、セレシアはいつもの衣装に着替えて外出することにした。
 言うまでもなく、着替えるだけで乳首の快感により数回果ててしまった……。

(ち、乳首が擦れてっ……やぁ、またっ、またイっちゃうよぉ!)
 首都を歩き始めて数分後。セレシアは十回目の絶頂を迎えていた。イクたびにミルクを噴き出してしまうので衣装の胸元はぐっしょりだ。
 できれば今日は宿でじっとしていたかったが、ギルメンのアチャ子にスキルのアドバイスをする約束をしている。
 なのでセレシアは、乳首の快感に身悶え、耳まで真っ赤に紅潮させながら待ち合わせ場所へと向かうのだった……。
「そ、それじゃあ、今日はダンサーのスキルについて教えてイクね☆」
 おっぱいがデカ過ぎて弓の扱いは教えられないが、ダンサーとしてなら話は別。
 そう思って提案したのだが、数秒後に後悔することになった。
(あっ、そっか。乳首がこんな敏感になっているのに踊ったら……)
 歩いているだけでイってしまうような敏感乳首に改造されてしまったのだ。踊りなんてしたらどれだけイキ狂うことか……。
 ごくり、と唾を飲むセレシア。想像するだけあそこが疼くのを感じる。
 期待と恐怖の板挟みに惑うが、逃げるという選択肢はなかった。
「あたしがイクところ――じゃなくて、踊るところ、しっかり見ててね?」「はいっ!」
 元気よく返事をされ、セレシアはダンスを披露する。
 腰をくねらせ、手足を絶え間なく動かす。その度に爆乳がぶるんぶるんと揺れ躍る!
(や、やっぱりこれ無理! むりむりむりぃ♥)
 固く大きく勃起したままの乳首。いやらしく勃ちしこった尖りは生地に擦れまくり、大量の母乳を噴出させた。
「ふわあぁ……い、イクのがとまらにゃぃ……」
 あっという間に連続絶頂地獄へと叩き落とされ、はしたないアクメ顔で大きく仰け反ってしまう。
 その動作をアチャ子はダンスの一環だと思ったのか特に疑問も感じさせず見ていた。
(あたしのイクところ、ホントに見られちゃってる……113さんのバカぁ……なんだってこんなクスリ使うのよぉ)
 ぶるるん、ぶるるんと豪快に揺れるおっぱい。その先端から絶えずミルクが噴き出し続け、さすがのアチャ子も首を傾げている。
「あのー、どうしてセレシアさんの胸からミルクが?」
「こ、これはっ、そのっ――――実はワンダラーが踊ると自動的にミルクができるとかできないとかっ!」
 テキトーこいたセレシアだが相手は純朴な初心者。「すごいですっ!」の一言と共に目を輝かせていた。
 その後、アチャ子はただでミルクが手に入ると意気込んでダンサーを目指すようになったとか。
(大ウソついてちゃってごめん……でもあたしがヘンタイなだけなんてさすがに言えないよね?)

 更に翌朝。乳首はより淫らな状態となってしまっていた。
「はぁ……はぁ……も、もうだめぇ……乳首が疼いて疼いて治まらない……」
 ベッドの上でパンティ一枚の格好で悶えるセレシア。何もしなくても乳首がずっとズキズキと疼き続け、ビンビンに尖り勃っていた。
(どこかで113さんが見てるはずだけど……ガマンできないし無理!)
 両手を胸元へ持って行き、乳首オナニーを始めてしまう。きゅっと両方ともキツく摘まみ上げ……
「きゃうぅう! な、なにこれぇ! 乳首すごいよぉ♥ はうっ、はぅぅんっ♥ 乳首がとけちゃう……!」
 摘まんで引っ張り、コリコリとこねくり回す。あっという間に連続絶頂に陥り、びゅーびゅーとミルクを噴き出し続けてしまう……。
(あ、あたし、このままじゃ乳首だけで狂っちゃう……)
「ふあっ、イクっ、イクぅうううんっ!!」
 胸の形が変わるほどぎゅーっと両乳首を引っ張り上げた瞬間、セレシアは大きく仰け反ってイキ果てる。
 まるでブリッジをしているような状態となり、一際勢いよく射乳してしまった。
 そのまま何時間も乳首を弄り続け、シーツがぐっしょになるまでイキミルクを出し続けたが、疼きが収まる気配はなく。
「はぁ、はぁ、はぁ……あたしのちくびぃ……ど、どうなっちゃったのぉ?」
(このままじゃホントに狂っちゃうよぉ……だれかたすけてぇ……)
 すっかりとろけたイキ顔のセレシア。結局、その日は快楽と疲弊で気絶するまで乳首イキを繰り返し続けるのだった……。

 そして四日後の朝。目を覚ましたセレシアは、自分が椅子に縛り付けられていることに気づいた。
「な、なにこれ? なんであたし、縛られて……!?」
 両手は後ろ手に縛られ、両脚も椅子の足に縛り付けられている。それもパンティ一枚の恥ずかしい格好のまま。
 そこへ113が現れ「愉しんでもらえたかな?」と声をかけて来た。彼はこの四日間、ずっとセレシアの痴態を隠れて見てたという。
(あたし、こんな乳首なのに縛られちゃって……これからどうなっちゃうんだろう……)
 きゅん、疼く子宮。あれだけイったのに乳首は今も甘い痺れを発し、セレシアの情欲を煽っている。
 113に弄ばれることを想像するだけでイキそうになる。が、意外にも彼は何もせずセレシアを見守っていた。
「あ、あのぅ……何もしないの?」
「ああ。イキ狂う様は十分に堪能したからね。今度は焦らし抜かれたらどうなるのかを観察させてもらうよ」
「そ、そんなぁ……」
 絶望的な呻きを漏らすセレシア。その瞬間、乳首はよりいっそう熱く激しく疼き始めるのだった……。

117 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2018/10/28(日) 05:08:34 ID:ybv/zfsI
>元気っ娘ワンダラー・セレシア
元気な君にプレゼントがあるんだ。アリスからドロップした魔法の口紅だ。
この口紅は塗った人の思ったままの色になる魔法の口紅なんだ。
せっかくだから使って見せて欲しいな。魔法の口紅だから色は絶対に落ちないからね。
(男の肉棒の匂いや先走り汁、精液が欲しくなる魔法の口紅さ。
 色が変わる効果は本当にあるから、その見返りとして俺の肉棒をお口でご奉仕してほしいな。
 俺の肉棒を口紅の様に扱って、先走り汁を口紅に塗り重ねる所を見せておくれ。
 君が肉棒の先を唇に塗っている様子を観察させてもらいながら、
 先走り汁を唇に塗りつけている水音を、今日一日中聞かせて貰おうかな。)

118 名前:元気っ娘ワンダラー・セレシア 投稿日:2018/10/28(日) 10:12:28 ID:dd/PUITI
>>114さん
「もう、114さんったらスケベーなんだからぁ」
 なんて言いながらまんざらでもない態度のセレシア。早速海の修練場で白ビキニ姿になる。
「わぁ、ホントにスケスケなんだ。かなりえっちだねコレ。さすがのあたしも恥ずかしいかもっ☆」
 両腕を胸に寄せて「きゃー♪」なんて照れているセレシアだが、実は水着を着る前から性的に興奮していた。
 >>116で打たれた薬の効果がちょっと残っており、乳首が勃起したままになっていたからだった。
(どうしよう……おっぱい敏感なのにこんなえっちなカッコさせられちゃって、あたしどうにかなっちゃいそう)
 スケスケのビキニだから、いやらしく勃起する乳首もあそこも丸わかりだった。
「じゃあ、114さん? あたしのおまんこの茂み、もっとよく見て♥」
 当然114がセレシアの状態に気づかないはずがなく食い入るように見つめていた彼の前に下半身を突き出すポーズをとる。
 髪と同色のピンクの茂みは、濡れたスケスケ生地に張りつき、くっきりと浮き出ていた……。
「やぁ……114さんったら近くで見すぎよぉ! 息がおまんこに当たって……何だかゾクゾクしてきちゃう」
 耳まで真っ赤にしながら息を荒くするセレシア。カラダが異様に興奮していて、火照り過ぎて見られているだけでイってしまいそうになる。

 その後、114の勧めで海へ入るが、火照ったカラダを鎮めるどころか乳首を刺激する結果になり、ますます昂ってしまうセレシアだった。
「はぁ……はぁ……ほら、114さぁん♥ 今度は海水といやらしい蜜でスケスケになったおまんこの茂み、見て?」
 すっかり火のついたセレシアは、波打ち際でぐしょ濡れのあそこを披露する。それをじっくりと114に見られ……
「あっ、んんっ……イ、イっちゃう……!」
 ビクビクと軽く果ててしまい、愛液をしぶかせてしまうのだった……。

>>117さん
 >>116の後、着替えようとしていたセレシアの前に117が現れ、口紅を渡してきた。
「これをあたしに? へぇ〜、なんだかいいかも♪ 大人のおねーさんに大へ〜んしんっ☆ なーんてねっ!」
 何の疑いもなく口紅を唇に塗りつけていくセレシア。彼女が想像した通り、口紅は薄くて綺麗なピンク色に変化した。
「あ、あれ? なんだかあたし、とってもえっちな気分になってきちゃった……?」
 少し違う。セックスがしたいとかカラダが火照ってきたというよりは、男の一物を咥えたくてたまらないという感じだ。
「ね、ねぇ、117さん? あたしに何かしたっしょ? ううん、怒ってないのよ? その代わりに――」

 数分後。セレシアは砂浜で跪き、あぐらをかいた117の一物を咥え込んでいた。
「んっ、んむっ、はむっ」
(117さんのすごくおっきい。顎が外れちゃいそう……)
 口内と舌で奉仕していると、勃起した先っぽから粘っこい先走りが。
 117の言う通り、セレシアはそれを唇に塗りつけていく。
「んっ、ぬるぬるしてなんだかヘンな感じ……でも、なんだかいいかも♪」
 とろ〜んとした眼差しで一心不乱に肉棒を玩具にするセレシアだった……。

119 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2018/10/28(日) 22:44:57 ID:e9BXH7GE
元気っ娘ワンダラー・セレシアに命令だ
ハロウィンでニブルヘイム風スィートホテルが無料で宿泊できるらしい
そこで愛し合おうか
縄やバイブや道具を使ったりお尻をスパンキングしたり
あられのない姿をSSで撮りつつ存分に堪能させてもらうからな

120 名前:元気っ娘ワンダラー・セレシア 投稿日:2018/11/02(金) 08:43:37 ID:gt9U0Dbw
>>119さん
 ホテルの部屋に入ると既に119の姿があった。セレシアはベッドに寝かされると縄で手足を縛られ、大の字に固定される。
(やだ、動けない……あたし、ナニをされちゃうんだろう?)
 恐怖と期待で高鳴る心臓。触れられてもいないのに乳首とクリトリスがピンッと固く大きくなり、あそこも疼き出してしまう……。
 119に衣装の胸元をズリ下ろされ、スカートもめくり上げられて純白の紐パンを露わにされる。
 恥ずかしい格好をじっくりと119に視姦され、やがて乳首が勃起していることを指摘された。
「ち、ちがうのっ。これはその……あっ、ダメ! そこは……乳首摘まんじゃひぅうっ!」
 懇願も虚しく左右の乳首をきゅっと摘まみ上げられ、思わず仰け反るセレシア。
 そのまま親指、人差し指、中指でぐにぐにと勃起乳首を解され、ますます固く大きくなっていく。
 前回の一件で乳首はすっかり敏感になっていて、こんな優しい責めでもあっさりとイクようになってしまっていた。
「だ、だめぇ……もうイっちゃ――あれ? ……なんでやめちゃうの?」
 涙目でイク瞬間、というところで急に手が止まる。快楽の波が引くとまた乳首責めされ、イキそうになると寸止めをされ……。
「んぅ……じ、焦らさないでよぉ……こんなの続けられたら、あたし、おかしくなっちゃう……!」
 焦らし抜かれた乳首はもうはちきれんばかりに勃起し、ズキズキと甘い痺れを発している。パンティは愛液でぐちょ濡れ。純白の生地に吸い切れなかった蜜がシーツを汚していた。
「お願い……もうイカせぇ……イカせてよぉ……119さんのいじわるぅ……!」
 涙目で悶えているとパンティの中に固いモノを突っ込まれ、目を瞠るセレシア。見ればそれは巨大な黒いバイブだった。
「んはああっ! イ、イっちゃった……♥ あっ、ダメっ♥ 今ぶるぶるされたらぁ……!」
 焦らし抜かれた身体は挿入だけで軽く果ててしまい、更にそこへバイブのスイッチが入れられ振動が始まった。
 119はバイブがズレないように膣奥までしっかり挿入した後、パンティの中に入れて固定する。
 そして119自身は勃起したままの乳首にむしゃぶりつき、ちゅぱちゅぱと左右の乳首を交互に吸い続け……
「んひぃぃ! それらめぇ!み、ミルク出ちゃうぅうう〜〜っっ♥♥♥」
 膣を抉る極太の振動と執拗な乳首責め。セレシアの昂ったカラダはあっさりとそれに屈し、119の口の中にたっぷりと射乳してしまう。
 そのままミルクをごくごくと飲まれ続け、涙目で身悶えていたセレシアはやがて意識を失った……。

「――……あれ? あたしなんで……ああ、そっか。確か119さんとのえっちで気絶して……ってまた縛られてる!?」
 いつの間にか素っ裸にされ、また駿河問いの恥ずかしい格好で固定されてしまっていた。
(うぅ……こんなカッコ、恥ずかしいよぉ……でも何だか興奮してきちゃうかも♥)
 はしたない顔で紅潮していると、パチン、パチンと何かを挟む音が。その瞬間、乳首から鋭い痛みが。
「い、いたっ……って119さん、あたしの乳首に何やってるのぉ……?」
 見れば勃起乳首には洗濯バサミが挟まれていた。それも結構キツく挟むタイプのだ。
 ジンジンと痛く甘く痺れる乳首。こんな身動きできない状況で弄ばれる……そう考えるだけでセレシアはイキそうになっていた。
 セレシアの背後に回った119は、ギンギンに怒張しきった一物を取り出すと、ぐしょ濡れのおまんこへと突っ込んだ!
「ひぐぅう! ふあっ……♥ 119さんの、さっきのバイブよりおっきぃ♥」
 すっかり火のついたセレシアはもう嫌がることなく快楽を受け入れてしまう。バックから一突きされるたびに仰け反り、身悶え、ロープを軋ませる……。
 119の剛直は先ほどのバイブとは比べ物にならないほど固く太く大きく、セレシアを焦らし責めする間に雄々しくなっていたという。
 子宮まで届く衝撃は脳天まで響く快楽となりセレシアを気持ちよくしていく。また突き上げられるたびにおっぱいがぶるんぶるんと揺れ、洗濯バサミで乳首が刺激される。
 結果、セレシアは一分と持たず射乳絶頂を迎えてしまった。
「気持ちいいのぉ♥ 119さん、もっとあたしを可愛がってぇ……♥ ひゃぁんっ」
 ぱしんっ、とお尻を叩かれ目を見開くセレシア。119はピストン運動をしながら安産型の大きなお尻をスパンキングする。
 叩かれるたびにあそこをきゅうきゅうと締め付けてしまう変態ワンダラー。すべすべの白いお尻はもう真っ赤になっていた。
(こんなに気持ちよくされちゃって……あたし、どうなっちゃうんだろ……)
 そう考えながらも興奮冷めやらず、セレシアはどっぷりと中出しされると同時に大量のミルクを吹き出しながらイキ果ててしまうのだった……。
 ちなみにこれまでのえっちはしっかりとSSに撮られており、以後もセレシアは119に肉体関係を強要されたとか。

121 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2018/11/04(日) 10:48:47 ID:lrElNdR6
>元気っ娘ワンダラー・セレシア
自己紹介での『今までで一番気持ちよかったエッチを答えなさい』で答えていた
『12人PTで狩りした日なんか大乱交だったよ!あたし一人で11人も相手したんだからっ。』の話を
その時の事を思い出しながら詳しく聞かせてもらえるかな?

名前: コマンド/メール(省略可):
レスを全部読む 最新レス50 レス1-100 掲示板のトップへ リロード

[114:43]【18歳未満進入禁止】聖職者命令スレ Part17
1 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2018/03/03(土) 23:04:29 ID:iFwlOukk
ここはハァハァ鯖に住んでいる聖職者達にあんな命令こんな命令いっぱいして、
ハァハァしたり、ハァハァを鎮めるスレです。
ここは聖職者系(アコライト、プリースト、モンク等)専用スレです。

★板共通ルール★
ttp://www.ragnarokonlinejpportal.net/bbs2/test/read.cgi/ROMoe/1063859424/2
・マターリ厳守。
・荒らしは完全放置。
・ROと関連のないネタで盛り上がるのはダメ。
・コテハン叩きも、スレの雰囲気が荒れるからダメ。

前スレ
【18歳未満進入禁止】聖職者命令スレ Part16
ttp://www.ragnarokonlinejpportal.net/bbs2/test/read.cgi/ROMoe/1434110467/

他のテンプレは>>2


34 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2018/10/24(水) 22:31:29 ID:Xc6yqlAs
>ママ修羅『リネット』
君の写真、とくに笑顔に惹かれて君を借り受けようと思ったわけだ。
今日から三日間ほど、俺の家の雑事をしてもらう。その間、個人的にも記録を撮って
置きたいから、時々、君の写真を撮ることになるから、君はこっちを向いて微笑んでくれよ。
俺の家での格好についてだが、基本的には全裸でいてもらおうか。
こっちを向いて、今着ているプリーストの装束を脱ぐところを見せるところから始めようか。
もちろん身体を隠したり、顔を背けたりするなんてことはしてはいけないよ。
恥ずかしがるくらいはしても構わないけど、記録を撮るからしっかりこっちを向いてね。
全裸になったら、身体をぐるりと記録したあとから、まずは俺のデスクワークから手伝って
もらおうかな。言われたとおりの資料や本を取ってくればいい。
軽食を作って貰うこともあるときは、エプロンでも着けてもらおうかな。
裸エプロンでお尻を揺らして何か作ってくれ。

35 名前:ママ修羅『リネット 投稿日:2018/10/26(金) 18:59:24 ID:yNU.xFnA
すきません、いったんコテを取り下げます

36 名前:ママ修羅『リネット』と娘プリ『ロジーナ』 投稿日:2018/10/28(日) 09:58:08 ID:6YqbON16
少々改定を…

問1:きゃらくたーしみゅれーたー(ttp://nozomi.arege.jp/ro/)の該当イメージへのリンクを晒しなさい
【ママ修羅『リネット』】
ttp://nozomi.arege.jp/ro/#FemaleSura_14Black_5579

ttp://nozomi.arege.jp/ro/#FemalePriest4_14Black_5579
もしくは
ttp://nozomi.arege.jp/ro/#FemalePriest4_14Black_2251
*教会の仕事の手伝等でプリーストの格好をしているときもあります。

【娘プリ『ロジーナ』】
ttp://nozomi.arege.jp/ro/#FemalePriest1_11Black_19958_5401

問2:身長は?
【ママ修羅『リネット』】
163cm程です。

【娘プリ『ロジーナ』】
146cmよ

問3:3サイズは?
ママ修羅『リネット』
上から92、68、78位でしょうか。

【娘プリ『ロジーナ』】
70、62、67かしら

問4:弱点を答えなさい
【ママ修羅『リネット』】
怪我で既に一線を退いたことです。
トレーニングは欠かしていませんが。

【娘プリ『ロジーナ』】
ママみたいに鍛えてるけど、なかなか追いつけないわ…

問5:自分の自慢できるところは?
【ママ修羅『リネット』】
体は…それなりに自信があります。

【娘プリ『ロジーナ』】
声には自信があるわ。端っこだけど聖歌隊にも名を連ねていたし。

問6:どういう風にされるのが好きか答えなさい。
【ママ修羅『リネット』】
…ここに来る以上は話さなければならないのですよね。
戒められると…感じてしまうのです。
闘いの中で受けた、あの体を焦がすような屈辱感…
戦う術を失ったあの時の喪失感…
今となっては味わえぬあの感覚を、何故か懐かしく感じてしまうのです。

【娘プリ『ロジーナ』】
私は玩具になる気は…分かったわよ。話すわ。
ママの写真(聖職スレ17-34の件)を見ちゃったの…あられもない姿のを、よ。
当然ショックだったわ…だけど、とっても…幸せそうというか…充実してるっていうか…

問7:初体験の時のことを語りなさい
【ママ修羅『リネット』】
アコライト時代に私の指導担当だったモンクの方と。
私の夫でしたが、今はもう還らぬ人です…

【娘プリ『ロジーナ』】
私はまだそう言うのは…

問8:今までで一番気持ちよかったエッチを答えなさい
【ママ修羅『リネット』】
交わりの内容を特に意識したことはありません。
それに、今までは闘いが日常だったので。

【娘プリ『ロジーナ』】
(顔を真っ赤にして)
特に、そういうのは…ないから!

問9:備考をどぞ
【ママ修羅『リネット』】
一線を退いた修羅の女性です。
アコライト時代に結婚、モンク時代に娘をもうけた後夫と死別しています。
闘いと子育てに明け暮れ、前述の通り負傷により引退。
その後、戦場で受けた辱めが忘れきれずにここに来た次第です。

【娘プリ『ロジーナ』】
リネットの娘で、聖歌隊にも名を連ねていた新人のプリーストです。
(ここに来た時点で除籍になってますが)
母の秘密を垣間見たことでなし崩し的にここに来て共に肉玩具に加工される事になりました。

問10:スレ住人に何か一言
【ママ修羅『リネット』】
よろしくお願いします。
命令は基本2人でこなしていくことになると思います。
正直娘を巻き込みたくはありませんでしたが、こうなってしまった以上は…

問11:貴方の命令上限数を教えてください
2つ

問12:貴方の属性/NG属性などありましたら教えてください
特に制限はかけませんが、あまり汚物系は。

問13:他の方々とのコラボはOK?
大丈夫です

37 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2018/11/02(金) 09:43:23 ID:2awoayOw
>>ママ修羅『リネット』と娘プリ『ロジーナ』のリネットに命令です
今日は目隠しとマタ首装備したまま外で相手をしてもらうよ
人気の無いここでガチハメしてやるよ、獣のような牝の声をあげて悦びに咽び泣け


ん?自分が今どこで犯されてたかって?

お前の夫の墓の前だよ

38 名前:ママ修羅『リネット』と娘プリ『ロジーナ』 投稿日:2018/11/02(金) 18:36:33 ID:4W9DVHa.
>>37


 深夜、ほとんどの生者が寝静まり静寂に包まれた墓地の中。。
「んひぃ!いぐ…いっでしまいます!」
 訪れる者もいないはずの墓地に肉のぶつかる音と、リネットの獣じみた喘ぎ声が響く。
 修羅の装束を纏い首元をマタの首輪で彩られた彼女は、黒い目隠しをされた状態で背中から貫かれていた。
「はは…玩具志願というからどんなのが来るかと思ったら…」
 ルアフを炊きながら彼女を貫いていたアークビショップの>>37は、手にしたリードをぐいっ、と引っ張りながらは言う。
 きゅっ、と彼女の喉が絞まり、嬌声がが1オクターブ上昇する。
「ぐっ…ぬ…かは……」
 肉のぶつかる音が遠のき、視界がかすむなか、>>37に貫かれ続けたリネットは絶頂と共に意識を手放した。


「はぁ…はっはぁ…ひっ…ひ…」
 下半身をあらわにしたまま、墓石の1つを抱えるように抱きしめ、浅い呼吸を繰り返すリネット。
 意識を失った彼女は貫かれたまま意識を取り戻した。
 >>37の腰が前後に動く度に快楽で身体が打ち震え、墓石に押しつけられている豊満な乳房が圧迫される。
「しかし勿体ない…」
 パァン!と乾いた音が響く。
 乾いた音と主に露わとなった尻肉に掌の痕が刻まれ、同時に突き立てたイチモツの締め付けがにわかに強くなる。
「尻を叩かれただけでここまで感じてしまうとは…いけない未亡人だ」
「…ん…分かってはいます…」
「お嬢さんを巻き込んだことも?」
「はい…私の不手際でした…っ…あっ…ああ」
 挿れられたままのイチモツを焦らすように、ゆっくりと攪拌される。
 奥を打たれるような、目の覚めるような刺激に欠けるそれは、とてももどかしい。
「いかがするんですか?」
「知られた以上、すべてを知ってもらうしかありません」
「というと…?」
 頷きながら、ヒクヒクと物欲しそうに蠢く後ろの穴を指で触れる>>37
「んっ…ん…んあ…ああ」
 >>37が後ろ穴に当てた指に力を込める度に、リネットが切なげな声を漏らす。
「あの子も、私と同じように…」
「そうですか……だ、そうです」
 >>37は言葉と共に彼女の目隠しを剥ぎ取った。


 やはり。
 視界に飛び込んできた『それ』を見た彼女の感想だった。
「目隠しをされて、外に連れ出された時から予想はついてました」
 墓石に刻まれた夫の名前をなぞりながらリネットは言う。
「正直、今でも実感がないのです。出会いも、結婚も、出産も、そして別れも…すべてがまるで矢のように通り過ぎていったので…」
「そうですか…」
「はい。それに『ここ』にあの人はいません。埋葬の準備が整っているだけです」
「なるほど」
 行方不明からの死亡扱い、という流れが>>37の脳裏をよぎる
 冒険者にはよくあることだ。
 リザレクションとて万能ではない。
 呪い等で蘇生を阻止されたり、亡骸が原形を止めていなければ不可能だ。
「辛いです。判らないまま、待つというのは」
「……」
 当てが外れたな、と>>37は思った。
「肉玩具が何を考えているかは、私は感知しません。それと、お嬢さんもあなたと同様に玩具になっていただくと言うことで」
「はい…あまり…無茶はさせたくはありませんが」
 リネットは墓石を抱きしめるリネットの頬を一筋の涙が伝う。
 それが後悔故か、それとも喪失なの故か、真意を知るものは誰一人いなかった。

39 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2018/11/03(土) 20:46:35 ID:IWzqA0MI
>>ママ修羅『リネット』と娘プリ『ロジーナ』
鍛えた女の子はアソコの締まりがイイという。キミたちにはその検証に付き合ってもらうよ?
具体的には洞窟の中に用意したギロチン台を用意したから、ここに手足と首を固定させてもらうよ。もちろん裸でね?
リネットさんのおっぱいを堪能したら次はロジーナちゃんのお口で奉仕してもらうからね?
口に一発出したらいよいよ本番だ。二人のおま●こに交互に突っ込んであげるからね
大丈夫。ちゃんと二人のナカにいっぱいいっぱい出してあげるからさ!

40 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2018/11/04(日) 04:09:23 ID:hQVr5aZo
ママ修羅リネットに命令だ。
ママを名乗るなら母乳のひとつでも飲ませてもらわないとな。
出ないならこの薬を乳首に注射させてもらうぞ。
さあ、おっぱいを丸出しにするんだ。
注射した後は薬が馴染むようにおっぱいを揉みまくるからね。
乳首が立ってきたら扱いたり吸いまくったりして何度でもイかせてやるからな。
ミルク出しまくってイキまくってくれ。
ああ、薬には副作用があってね。まあ、乳首の感度がものすごく上がってしまうんだ。
けれどキミなら耐えられるよね?

41 名前:ママ修羅『リネット』と娘プリ『ロジーナ』 投稿日:2018/11/06(火) 22:45:14 ID:7cTYmG2A
>>39様 >>40

胸責め要素が重なっていたので、命令を少々アレンジしてまとめて…

 静かな洞窟の中。
 狩りに移動に、冒険者がせわしなく動き回るフェイヨンの地下洞窟第3層。
 地下の墳墓を構成する家屋のひとつに明かりがともっている。
 だが理由を知る冒険者達は足を止めず、気にもとめない。
 同業の大休止か、そうではなければ関わり合いにならない方が良い案件だ。
 例えば、この母娘の置かれた状況のような。


「これはまた壮観だな!」
 一糸まとわぬ姿で立つロジーナを見ながら>>39は言う。
「最低…」
 両腕で胸と下腹部を隠しながら睨み付けるロジーナ。
「そうぶーたれなさんな。君が望んだことじゃないか」
 悪びれずに言う>>39
 調教を受けるため家を出た肉玩具志望のリネットを後を追って来た娘のロジーナ。
 しかし歴戦の戦士だった母を相手に隠れることなど叶わず、今に至る。
「興味を持つことは悪くない。だが、退路を用意していなかったのは問題だ」
「…殺すの?私を」
「必要なら」
 躊躇なく答える>>39
「まあ、肉玩具の娘なんだ。だから『その時』が来るまでの間、分楽しめるだけの素質はあると思うよ?」
 そう言って肩越しに彼女の背後の空間を見やる>>39


 そこにいたのは母リネットと、床から伸びる柱に固定されている2台の首枷だ。
「……」
 >>39は無言でうつむく母に歩み寄ると、乳首を抓りあげる。
「ん…っ」
「良い声だねえ…」
 抓りあげた乳首を指で扱きながら言う。
「君の声は母譲りか…」
 そう言いながら、ポケットをまさぐりアンプルとシリンジを取り出す>>39
 手慣れた手つきで薬を充填し、豊満な乳房に突き立てる。
「お、お母さ…」
「大丈夫大丈夫」
 空になったシリンジを放り捨て、胸を揉みしだく。
 甘い声が響き、ロジーナが顔を背ける。
「良いことを考えた。君に頼もう」
 そう言って>>39は彼女を手招きした。


「……ごめんなさい」
 リネットの前に立ち、か細い声で言うロジーナ。
「いいの。こっちこそ黙っていてごめんなさい」
「…いえるわけないでしょ」
「それもそうね」
 無理に笑顔を作りリネットは言う。
「私たち…最後は殺されるの?」
「どうかしら…」
 声を震わせながら問いかけるロジーナに、リネットは彼女の頭をなでながらそう答えた。


「だ、大丈夫?痛く…ない?」
「ん…いいわ…その調子…っ!」
 小さな指がうごめく度に胸に官能が迸る。
 >>39に命じられ、ロジーナはリネットの胸を愛撫していた。
「薬が…中でなじんでいくのが分かるわ…」
「そう…」
 顔を赤らめ、捏ねるように母の乳房を揉みしだく。
「もっと・・・そう・・・ん!」
「はは。娘に乳首を抓られて感じているとは…最強の修羅が聞いてあきれる」
 一歩引いた位置で2人を眺める>>39が独り言ちる。
 なかなかに背徳的な光景だが、自身の欲望も爆発寸前だった。


「……」
 >>39に命じられたロジーナが首枷の部品を外すと、リネットは素直にそこに体を委ねる。
 たどたどしい手つきで首枷が固定され、娘の前で母が無様な姿となる。
「ごめんなさい。だけど、許してとは言わないわ…」
「いいの。悪いのは、勝手にアルバムを見た私だから…」
 枷に固定された母の手を娘が握り返す。
 母の背後では、>>39が彼女の無防備な腰をつかんでいた。

42 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2018/11/08(木) 08:35:04 ID:53KyyVPU
>>ママ修羅リネット
教会の仕事でちょっと手伝いを頼みたい。なのでプリーストの衣装で来ていただこう。
用件は地下室の書庫の掃除だ。後で私も手伝いに行くから先に片づけを始めていてくれ。
(書庫には本に擬態したライドワードがたくさんいて、不意を突かれたリネットは服を切り裂かれて全身を舐められてしまう…。)
(そこへ私が登場して、すっかり火照った身体のリネットを可愛がるというシナリオだ)

43 名前:ママ修羅『リネット』と娘プリ『ロジーナ』 投稿日:2018/11/10(土) 22:02:14 ID:d6CqRBJQ
>>42

すみません、濡れ場がかけませんでした

「大丈夫よ」
「でも…」
 あのフェイヨン洞窟での一件から数日。
 リネットとロジーナは>>42より大聖堂地下書庫の清掃を命じられ赴いた。
 本来は一人での作業だったのだが、あの一件以来娘は母から離れようとしなくなった。
「…もしかして、フェイヨンの時みたいな事を考えているのかしら?」
「……」
 図星を突かれ無言で頷くロジーナの脳裏に母の痴態が蘇った。
 体中にいびつな模様を刻まれた裸体を晒し、男を受け入れてよがり狂う。
 だがはしたなくも、色っぽい母の表情と声は鮮烈で、今さっきの出来事のように鮮明に思い出すことができる程だ。
「今日は地下書庫でのお掃除だから」
「そう…今日は…なのね」
 また、ああいう目に遭わされるのだろう。
 母も、自分も、そして時に二人一緒に…
「…ママは…どうしてああなっちゃったの?フェイヨンのこととか…それと…身体のそれとか…」
 考えるほどに憂鬱になる。
「そうね…体のコレは別として…自分探しを成功させてしまったから…かしら」
 悲しそうな表情を浮かべながらリネットは答えた。


 地下書庫には様々な『厄介な書物』が保管されている。
 その多くは危険だが処分できないもの。
 複製された安全な書物の『正当性』を担保するために危険を冒して保管され続けているものだ。
「きゃぁぁぁ!」
 ロジーナの悲鳴が書庫内に響きわたる。
 書架の並ぶ区画に侵入した途端、ライドワード化した書物が彼女の存在を嗅ぎ付け一斉に動き出したのだ。
「離れて!子のっ…いっ…た!」
 ロジーナの左腕に強烈な痛みが走る。
 ライドワードの一体がかみついたのだ。
「この…っ!」
 痛みを堪え、右手でライドワードを掴み引き剥がそうとする。
「離れて…離れてっ!」
「もう…しょうのない子ね…」
 リネットがそのライドワードに手刀を見舞う。
 負傷によって戦えなくなったとは思えぬ強烈な一撃でライドワードがバサッという音と主に床に落下する。
「油断した…いたっ…」
「だめよ。油断しちゃ…こういう場所なんだか…」
 ライドワードの唾液と自身の血でベトベトになったロジーナの左腕に手をかざし、ヒールを唱えようとするリネット、
 だが、右手をかざしすきのできた脇腹めがけ別のライドワードが突進する、
「もう…っ!衰えたわ…ね」
 たちまちこみ上げる灼熱感、
 べりっ!という音と共に僧衣の布地ごと引き剥がす。
「厚手の着てきて良かったわ」
 布地が避け、黒いスポーティーなデザインのブラが覗く脇腹に左手をかざして傷を癒やしながら呟くリネット。
「ごめんなさい。今癒やすから…」
「だ、大丈夫…これくらい自分で…」
 痛みを堪えながら自身の傷を癒やすロジーナ。
「ロジーナ!後ろ!」
「え…っ!」
 スリットから覗く細い足にライドワードが殺到する。
 まるで飢えたオオカミの集団のようだ。
「いた…っ!この…っ!」
 あっという間にストッキングが赤く染まり、がっくりと膝を折るロジーナ。
「がは…っ!」
 それでも首筋に迫る一体をまだ傷を癒やしていない左手で受け止める。
「困ったわね…一旦んひきあげましょう」
 足にかみついたラードワードの群れを気弾で一体ずつ撃ち落とす。
 左腕に噛みついたものは両手で掴み、そのまま引き裂いた。
「いたい…」
「大丈夫よ」
 か細い声で呟くロジーナを抱きかかえ、書架を後にした。


 閲覧台の並ぶ区画まで来ると、ライドワード達の追撃もおさまった、
「お母さんごめんなさい…断…してた」
 大きなテーブルの上に横たえられたロジーナはか細い声で謝罪した。
「教訓にすれば良いわ。生き延びたのだから」
 微笑むリネット。
「………」
 思わず顔を背けるロジーナ。
 彼女をかばい、四方八方から食いつかれた彼女の僧衣は大きく破損し、両袖は喪われ、胸元と脇腹が大きく露出していた。
 それでも堂々としているのは、強さ故か。
「あらあら、どうしたの?」
「な、なんでもない…」
 頬が熱を帯びるのを感じながらロジーナは言う。
「傷は塞がったから、少し休みましょう」
「でも…」
「今日の作業は中止よ。予想以上にライドワードが多いの」
 そう言って娘の額に手を当てるリネット。
「お母さん…強いね」
「元だけど修羅だから…」
 そう言ってリネットは微笑んだ。


「これはまた…とんでもないことに」
 様子を見に来た>>42は目の前の状況に絶句した。
 幸い判読不可能になった蔵書はゼロだったものの、修復には相当な費用と時間がかかるだろう。
「想定以上のライドワードがいました。予備調査の結果とは随分と異なるみたいですが」
 にこやかに、しかし殺気を帯びた声でリネットは言う。
「に、肉玩具が何を…言うか…」
「確かに私達はそうですが『そういうつもり』で向かわせたのならそう言ってくださいな」
「…偉そうに。自覚が足りないようだ。まったく」
 そう言ってふん、と鼻を鳴らす>>42
「まあいい。この穴埋めは日を改めてして貰うとしよう。肉玩具め…調子に乗っているとそのうち単なる肉になるぞ…」
 母娘を残し、>>42は苛立たしげな言葉でそう言い残してその場を後にした。

名前: コマンド/メール(省略可):
レスを全部読む 最新レス50 レス1-100 掲示板のトップへ リロード

[115:111]【18歳未満進入禁止】総合命令スレ29【inハァハァ鯖】
1 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2018/07/07(土) 17:38:17 ID:l0hBvWYg
ここはハァハァ鯖に住んでいる住人にあんな命令こんな命令いっぱいして、
ハァハァしたり、ハァハァを鎮めるスレです。
ここでは職や種族の境界はありません。総合スレです。
ですが、職系のスレが有る場合(弓職・聖職者など)はその職系のスレにお願いします。

★板共通ルール★
・ttp://www.ragnarokonlinejpportal.net/bbs2/test/read.cgi/ROMoe/1063859424/2
・マターリ厳守。
・荒らしは完全放置。
・ROと関連のないネタで盛り上がるのはダメ。
・コテハン叩きも、スレの雰囲気が荒れるからダメ。

ほかテンプレは>>2


102 名前:騎士団のろな子 投稿日:2018/10/28(日) 18:41:06 ID:SILDWvSw
>>99さん
苦手気味なので軽めで許してください…

引き続きプロにあるメイド喫茶で研修中のろな子。
>>93の出張メイドサービスにて多大な失敗をしてしまい、それを店長に報告したところ…
「き、基本的に私、そういう処理は自分でしますから…!というか、元々薄い方というか無毛気味なので生えてな…きゃああぁ!?」
これ幸いとエッチな罰を課されてしまうろな子、仕事終わりに休憩室に連れ込まれてガチャリと入り口をしっかり施錠してしまう99。
「店長には許しを貰っているからね、ああ、証拠のビデオも撮るからね」
「な、なんで…こんな事っ、ううっ……」
メイド服のままパンティを脱ぎベッドに仰向けになって99によるお仕置き剃毛を受け入れるろな子。
恋人とか、そういった関係でもない男性に下の毛を剃られるという、大変恥辱的で屈辱的な行為だというのに…酷い事をされていると思うと興奮してしまうドMのろな子。
(ひゃあんっ…そ、剃られちゃってるうっ、私の大事なところ、99さんに…み、みられながらぁっ…)
静まり返った二人きりの部屋に、ぞりぞりと処理する音と息遣いだけが延々と響いく。そして作業を止める99はてカメラを見ろとジェスチャーを送る。
(し、しかもカメラで音も映像も撮られちゃってぇっ、はぁん…こんなので興奮しちゃうなんて私、変態だよぉ…)
異性に征服される事に悦びを見出してしまい、蜜壺を潤わせて剃毛されてしまう変態ろな子。最後にスクショまでしっかり撮られてお仕置きは終わるのだった。

>>100さん
「先生、今日はよろしくお願いします!」
騎士団からの薦めで病院で検診を受けることになったろな子。
この検診がどんなものになるかも知らず、診察室に少女騎士を迎え入れ医師の100はほくそ笑む。
「早速ですが検査に必要ですのでそこの薬を飲んで胸を見せて下さい」
「あ、はい、わかりま…え!む、胸ですか…?」
お腹とかではなく、いきなりエッチの標的になる事の多い大きな胸を見せろと言われて困惑するろな子。
(100さんはお医者様ですし、変な意図はないでしょう…だ、大丈夫ですよね…)
「わ、わかりました…」
そう言い聞かせるように先生を信頼することにする。
言われるがままポーション瓶の中に入った媚薬を飲み干し、少女騎士は服に手をかけ…意を決して上着を捲り上げると100の前にブラジャー越しの二つの果実をたゆんっと溢れ落とさせる。
(!うう、は、恥ずかしいけど…これはエッチな事、する為じゃないし…)
続いて恥じらいながらもブラのホックを外していき、邪魔な布を全部取り払い、100の前に白く瑞々しい豊乳を曝け出してしまう。
「!?ひゃあんっ!?あっ、やぁっ…いきなりつ、掴まないでくださいいっ、ひゃわあっ!?」
深い谷間を作り異性を惑わす魅惑のバストと鮮やかな桃色の乳輪に、触診という建前も忘れて両手で思い切り鷲掴みしてしまう100先生。
「ふむ、肌もすべすべで胸の張りも抜群に良いですね、どうやら至って健康みたいですね。」
「あんっ、さ、触り方っ…い、いやらしくないですかぁっ…はぁあん!?」
申告通りだとIカップだという、手のひらに収まり切らないいやらしい果実を全ての指を使って捏ねまわし、極上の張りと柔らかさを堪能する。
弱点である乳房を揉みしだかれ、100を楽しませるかのように艶声を上げてしま少女騎士。
「エッチな声が抑えきれませんか?すごい感度なんですね、ひょっとしたらこれは異常かもしれませんね?」
「ふぇっ…そ、そうなんですか…あぁんっ、はぁっ…で、でも…なんだか、ちょっと…」
感じやすいのはいつもの事だが何かがヘンだった。急激に身体が熱くなり、アソコが疼いて堪らなくなっていく。
「次はここも調べてみましょうか」
乳房を卑猥に歪ませて揉みしだきながら、100の手は尖り固くなる桃色の先端に手を伸ばし指と指で優しく摘みクリクリと摩擦するように軽く転がしていく
「んひぃっ!?ああっ、そ、そこはぁっだめですううっ!?あひっ、か、感じすぎちゃっ…ひゃうう、ほ、本当に検診なんですかぁ、こ、これぇっ…あん、はん…やあああっ…!」
「大きいだけでも邪魔そうなのに、この感度だと戦う時大変そうだね。」
などと感想を言いながら執拗に勃起乳首を捏ねくり回して弄ぶ100。
「!ひいっ、だ、だめです…そ、んなに、されたらぁっ…!!やっ、イク、イっちゃいますからぁっ…!あっ、だめ、だめええっ、んやああぁっ!イク…イクうううっ!!?」
媚薬の効果も手伝って、完全に胸だけの愛撫で簡単に絶頂してショーツに恥ずかしいシミを作ってしまう少女騎士。
「やっぱりちょっと感じ過ぎですね、これはもっと詳しく調べて見る必要があるみたいですよ」
そう主張する彼に抱き起こし、分娩台…というらしい。出産の時に使う椅子に座らせられて四肢を拘束されてしまうろな子。
「!な、なんで縛るんですか…?ほ、本当に…これも検査なんですか!?」
流石に彼の所業を疑いはじめるがもう全てが遅かった。
「ろな子さんのおまんこを私のペニスを挿入して直に調べちゃいますね」
眼前でズボンを下ろす先生の立派な勃起おちんちんを見て顔を赤面させてアソコをきゅんと疼かせてしまうろな子
「な、なな、何を…ハァッ…そ、そんな、バキバキで逞しいおちんちん…ハァ…入れられちゃったらぁ…す、すぐイっちゃいますうう…」
媚薬のせいで身体は熱く火照りを増すばかりだし、拘束されて酷い事をされてしまうのだと思うと興奮してしまって不埒な思考が止まらず、もっと気持ち良くして欲しいとそんな事ばかり考えてしまう。
「はああぁっ!!やあっ、おちんちん…入れないでぇっ…!!け、検診なんて嘘じゃないですかぁ…ひぐうっ、はああああぁっ!!?」
口で嫌々言う割に充血し昂り、雄を求めるように花開く秘裂。
蜜を滴らせ、色香を振り撒くその部分に己の分身を突き立て、ずぷずぶと挿入し肉棒で満たしてやると軽く達してしまうろな子、そのまま腰を動かし始めると愛おしそうにまとわりついてきて100を悦ばせる。
「騎士団有数の美少女騎士様が無防備過ぎませんか?こんなにエッチな身体しているんですから犯されちゃっても自業自得ですよ」
「はあんっ、な、んですか、それぇ…ひああっ、あん…そんなぁ、気持ちいいところ、ばっかりぃ…突くのぉ、ダメぇ!やはあんっ!?」
そのエッチな部分の最たるものだと言わんばかりに豊乳を捏ねまわし、身体をしっかり密着させて上からプレスするみたいに肉棒を突き入れまくる。
「それとも、そういう事されたくて誘惑してるんですか?今だって締め付けが凄いですよ」
「ひああっ!?ち、ちがいますうっ…でも、おちんちん…気持ち良すぎひゃうますうう…あんっ、ひゃああぁっ…それぇっ、奥、突くのぉ…いいれすう…はん、あん、うあああん!!?」
媚薬の効果も手伝ってあっという間に100さんのおちんちんに陥落されてしまうろな子…
「妊婦さんが座る分娩台の上で子作りしちゃってますね。この上で子種をたっぷり注いであげますよ」
「そ、そんな言い方ぁっ…ひいん、分娩台の上で、犯されてえっ…ひううっ!」
ギシギシと台を軋ませてスパートをかけていく100先生、逞しい胸板で少女の巨乳を卑猥に押し潰し、喘ぎ乱れるろな子にトドメの中出しを見舞う。
「!!んやああああぁっ、イク!熱いのぉ…奥にいっぱいどぷどぷされてえっ…も、イクっ!イっちゃいますううっ!!!やはああぁっ!?イクうううっ!!」
こうしてまたいつものように騙されて100さんの肉棒で診察という名のエッチを受けてしまう少女騎士。
「あはぁっ、も、もっとぉっ、はんっ!お、おちんちんでろな子を診察してくださいっ!」
「ふふ、淫乱な貴女につける薬は快楽という特効薬以外にはあり得ませんね。私の白濁特効薬をもっといっぱい出して差し上げますよ」
乱れまくって悦んで何十回も中出し治療されてしまうのだった。

103 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2018/10/29(月) 01:59:54 ID:8dieXR5o
>>騎士団のろな子
お久しぶりですね、ろな子さん。
覚えていますか?研究所に侵入してきた貴女を何度か可愛がった科学者ですよ。
また私を追ってきたようですが、また捕まってしまいましたねえ?
部屋の中に閉じ込められてしまってはどうすることも出来ないでしょう。
(何もない個室に入ったらドアにロックをかけられたという状況です。)
しかし、このまま貴女を力尽くで拘束するというのは芸が無い。
そこでどうでしょう。私の実験に付き合っていただき、耐え抜けたら解放しようではありませんか。
では、手始めにこのリングを乳首とクリトリスに付けていただきましょうか?
(根元からきゅっと締め上げるタイプで、一度つけたら私以外外せません)
服は着たままで大丈夫ですからね。付けましたか?
では………振動開始!
どうです?乳首とクリトリスをぶるぶるされてたまらないでしょう?
ですがイクことは出来ませんよ。イク直前に止まってしまいますからね。
貴女の役割は私がいいと言うまで耐え続けることです。
(もっとも、さっきから密かに媚薬ガスを部屋の至る所から吹き出しているのですがね…)
自慰をしたければどうぞ慰めてください。ただし、ここでのことは全て録画されていることをお忘れ無く…。
我慢し続けて気絶するか、オナニーでイキまくって気絶するか。
どちらかで倒れた後、台の上に大の字拘束してからたっぷりと可愛がってあげましょう。
その爆乳を揉みまくり、勃起した乳首も口で吸いながら何度でもイかせてあげますからねえ。
ふふふ……乳首とクリトリスの振動もたまらないことでしょう。
もう焦らすなんて意地悪はしませんからね。中に何度も射精して嫌というほどイかせてあげますよ。
私の気が済んだら解放してあげますからね。
行為が終わった後はしばらくの間、乳首とクリトリスの振動でイキ続けていただきましょうか。勿論拘束されたままでね………。

104 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2018/10/30(火) 21:23:30 ID:FODowGBQ
騎士団のろな子に命令
俺は修行中のチャンピオン。騎士団でも有数の美少女であるろな子に勝負を挑ませてもらう
おや?なにやら警戒している表情だな?
なーに、負けたらヤラせろなんて言わないさ。だから気軽に受けてくれ

ただし勝負中にいやらしいことをさせてもらうがな
胸当てを取り去ったらブラも剥ぎ取って丸出しの乳首を中心に責めてやる
乳首を指で突いて押し込んだ後、引っ張り上げてこねくり回す
蹴りをしてきたら受け止めてパンツの上からアソコを刺激してやろう
そんな感じで快楽を与え続け、動けなくなったら丸出しのおっぱいを可愛がってやるぞぉ
おっぱいを揉みながら勃起乳首を交互に吸って満足したら俺の剛直でイかせてやろう
スキルの効果で三段や連打が出るから俺のピストンは激しいぞ
負けを認めればやめてやってもいいが………本当にやめてもいいのかなぁ?
可愛くおねだりしたら気絶するまでイかせまくって、宿屋に連れ込んで一晩中可愛がってやるからな

105 名前:幼ジルタスとどんくさプリ 投稿日:2018/11/01(木) 17:09:53 ID:0a0RClhk
問1:きゃらくたーしみゅれーたー(ttp://nozomi.arege.jp/ro/)の該当イメージへのリンクを晒しなさい
ttp://moeita.net/cgi-bin/uploader/upfiles/file1541059266.png
左から、ジルタス本来の姿、幼ジルタス、通常プリ、どんくさプリ

問2:身長は?
幼ジルタス(以下「幼」):150cm
どんくさプリ(以下「ど」):162cm

問3:3サイズは?
幼:B78 W52 H80
ど:B120 W64 H92

問4:弱点を答えなさい
幼:唯一の弱点だった外見年齢も操作できるようになったし弱点などない!
ど:その…いっぱい…です…(真っ赤

問5:自分の自慢できるところは?
幼:監獄の主であること。これだけではないが「私」を説明するにはこれで充分ではないかな?
ど:自慢…なんか…

問6:どういう風にされるのが好きか答えなさい
幼:普段は相手を屈服させるのが好みだが、性的キャパシティの低いこの身体で限界近い快楽を浴びるのが最近のお気に入りだったりする
ど:わっ…わたしにそんな選択権なんか…

問7:初体験の時のことを語りなさい
幼:そもそもがいつの事だかも覚えておらん…
ど:自分達の力量もわきまえず監獄に入ってパーティは壊滅。インジャスティスに貫かれました。

問8:今までで一番気持ちよかったエッチを答えなさい
幼:「この身体で」というなら「淫魔の核」とやらを埋め込まれてやったエッチは凄まじかったな。なぜ「私の種で人間が悶死する」のかの一端を垣間見た気がする。
ど:様々な方法で媚薬漬けにされた後にインジャスティスに数日間舐められ続けた時は精神がどうにかなってしまうと思いました…

問9:備考をどぞ
幼ジルタス:スレ24、236での失敗から立ち直り、それでも人間社会への興味も残っていたジルタスはある時、自分にかけられている呪いを用いて「限りなく人間に近い、それまでの自分にはなかった比較的幼い姿」を取れることに気がついた。
それからジルタスは時々その姿をとって人間世界の散歩を楽しんでいるという設定。前述の通り性的キャパの減った身体で快楽を貪るのが最近のお気に入り。人間世界に出る時は色々便利なのでどんくさプリを従者としてつけている。
なお、戦闘能力は本来の体と殆ど変わりない(体重が軽い以外、目立った能力低下はない。取り巻き召喚も可能)上、瞬時に本来の体にも戻れるのでご注意を。
また、人間世界の散歩中の監獄にはインジャスティス達からさえも搾り取るジルタスに似た姿の代理人が来ているとかどうとか。
どんくさプリ:おとなしそうでちょっと太めでどんくさそうな見た目通りどんくさいプリ。前述の通り、パーティで監獄に狩りに来たもののパーティが壊滅。そのまま捕らえられ捕虜という名のジルタスの玩具となっている。
プリどまりでどんくさいがメンタルはなんだかんだで強く、長らく調教を受けているが快楽などによる完堕ちはしていない。逆にそういうところがジルタスに気に入られているようだ。
元々大きい胸だったが重点的に開発されてさらに大きく、敏感で、卑猥な乳輪乳首にされてしまったらしい。環境の割に人間世界に出ている時はわりかし普通の仲間のようにジルタスとやり取りできている。

幼ジルタスの見た目がダンサーっぽいかもだがあくまでジルタスはモンスターで総合枠だ!そこんとこヨロシク!←

問10:スレ住人に何か一言
幼:気持ちいい命令を期待して待っているぞ!
ど:ああああんまり過激なのは…
幼:お前の意見は聞いておらん!
ど:ふぇぇぇんTT

問11:貴方の命令上限数を教えてください
とりあえず2つで

問12:貴方の属性/NG属性などありましたら教えてください
ジルタスのコテということでなるべく挑戦した方がよいのでしょうが書き手の腕のこともあり保証はできないです。
無理そうな場合は都度キャンセルさせていただきます。

問13:他の方々とのコラボはOK?
OK

106 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2018/11/01(木) 20:47:10 ID:/WARclog
>>幼ジルタスとどんくさプリ
ゲフェン大橋の下に住み着いてるのがいるだろ?そうそう、あのこ汚い連中
ある件で奴らに報酬を与えなきゃいけないんだけど、でかい乳の聖職者を輪姦したいらしいんだ
ぶっちゃけあんな連中に報酬なんて与えなくていいと思うんだけど怒った連中がノービスや一次職の女の子を襲い始めたら困る
そこの小さなダンサーさんが君なら楽勝でこなせるっていうから任せるけど・・・(しかも一人300zでいいって・・・)本当にいいのかい?
ダンサーさんも行くのかい?見てるだけ?連中が襲い掛かってきたら危ないと思うよ?
じゃあお願いするけど・・・無理しないでくれよ?

107 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2018/11/03(土) 20:42:02 ID:IWzqA0MI
>>幼ジルタス
ロリジルタスとは珍しい!ではカワイイ可愛いジルタスちゃんにさっそく命令しようか!
乳首とクリにこの震える青石を取り付けてデートしよう。場所は人気の少ないであろうアインベフでね
青石は僕の魔力で動いてるから、もしイキそうになったら止めちゃうからね。カンタンにはイカせないよ?
十分に焦らした後はアインブロック行きの列車に乗って痴漢プレイだ。カワイイ胸やお尻を堪能させてもらうよ?
乳首やアソコを責めてイカせてから挿入して中出しフィニッシュだ!

108 名前:幼ジルタスとどんくさプリ 投稿日:2018/11/07(水) 09:32:00 ID:o4.o9AlI
>>106
「はわぁ…確かにあの身なりは少し引きますね…」
ゲフェン大橋の下を覗き見て依頼のメンバーを視認し、その身なりに聖職者としてあってはならないと思いつつ引いた対応を見せてしまうどんくさプリと
「…私はダンサーではない…ダンサーではないというのに…」
依頼人に小さなダンサーと扱われたことに納得がいかない幼ジルタス。
「この間までハロウィンでしたから仮装と勘違いされてしまったようですね。でも今後はその格好だと騒ぎになっちゃうかもですから普段はマントとかで隠しておいた方がいいかもですね。」
割りと的確に状況を分析しアドバイスするどんくさプリ。しかし、『仮装』という表現が幼ジルタスの怒りの琴線に触れてしまった。
「決定。あんたあいつらに『奉仕』してこい」
「えええええぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇっ」
理不尽。ゲフェン大橋周辺にどんくさプリの困惑のこもった悲鳴がこだました。

「うひょおお!まさか本当に来るとは!!ダメもとで言ってみるもんだなぁ。」
薄汚れた服装。長らく風呂どころか水浴びもしていないであろう垢や汚れで浅黒くなった肌。ボサボサで手入れのされていない髪や髭。物語などでの典型的な浮浪者の身なり。それが5人ほど。その中で比較的体格もよく思考も早そうなリーダー格であろう男が声をかけてきた。
「ああ、私が主人。その私が許可するんだ。『愉しんで』いくといい。」
幼ジルタスのその声で浮浪者たちはどんくさプリに群がっていった。
「痛い!もうちょっと弱く…」
「こんなもん見せられて落ち着けなんて無理さぁ!」
服の上から加減せずに胸を揉むひとりの浮浪者。他の浮浪者たちも思い思いにどんくさプリを貪る。
「俺はここの掃除を頼もうかな。もちろん口でな!」
「むぐっ!?んんんっ!」
あるものはフェラチオを強要し…
「乱暴にされながらもなんだかんだで濡れてきてるじゃねぇか!聖職者といってもとんだ淫売だなぁ!まぁだからといって美味しく頂くことには変わりねぇんだが」
「むぐぐぐ〜…んんん〜〜!!」
あるものはパンツを脱がし乱暴に舌で舐めにかかり…
「くんくんくん…はぁぁぁぁぁ…いいかおりだぁぁぁぁぁ…」
「…」
あるものは髪の臭いを嗅ぎそれに歓喜…は他の浮浪者たちも少し引いていた…

(人としては引くくらい汚い…けどインジャスティスさんたちと比べたら大差ない…かな?)
それだけ色々なことをされているどんくさプリであったがこのときの彼女にあったのは「余裕」だった。普通の女性であれば気をおかしくしかねない状況であったが監獄で調教を受けてきた彼女にしてみれば「これなら調教のほうがよっぽど過酷」であった。
(ああ、そういえばジルタスさんは『奉仕』しろって言っていたっけ…それじゃあ…)
されるがままであることを止め、まずはフェラチオに集中する…恥垢を舌で舐め取り、頬を使って吸引を掛けて行く。その状況で舌が届いた箇所を追加で刺激する…
「…へっ、へっ…まぁいきなりちゃんとしろとかは無理…うほぉぁあああっ!?」
フェラチオさせていた浮浪者がされるがままも仕方ないなと思い始めた頃、ふいに亀頭をいやらしくしっかり、ねっとりと舐めとられた。
そこから股間から色々なものが吸い取られるような錯覚に陥る程のバキュームが始まった
「ほぁっ!凄っ…凄すぎ!でるっ!でてる!吸われる!うあっ!あっ!あっ!!」
免疫のあまりない浮浪者はすぐに射精。しかし、攻めは止まらない。2度、3度といろんなものを快感と共に吸い取られるような錯覚と共にイかされ続け…
「あー、あぁー…」
強烈過ぎる快感で全身が弛緩してだらしなく赤ん坊のような声が口から漏れるだけとなってしまった。
「お、フェラチオ終わったか。おお、おぉ、イキすぎて幸せそうな顔してやがるな…さて、こっちも…ご開帳〜」
胸を揉んでいた浮浪者がフェラチオが終わったことに気付くとどんくさプリの前に回り、服の胸元を引き破る。
「おお〜、おほ〜、こいつはでかさもだが乳輪!乳首!どんなことされりゃこんなんなるんだって話だ!」
ぶるん!という効果音がつきそうな揺れと共に出てきたものは服の上からでもわかった大きさを持った乳房、遠目で見れば乳房に合わせて大きくなった…と見れなくもないが常識の範疇では大きすぎる乳輪、その先の乳首は大人の親指をさらに一回り二回り大きくしたしたような卑猥なものであった。
この言われようにはどんくさプリも顔を真っ赤にしてしまう。
「これはその…確かに元々大きくはあったんですがご主人様の調教で…」
「いいねいいね!ご主人様いい趣味してるねぇ!」
気を良くした浮浪者は再び乱暴に胸を揉みしだく。
(ぅー…この人下手だぁ…インジャスティスさんの方がまだ上手…)
とは言え生の胸を揉む機会をすぐに取り上げてしまうのもなんなのでどんくさプリは少し我慢する。そして頃合を見計らって
「揉んでばかりじゃなくてもっと…愉しい事をしましょう?」
どんくさプリは浮浪者のズボンを下ろし、ペニスを口である程度綺麗にして唾液をまぶしてからその特大乳房で挟み込む。
「ふぇっ?!あっ!なんdっ!?ダメだイクっ!ふぁっ!うああぁぁぁぁっ」
調教された胸は特別製。1分と経たずに浮浪者のペニスから白濁が吐き出される。しかし、攻めは止まず、暫くすると二人目の全身弛緩浮浪者が出来上がった。
他の浮浪者も連続でイかされ続け…

「…すみません、少々時間がかかってしまいました…」
「まぁ、あんたの腕でこれなら及第点よ。『なかなか、美味しかった』わ」
「恐縮です」
ゲフェン大橋の下。仰向け大の字で目の焦点も合わず呆けた感じであーうー言ってる男が数名と女が二人。
監獄パーティ狩りなど今は昔。当時から調教・教育を受けてきた少女の腕前が生半可なものである筈などないのである。

109 名前:名無しさん(*´Д`)ハァハァ 投稿日:2018/11/08(木) 08:39:38 ID:53KyyVPU
どんくさプリに命令!
それだけ立派な乳ならさぞかしミルクもたくさん出ることだろう。なに?出ない?それはいけないな!
この薬を注射するからパンティとニーソだけの格好になりなさい
薬の影響で乳首が親指大に勃起したままになり物凄く疼いてしまうが安心してくれ
俺がちゃんと乳首をしこしこシゴいて何度も射乳絶頂させてあげるからさ!
一通り出したら左右の乳首を吸ってミルクを飲ませてもらおうかな
もちろんそのデカパイを揉みまくりながらね

110 名前:騎士団のろな子 投稿日:2018/11/11(日) 18:48:28 ID:otkgD0n.
>>103さん
「こ、この男は…!ま、間違いありません、私が追っているジェネティックです!」
情報屋に渡された写真に写る人物と研究所とおぼしき建物を見て驚きを隠せないろな子。
その発端は過去の(26スレ119、163で)出来事。(間違えてましたらごめんなさい!)
騎士団の任務で悪党ジェネティックの103を捕らえるべく二度に渡り研究所に潜入したのだったが…どちらも手酷く失敗し、囚われの身となった少女騎士は103に凌辱を受けた。
媚薬も使われて、結局最後は彼のオチンチンにメロメロにされてしまって仲間の情報を喋ってしまったりと結果は散々としか言いようのないものだった。
その後、ヤられっぱなしでは引き下がれ無いろな子は独自に男を追い続けていたが今回ようやくその手掛かりを掴んだ。
「ありがとうございます!それで、情報料は…え、か、身体でも払える…?そ、それは勘弁してください…」
かくして103の研究所に三度目の潜入する算段を整えるのろな子。
「私もあれから経験も積みましたし、アマツには三度目の正直というコトワザ?があったはずです!今度こそ必ず103さんを捕まえてみせます!」
しかし彼女は知らなかった。二度ある事は三度ある。という言葉もまた存在している事を。
―――
「この部屋は…何なんでしょうか、狭いのに何も無くて壁にも何も…あっ!?」
入念な準備の末、クローキングを使い研究所内に潜入したろな子だったが個室のような狭い部屋に入った途端入り口が施錠されて閉じ込められてしまう。
「ふふ、お久しぶりですね、ろな子さん。また私を追って来たようですが、また捕まっちゃいましたね?」
個室の四方を覆っていた壁が収納されていき、本来のガラスのような透明壁が姿を見せると壁の向こうに…忘れられる訳が無い仇敵の男が不敵に微笑みながら佇んでいた。
「あ、貴方は…!くっ…あ、あの時はよくも…!」
目的の103と対面し情報も確かな物だったと確認出来たものの、既に男の手中に落ちて無力も同然の少女騎士。
「ふふ、あの時は何度も可愛がってあげましたねぇ、覚えてくれていて嬉しいですよ」
忌々しく屈辱的な記憶を思い出し、身体を疼かせてしまう少女騎士、このままでは前回のように男の欲望の捌け口に使われてしまうのは想像に難く無い。
余裕たっぷりな笑みを浮かべる103の手には、ろな子を辱める為の試作振動リングが握られているのだった。
「い、いやぁ…なんで、こんなぁ…はぁ、はぁんっ…」
実験に協力して耐え抜いたならば解放してやると言われ、卑猥な用途の振動リングを左右の乳首とクリトリスに、男の見ている前で装着させられる少女騎士。
衣服は完全には脱いでいないものの、恥ずかしい部分だけのストリップを披露したようなもので恥ずかしいし、何よりはだけられた胸元のIカップ豊乳もパイパンな恥丘も隠さず全部見せてしまっている。
「相変わらずエッチな体をしてますね。とても良い姿ですよ、リングも間違いなく付けましたね?…では振動開始!」
繁々ち少女の魅力的な肢体を観察し、男が稼働スイッチを押し込むとヴヴヴヴヴヴと重低音が部屋に響きリングが超振動をはじめる。
「!ひああああぁ!?うあっ、あっ…な、にこれぇっ…ひいいっ!?うあ!はぁっ、んやああぁっ!!?」
想像していた以上に力強く、荒々しい振動が少女騎士を襲い否応無く快楽をもたらしていく。その姿を愉快そうに眺める103。
「私が良いと言うまで快楽に落ちなかったら解放してあげますよw」
「!そ、そんなぁ…あっ、はぁっ…む、無理ぃ…だってもう、ひいぃ…これぇ、すごすぎ…てぇっ…やあぁっ…い、イっちゃいそううっ…」
堪らなくも逃れようの無い刺激に、快楽に弱過ぎる少女騎士は10秒と持たずに絶頂しかけてしまう…
(こ、こんなに、乳首も、クリもぉ…ブルブル暴れ回ってぇっ…いやぁっ、103さんが、見ているのに…すごすぎてぇっ、もうもたないよぅ…!)
乳首とクリとに根元にしっかりと付けられたリングが上下左右にめちゃくちゃに振動しまくって暴れ回り、綻びがあれば弾き飛びそうなくらいにすごい勢いでろな子を乱れさせる。
「んやあっ、ら、らめえぇっ、イク…もう、イクうううっ!?… っ!!?」
このまま絶頂への一気に押し上げられると思いきや…その直前で今の今まで超振動をしていたリングが嘘のようにぴたりと動作を止める。
(え…う、嘘…どうして、止まるの……」
「ふふ、そんなに残念そうな顔をしないでください。そのリング、絶頂感に反応して止まる仕組みになっているんですよ」
「!!だ、誰が、残念そうな顔なんか…んううっ!?」
そうしてまた身体の火照りが少し収まると再度超振動を開始するリング。
(ああっ、ま、また…イク…!?はぁん…ま、またぁっ直前で、止まって…だ、だめ…快楽に、負けたらぁっ…」
しかし当然また絶頂の直前でリングは動作を停止する。
同時に部屋に媚薬効能のあるガスが注入されて余計に身体を火照らせているのだがろな子は気が付かない。
(はぁ…そんな事、考えちゃダメなのにぃっ……」
興奮と媚薬の影響でろな子の思考は徐々に平静さを失っていく。
胸とかアソコとか、いっそ思い切り触って気持ち良くなりたいという邪な衝動や考えが浮かび、その都度に必死に邪な感情を押し殺す。
そんなろな子の心を見透かしたように103は「リングだけではイけないのですから、ご自分で慰めてはどうですか?」と愉快そうに言葉を投げかけ、それは今のろな子には甘美な囁きに聞こえてしまう…
「!だ、誰が…絶対、はん…そ、そんな事っ、するものですか…んやあぁっ!?」
仇敵の男が見ている前で、彼が余計に喜ぶような事をするなんてとんでもない。103には過去に色々とされたが、これ以上彼に弱みを見せる気は無い。そのはずだった。
(はぁんっ…だめえぇっ…変な事、考えたら、思う壺なのに…今度こそ、103さんに、負けたくないのにぃ…こんなぁっ…リングのせいでぇっ……」
虚勢を張ったものの、寸止めに次ぐ寸止めで昂りばかりが募り、追い詰められている少女騎士。ダメだと思いながらも思い出してしまう、目の男に犯された時の事を。
(はぁっ、またぁっ…ここで、快楽に負けちゃったら…あんな風に……)
敵対する男による敗北凌辱、だというのに人一倍敏感で淫らでその上マゾでエロ方面に弱過ぎるろな子は快楽を受け入れてしまった。
恥辱的だとか屈辱だとか思いながらも、自分から犯して欲しいと懇願までして…
「おやおや、絶対にしないんじゃなかったんですかぁ?」
「あっ…!?ち、違うのぉっ…これはぁっ…!!」
過去の凌辱を思い出す内にろな子の手は無意識に停止するリングの変わりに片手で胸を揉みしだき、もう片手でクリトリスを弄ってしまっていた。
「ふふ、良いんですか?ここでの事は全て録画されているんですよ?違うというのなら、手を止めた方が良いんじゃないですか?」
「違う…違うのおっ、こ、こんな破廉恥な事、あん!す、するつもり、なんかじゃぁっ…んやああっ!!」
そう言いながらも慰める手が気持ち良すぎて止まらないろな子。
艶声を上げて103の前でオナニーを披露しまう美少女騎士、もうどんな言い訳も通るはずも無く快楽の赴くままに敏感な豆を弄り、豊満を揉みしだいてしまう。
「いやあんっ、はぁっ…103さんに見られちゃってる、のにぃっ!ひんっ!おっぱいもおっ…クリトリスもぉっ、き、気持ち良すぎてぇっ、手が、止まらないん…ですうっ…!」
もう快楽が欲しくて欲しくて堪らなくて、一度触ってしまったら自制も効かず一心不乱に自慰に耽ってしまうしかないろな子…
「ふふ、秩序を守る騎士団の一員が敵の目の前で公開オナニーとは…すごくエロいですよ、蜜が溢れて止まらないですねぇ」
目の前の男に犯された記憶と妄想とが入り混じり、欲望の熱がろな子を絶頂に押し上げていく。
「イクっ!もおっ…んひいっ!んやあぁっ!イク、イクううううっ!!…はぁっ…はぁっ…んうううっ!」
イってもなおも火照り続ける身体に、手を這わせて再び慰めはじめてしまう少女騎士。もう完全に情欲に支配されて気持ち良くなる事しか頭になく、気絶するまで男の見ている前でオナニーをし続けるのだった…。

111 名前:騎士団のろな子 投稿日:2018/11/11(日) 18:51:56 ID:otkgD0n.
―――
「再会した時から思っていたんですが、前の時よりもおっぱいデカくなってますよね。」
「!な、なにをして…ひんっ!おっぱい…揉んだらぁっ…いやあぁっ、ふやあぁっ!?」
散々オナニーでイきまくり、眼を覚ますろな子はいつかのように大の字に拘束されて、おまけにその大きな胸を揉みしだかれていた。
「しかしすごく激しいオナニーでしたねぇ、快楽に負けてしまったんですから約束通り解放は無しでお仕置きですよ?」
意地悪く笑みを浮かべる103は弄んでいた豊乳の感触を引き続き楽しみながら、再びリングのスイッチを押し込む。
「!!ひああぁっ!?ま、またぁっ…ひんっ、ブルブルしてぇっ…んんううっ!?」
振動を開始してすぐに絶頂へ押し上げられそうになる、先程まででは直前で止まるはずなのだが…
「!!いやあぁっ、な、にこれぇっ…と、止まらないっ、んあっ!はぁんっ、やあっ、イク、イっちゃうううっ!!!?んんんんんんんっ!!!」
リングは振動を止める事無く少女騎士を絶頂に押し上げて果てさせる。
「ああ、もう快楽に屈した貴女に寸止めは必要はありませんからね」
そう告げる103は胸の先端で固くなる桃色に顔を近付け、舌で転がしてちゅぱちゅぱと音を立てて吸い上げる。
「ひいいっ!や、やめえっ…乳首、吸っちゃぁっ…くはあぁっ!?あっ、いやあっ…かんじすぎ…ちゃう…あん、はん!うああぁっ!!?」
左右どちらの乳首も弄られて、同じように吸われて、もう過敏なくらいに感度が上がっている少女の身体は容易く二度、三度と絶頂させられてしまう。
「騎士の癖に身体ばかりエロく育ってさぁ、そんなんだから私みたいな輩に犯されちゃうんですよ?」
「やああぁっ、はあっ!イク、イっちゃうううっ!お、おっぱい吸われて、揉まれてえぇっ…も、気持ち良くってええっ…んやああぁぁんっ!!」
103は美少女騎士の爆乳飽きもせずたっぷりと時間を掛けて揉みしだき、ねちっこく舌を這わせて何十回とイかせまくる。
「ふふふ…乳首とクリトリスの振動もたまらないでしょう?」
(はぁんっ…ま、またぁ…この人にぃ…良いようにされてえっ……)
幾度も絶頂こそしているもののろな子の疼きは解消されるどころかより強くなっていく。自分でもナニを求めて疼いているか理解しているがいくら間違った考えだと思い込もうとしても止めようが無い…
「ふふ、もう我慢出来ないって顔ですね。欲しいんですよねこれが?」
ろな子の目の前でズボンを下ろし、幾度も彼女を凌辱した忌々しい肉棒を取り出す103。
「……!!」
そんなふてぶてしくそそり勃つ男イチモツから目が離せなくなってしまう少女騎士。
「もう焦らすなんて意地悪しないですから、欲しいなら欲しいと口に出して下さい。そうですね、特別にやめて欲しいならそう口にすれば挿入しないであげますよ?」
この後に及んで理性的になれる訳が無いと踏んでいる103。悔しい事に、全くその通りなのだった…
「!…はぁ…も、もう…我慢、できないんですうっ…!!103さんの…オチンチン、ろな子のおまんこに…入れて、下さいっ…おねがいしますううっ…!」
少女騎士の恥ずかし過ぎる大胆なおねだりを聞き届け、くっぱりと口を開け蜜を滴らせる入り口にバキバキに固くなったペニスを一気にねじ込む103。
「!!んやああああぁっ!?はぁんっ、は、入ってくるうっ…大きいっ、103さんの、オチンチン…私のおっ、なかにぃっ…はああんん!!」
「ふふ、敵である悪党男に抱かれたいなんて口走って本当に騎士失格ですね。相変わらずのドマゾで安心しましたよ。」
「あひぃ!ら、らってぇ…何度も、酷い事されてる…敵のオチンチンなのにぃっ…ひん!?い、いけないと思うとぉ…余計に、感じちゃうのぉっ…」
待ち望んでしまった、凌辱者の肉棒を挿入されて搾り取るようにぎちぎちに締め付けて男を喜ばせる少女騎士の腟内。
「ふふ、淫乱っぷりも変わりませんね。久しぶりのろな子さんの膣内、相変わらず締まり良くてが最高ですよ!お望みの通り中に射精して嫌という程イかせてあげますね!」
「んああああっ!はぁん!103さんのオチンチン…奥までぇっ…届いてますうっ、はぁん、子宮口、オチンチンの先でキスされひゃってるううっ!んひいいぃ!イク、も…イっちゃいますううううっ!!?あんっ、ひゃあん!ま、またぁすぐう…いっくうううううう!!んひいぃ!!?」
媚薬とか度重なる絶頂とかで敏感になっている身体は数秒間隔で絶頂して射精をせがむみたいに思い切り膣内を締め付けまくる。
「本当に犯されるの大好きですねぇwそんなに待ちきれないんですかぁ?心配しなくてもいっぱい射精してあげますよ!」
ギシギシと拘束台が軋むくらいに激しく、少女騎士の上から体を密着させて肉棒を突き入れる103。自分の下に組み伏している少女騎士の美貌と、快楽に悶える表情と嬌声を楽しみ、一気にスパートをかける。
「!んああぁっ!!?はああぁっ!いやぁっ、ま、またぁっ、103さんのオチンチンでイクううっ…!悪党オチンチンでぇっ…いっぱい、おまんこ犯されてぇっ…中出しされてぇ、イクううぅっ!イっひゃうのおおぉっ!!?」
「ふふ、美少女騎士様のおまんこに大嫌いな悪党のザーメンいっぱい注ぎますよぉ!敵の精子を注がれる感覚で思い切りイっちゃってください変態ろな子さん?」
「!?い、イク…イクうっ…103さんの精子、中に出て、ますううっ…熱いのぉ…いっぱい、びゅーびゅー注がれてええっ…やあううっ…イク、イクううううっ!!!んやあああああぁっ!!やはああああぁあん!!?」
ドピュドピュと勢いよく注ぎ込まれる白濁液。忌々しく思っているはずの仇敵の精子を膣内で満たされて征服される被虐的快楽に酔いしれて、オナニーなんかと比較にならない気持ち良さで最大の絶頂感を感じてしまうドマゾ騎士なのだった…。
(ま、またぁ103さんに中出し、されちゃったぁっ…で、でもぉ…酷い事されるのぉっ…気持ち良いのぉっ…)
もうすっかり正気を失っているろな子の頭にあるのは目の前の男に犯されたい、という事だけだった…。
「結局またいつもみたいに快楽落ちしてチンポ狂いになっちゃいましたねぇろな子さん?道騎士の肩書きが泣いていますよ?」
「ふああぁっ!?うあっ!はぁん、やあん、103さんのぉ、オチンチン…気持ち、いいれすうっ…はぁん、やぁん!!」
囚われの身になった少女騎士の爆乳をむちゃくちゃに揉みしだき、欲望のままにガンガン肉棒を突き入れていつまでも飽きもせず貪り続ける103。
「ふふ、また射精しますよ」
「はぁ…やあぁん、イク、イクうううっ!!んあああぁっ!あひぃ…」
何十回もナカに射精して宣言通り嫌という程イかせまくり、彼の気が済むまで拘束されたまま犯され続けた。
「ふー、出した出した。今日はこれくらいにしておいてあげますかね。私は休憩しますけどろな子さんは遠慮せず楽しんでくださいね」
「ひいいぃん!?い、いやあぁっ、イクのぉ…と、とまらなぁっ…!!んあっ、うあぁっ!イクっ…ふああぁぁんん!!?」
行為が終わった後は絶頂までしっかり押し上げるように設定されたリングのスイッチを入れたまま拘束台の上で放置されるろな子…
数日間かけてみっちり103の肉棒の味を再び教え込まれ、こうして三度目となるろな子のリベンジは今回も屈辱的な結果に終わるのだった。

名前: コマンド/メール(省略可):
レスを全部読む 最新レス50 レス1-100 掲示板のトップへ リロード